menu
閉じる
  1. 現時点で最短で最善のアトピー完治の具体的なステップ
  2. 【厳選】アトピー肌で使える保湿ボディクリームランキングTOP3!
  3. 乳児のアトピー性皮膚炎!原因や対策は?
  4. アトピーの肌荒れ対策【完全版】ー顔や体の治し方・改善策
  5. 【保存版】アトピー肌におすすめ!日常的なスキンケアの方法とは?
  6. 乳児の頃から保湿をするとアトピー発症率30%減!おすすめの保湿剤は?
  7. アトピー治療に使われるステロイドとは?副作用があるって本当?
  8. アトピーがかゆくてひどくて眠れない時の対処法
  9. アトピーでまぶたの腫れ・かゆみ&赤みに悩んだら
  10. 顔のアトピーってどんなもの?原因と症状・治し方
閉じる
閉じる
  1. トラブル肌の色素沈着を消す方法まとめ【最新版】
  2. 現時点で最短で最善のアトピー完治の具体的なステップ
  3. アトピーの黒ずみ・色素沈着を消す最新の改善策
  4. 乳児の頃から保湿をするとアトピー発症率30%減!おすすめの保湿剤は?
  5. アトピーでまぶたの腫れ・かゆみ&赤みに悩んだら
  6. 大人の肌にも!ベビーローションのドルチボーレミルキーがおすすめの理由
  7. アトピー肌を上手にカバー・改善のためのメイク方法とは?
  8. 乾燥がひどくなる時期、アトピー肌のスキンケアは何が効果的?
  9. アトピーとニキビが併発!効果的な予防や対処法とは?
  10. 【決定版】アトピー肌に目立つ毛穴の正しいケア方法を知ろう!
閉じる

ハダノコト

咳がなかなか止まらない!アトピーと喘息の関係性とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アトピー性皮膚炎の方は、かゆみや炎症などアトピーの症状だけでも辛いのに、その他さまざまな合併症により苦しい思いをすることがありますよね。
喘息も、アトピーの人が合併しやすい病気のひとつです。なぜ、アトピー性皮膚炎の方は喘息になりやすいのでしょうか?
インターネットにはさまざまな情報があり、現在アトピーや喘息の治療をされている人も、これから病院を受診しようと考えている人も不安にななることが多くあります。
治療方法にも、さまざまな意見や情報があり過ぎて何を信じて良いのか頭を抱えてしまいますよね。

日々の生活の些細なことで症状が出てしまうので、何が原因なのか分からないと対策も取れません。
しかし、正しい知識を持っていれば、周りに惑わされずに症状を改善することができます。
アトピーと喘息の関係性や、症状原因、その治療法など詳しく見ていきましょう。

 

アトピーと喘息の関係性について

アトピーの人が喘息になりやすい理由とは?

まぶたの痒みに悩む女性

アトピー性皮膚炎は乳児期に起こりやすく多くは2〜3年で症状が治まりますが、一部の人はその後、喘息へと移行してしまう場合があります。
その理由は、アトピーの原因である、ハウスダスト・花粉・季節天候の変化など、ほぼ全てが喘息の原因と共通しているためです。
両方ともアレルギー体質が原因で発症するため、アトピーになる人はもともと喘息も発症しやすいのです。

「アトピーの治療や症状が原因で、喘息を発症するのではないか?」と心配される方がよくいますが、アトピーで使う薬や肌の湿疹が原因で喘息になることはありません。
根拠のない情報に左右されず、きちんと医師の診断を受けましょう。

どちらも早期に治療をはじめることで症状の悪化を防げます。

子どもがアトピー性皮膚炎である場合、正しいアトピーの治療を続けることはもちろん、喘息に移行した場合の対処や専門医院を調べておくと安心です。
同じアレルギーが原因で喘息症状が出る場合もあるので、アトピーの原因が何であるかを知っていると対策も立てやすくなります。

また、どこの喘息の専門医院が良いのか迷う場合は、アトピーの治療で通っている医院の先生に相談するのがオススメです。
アトピーから喘息へ移行する人が多いため、喘息治療に優れた医院にも詳しいようです。

 

喘息症状の特徴

喘息には様々な症状があります。呼吸時にヒューヒュー音が鳴ったり、激しく咳き込んだりするのが特徴です。

アレルギーや長引いた風邪など、喘息にはさまざまな原因が考えられます。
しかし、どれも気道が炎症を起こしていることが共通した特徴です。
気道上皮が剥がれ、敏感な気道粘膜がむき出しになると、気道が浮腫んで狭まり息苦しさに繋がるのです。

寒暖差・自律神経の乱れ・気圧の変化・花粉やホコリなどの些細な刺激も外部に排出しようとし、
気道を狭め、痰や分泌物を多く出すので喘息症状が起こりやすくなります。

また、症状が起こる頻度は患者によって異なり、重い人だと毎日発作が起こってしまうので、日常生活が制限されることもあります。
症状の軽い人は自分が喘息だと気づかず、知らぬ間に喘息を悪化させてしまう場合もあります。
風邪でもないのに激しい咳や息苦しさを感じる場合は、一度、専門機関を受診する必要があります。

 

アトピー性咳嗽とは

臭いに悩む女性

アトピー性咳漱とは、アトピー性皮膚炎を患っている人に発症しやすい病気で、乾いた咳が長期間治まらない症状が特徴です。
熱や鼻水などの風邪症状はないのに、乾いた咳が2ヶ月ほど続いた場合は、アトピー性咳漱の疑いがあります。

アトピー性咳漱の原因は、炎症を起こした気道が過敏になることなので、些細な刺激にも激しい咳に悩まされます。
運動やタバコの煙、話をしているときなどに症状が出やすくなります。
アレルギー体質が原因の場合は、一度発症すると、繰り返してアトピー性咳漱になる人が多いと言われています。
温度差の激しい夜間や早朝に症状が起こりやすいため注意が必要です。

長く咳が続くので喘息とも間違えられやすいですが、大きな違いは、痰の絡まない乾いた咳が出ることと、呼吸してもゼイゼイヒューヒュー鳴らないことです。
咳が長引くと、喘息に移行するのではないかと心配する人も多くいますが、アトピー性咳漱から喘息へと移行する可能性はほとんどありません。

アトピー性咳漱の治療方法は、主に「ヒスタミンH1受容体拮抗薬」という抗アレルギー作用や、気管支を拡張する効果のある飲み薬を服用することです。
ただし、飲み薬で完治する人は全体の6割程度で、ステロイド薬の吸入が必要な場合もあります。
咳が長引くほど気道の炎症も悪化し治りが遅くなるので、おかしいと思ったら早めに病院に行きましょう。

 

アトピーと喘息の治療方法

象の皮膚治療のイメージ「医者」

アトピーも喘息も、治療を開始してすぐに完治することはありません。
一度、症状が治まっても、刺激を受けるたびに湿疹や発作を繰り返します。
アトピーと喘息の治療法について共有して言えることは、少しずつアレルギー反応が出る頻度を減らすことです。
最終的には、薬を使わなくても症状が起こらない状態まで改善させるのが治療のゴールです。

アレルギーを持つ人の肌や気道はとても敏感であり、日常生活の些細な刺激でも症状が出てしまう状態です。
症状がひどい場合は、病院での治療を勧めていますが、日常生活において自身で実践できる改善法もあります。

アトピー性皮膚炎も喘息も、刺激に敏感になった身体のアレルギー反応により症状が現れます。
アレルギーの原因はほぼ同じで、外的刺激・乾燥・乱れた食生活・ストレス・遺伝と大きく分けて5つあります。
この一つひとつに適切な対策を取ることが症状の改善に繋がるのです。

それでは、日常生活で対策できることについて、見ていきましょう。

参考記事:現時点で最短で最善のアトピー完治の具体的なステップ

 

外的刺激・アレルゲン対策を行う

花粉

花粉・ハウスダスト・ダニなどのアレルゲンは、アトピーと喘息の原因となりやすいので、対策を行いましょう。
空気清浄機などを使用し、花粉やハウスダストを除去し綺麗な空気を保つようにすると刺激が少ないです。
布団やカーペットなどの布製品はダニやハウスダストの温床になりますので、こまめな洗濯を心がけてください。
意外と気づかないのがカーテンと背の高い家具のホコリなので、掃除を忘れないように気を付けましょう。

 

また、衣類による刺激も原因となることがあります。
ゴワゴワとした毛糸や化学繊維の衣類は肌への刺激が強いので、吸水性に優れ風通しの良い綿100%などの天然素材を選ぶと効果的です。
下着や締め付けの強い衣類の刺激も原因となるので、少しゆとりのある服装を心がけることも大切です。
汗をかいた服はこまめに着替え、常に清潔な衣類を身に着けることで、汗による刺激も避けることができます。

 

たばこの煙もアレルギーの原因になるので、なるべく喫煙スペースを避けましょう。
身近に喫煙者がいる場合は、自宅や本人の近くでの喫煙を遠慮してもらってください。
また、アトピーや喘息のある人が喫煙をすると大変危険です。
特に、喘息の人が喫煙をすると、炎症を起こしている気道に、直接たばこの煙という強い刺激を与えてしまいます。
ひどい発作が起こる可能性が高くなりますので、喫煙は避けましょう。

 

保湿をしっかりと行う

保湿成分で潤う肌

アトピー性皮膚炎の人は乾燥肌なので、朝晩しっかり保湿をすることが大切です。
保湿クリームなどを使って、保湿するようにしましょう。

参考記事:アトピー肌におすすめの保湿クリームランキング

また、乾いた空気は咳を誘発しやすいため、喘息の人にとっても乾燥は大敵です。
加湿器などを上手に利用した乾燥対策がおススメですが、加湿し過ぎることでも喘息症状は起こるので使い方に注意が必要です。
また、紫外線を浴びることで肌がさらに乾燥しアトピー症状が悪化してしまいます。日焼け止めクリームや飲む日焼け止めサプリメントなどで予防しましょう。

参考記事:アトピー肌におすすめの日焼け止めランキング

 

規則正しい食生活で腸内環境を整える

栄養バランスのいい食事

毎日食事を摂る時間がバラバラだったり、インスタントやお菓子類を食べる機会が多いと免疫力が低下し、アレルギー症状を引き起こしやすくなります。
できるだけ和食中心の食生活を心がけましょう。
メロン・グレープフルーツ・バナナ・リンゴ等の果物は身体に良さそうですが、喘息の発作を引き起こしやすい食べ物として有名です。
食べても大丈夫な人もいますが、危険があるものはできるだけ避けたいところです。
アレルギーによって食べられないものがあると、食生活のバランスが崩れやすくなります。
そのため、サプリメントなどで必要な栄養素を補うことも重要です。

参考記事:アトピー改善に必要な栄養素とそのサプリメントまとめ【保存版】

アトピーと喘息についてのまとめ

掻かないポイントを指さす女性

過剰なアレルギー反応により、自らの体まで傷つけてしまうアトピー性皮膚炎と喘息。
原因となるアレルゲンは多く存在し、一つ一つに対策を取ることが大切ですが、最も改善すべきは「アレルギー体質」そのものです。

湿疹や発作の症状が出ていないときでも、アレルギー体質の身体は常に刺激に敏感です。
一度症状が治まったから勝手に治療を中止するのではなく、毎日ケアを続けてください。
治療で何か心配なことがあれば、自己判断ではなく病院に相談するようにしましょう。

大人の場合は、ストレスが原因で、アトピーと喘息を引き起こしている場合があります。
慢性的にストレスを抱えていると、免疫力が低下し自律神経が乱れることで刺激に対してより過敏になります。
なかなか対策を立てにくいですが、薬でアレルギー症状を改善しつつ、相談できる場所やリフレッシュ方法を探してみましょう。

毎日のケアと周りの人の配慮があれば、アトピー性皮膚炎や喘息の人は普通の毎日を過ごすことができます。
あまり深刻に考えすぎず、日々をストレスフリーに生きることが何よりの治療になることでしょう。

関連記事

  1. 妊娠中にアトピー症状が悪化!その原因と対策は?

  2. アトピーと色素

    トラブル肌の色素沈着を消す方法まとめ【最新版】

  3. サプリメント

    【徹底解説】アトピー性皮膚炎に効果がある治療薬とは?

  4. アトピーと象の肌

    アトピーで象の皮膚のようになってしまったら<完治へ向かう方法>

  5. まぶたの痒みに悩む女性

    脂漏性皮膚炎とは?アトピーと併発しやすい理由、症状の違いと治療法…

  6. 耳キレ

    赤ちゃん(乳児)・大人のアトピーによる耳切れ/湿疹/ただれ

おすすめ記事

  1. トラブル肌の色素沈着を消す方法まとめ【最新版】
  2. 現時点で最短で最善のアトピー完治の具体的なステップ
  3. 乳児の頃から保湿をするとアトピー発症率30%減!おすすめの保湿剤は?
  4. アトピーでまぶたの腫れ・かゆみ&赤みに悩んだら
  5. 【保存版】アトピー肌におすすめ!日常的なスキンケアの方法とは?

専門家も認めたNo.1対策

ページ上部へ戻る