menu
閉じる
  1. アトピーと食事の関係-食べていいもの悪いもの
  2. 【厳選】アトピー肌で使える保湿ボディクリームランキングTOP3!
  3. 顔のアトピーってどんなもの?原因と症状・治し方
  4. 乳児の頃から保湿をするとアトピー発症率30%減!おすすめの保湿剤は?
  5. アトピー治療に使われるステロイドとは?副作用があるって本当?
  6. アトピーがかゆくてひどくて眠れない時の対処法
  7. アトピー改善に必要な栄養素とそのサプリメントまとめ【保存版】
  8. 現時点で最短で最善のアトピー完治の具体的なステップ
  9. 乳児のアトピー性皮膚炎!原因や対策は?
  10. アトピーの肌荒れ対策【完全版】ー顔や体の治し方・改善策
閉じる
閉じる
  1. トラブル肌の色素沈着を消す方法まとめ【最新版】
  2. 現時点で最短で最善のアトピー完治の具体的なステップ
  3. アトピーの黒ずみ・色素沈着を消す最新の改善策
  4. 乳児の頃から保湿をするとアトピー発症率30%減!おすすめの保湿剤は?
  5. アトピーでまぶたの腫れ・かゆみ&赤みに悩んだら
  6. 大人の肌にも!ベビーローションのドルチボーレミルキーがおすすめの理由
  7. アトピー肌を上手にカバー・改善のためのメイク方法とは?
  8. 乾燥がひどくなる時期、アトピー肌のスキンケアは何が効果的?
  9. アトピーとニキビが併発!効果的な予防や対処法とは?
  10. 【決定版】アトピー肌に目立つ毛穴の正しいケア方法を知ろう!
閉じる

ハダノコト

アトピー改善に欠かせない”水”のお話

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アトピーと水

普段なにげなく飲んだりシャワーで浴びている水道水は安全でしょうか。
水道水に含まれている塩素は、アトピーを悪化させる原因なのです。

簡単なやり方で塩素を生活から遠ざけるやり方をご紹介します。
また、生命活動に欠かせない水の補給をひと工夫するだけで効果的にアトピーを改善する方法も載せています。

塩素に注意

アトピー肌の方は、水道水に含まれている塩素にも気をつけなければいけません。
アトピーは「現代病」とも呼ばれており、アトピーに悩まされている方は日本にたくさんいらっしゃいます。

アトピーの原因とも言われ、アトピーに直接悪い影響を与えるものとして、「ほこり」や「ダニ」などが知られていますが、「水道水に含まれている塩素」もアトピーには良くないと言われています。
では、どうしてアトピーの方は水道水に含まれている塩素に気を付けなければならないのでしょうか。

塩素が身体に及ぼす悪影響

塩素の悪影響に驚く女性

水道水には「たんぱく質を破壊することにより、水の中の病原菌を死滅させる」という目的で塩素が入れられています。

ところが、この塩素の持つ「たんぱく質を破壊する」という働きは病原菌だけにではなく私たちの身体に対しても作用してしまいます。

つまり、塩素を含んだ水道水を飲んだり、手で触れたりするだけでも、たんぱく質が破壊されてしまうことがあるのです。

例えば、塩素を含む水を飲むと、その水に触れる食道や胃、腸などの粘膜が壊されたり体内に必要とされる乳酸菌などを塩素が死滅させてしまうこともあります。
粘膜が破壊されたり乳酸菌などが減少すると、バリア機能や抵抗力が低下し有害物質が体内に入り込みやすくなります。

有害物質が体内に入り込むと、それを追い出すために免疫細胞が活発化し、同時に「ヒスタミン」という炎症物質が放出されます。

このヒスタミンにより、アトピーの症状が悪化してしまうのです。

アトピーの原因は水道水に含まれる塩素?

水道水

アトピーの患者数は、全国の水道水に塩素が入れられるようになった1960年代の後半頃から増え始めました。

このことから、水道水に含まれる塩素がアトピーの原因ではないかと考える方が多くいます。
アトピーの原因が、水道水に含まれる塩素だけというわけではありませんが、実際に水道水に含まれている塩素を除去することでアトピーの症状がよくなったという事例が多いので、アトピーの患者に「塩素を除去する治療法」を提案する医師もいます。

しかし、アトピーの原因が「ストレス」や「睡眠不足」の場合もあるので、塩素を除去したからといって確実にアトピーの症状がよくなるというわけではありません。

塩素を生活から遠ざける方法

水道水を飲むと、その水道水に含まれる塩素もいっしょに体の中に入り込むことになってしまいますから、まず飲み水を、塩素が含まれていないものに変えなくてはなりません。

「天然水」や「ミネラルウォーター」などは本来、塩素は含まれていませんが、市販されているものの中には塩素が含まれているものがあるかもしれないので成分表示をしっかり確認してください。

また、これらの水は人によっては体に合わなくて体調が悪くなったりする場合もあるので、初めて飲むときは少しずつ様子をみながら飲むようにしましょう。

シャワー

シャワーで使う水から塩素を除去するには、市販されている塩素を除去することができるタイプのシャワーヘッドを取り付けるのがよいでしょう。

キッチンで使う水については、蛇口に取り付けるタイプの簡単な浄水器や、様々なタイプの整水器や浄水器を取り付けてみるのもよいでしょう。

また、湯船の中の水に対しては、「ビタミンC」や「緑茶」、「炭」などを入れると、塩素を除去することができるとされていますが、塩素を除去するシャワーヘッドを取り付けたシャワーから湯船に水を入れるという方法ができれば便利でしょう。

おすすめ商品:入浴の際のアトピー肌のお供「みんなの肌潤風呂」

酸性水

医療機関によっては、アトピーの肌の治療に、酸性水をすすめているところがあります。
これは、ステロイド剤を使わない治療法の代表的なもので、酸によって細菌を殺すという効果があります。

アトピーがひどく、細菌に感染してじゅくじゅくとしているような部分につけることで、細菌を殺してしまうというわけです。

しかし、酸性水は、文字通り「酸性の水」ですから、酸によって皮膚に刺激を与えてしまいます。
そのことを知らないで使い続けていると、皮膚への刺激により、ゾウやサイの皮膚のように分厚く堅い肌になってしまいます。

高価ではないので、手軽に手に入るのですが、使用する際には、十分気をつけてください。
「強酸性水」や、「超酸性水」と呼ばれているものもありますが、どれも酸性水であることには変わりありません。

イソジン

消毒

酸性水のように、細菌を殺す効果のある、「イソジン」という消毒液があります。
これは、細菌やウイルスを1分間で殺してしまうほどのすぐれた消毒液ですから、細菌に感染してじゅくじゅくとしているような部分につけることで、酸性水よりもずっと強力に細菌を殺してしまいます。

しかし、肌につけるわけですから、細菌そのものにだけでなく、当然、皮膚にも付着します。
つまり、細菌をすぐに殺してしまうほどの強い刺激を、皮膚にも与えてしまうということになります。

ですから、イソジンをアトピーの治療に使用する際には、じゅくじゅくとした部分にさっと塗り、すぐに洗い流してください。

あちこちに塗りすぎたり、きちんと洗い流さなかったりすると、アトピー肌に刺激を与えてしまうことになり、かえってよくないばかりか、刺激性の皮膚炎をおこしてしまいます。

また、イソジンにはヨードが含まれているので、大量に使用すると、甲状腺機能障害をおこしてしまうこともありますから、「とびひ」などの細菌に感染した部分にしか使わないようにしてください。

水素水

水素水に喜ぶ女性

最近、注目されてきた「水素水」は、水素を溶け込ませた水のことで、私たちの身体に対して、あらゆる効果があるといわれています。
さまざまな民間療法があり、あまり根拠のないものが多いアトピーに対しても、水素水は効果があるのでしょうか。

活性酸素が引き起こす悪循環

そもそもアトピーは、体内の免疫機能が、アレルギーの元となるアレルゲンに過剰に反応することによって、炎症などが起こるアレルギー症状です。

皮膚に炎症が起こると、体内に入り込んだ有害物質や細菌などを攻撃するため、活性酸素が発生しますが、アトピーの場合は、この活性酸素が大量に発生するため、有害物質や細菌ではないものまで攻撃してしまいます。

そして、その攻撃により、さらに炎症が起こり、活性酸素がますます増える・・・という悪循環に陥ってしまうのです。

この悪循環を断ち切り、過剰な免疫反応や炎症反応を抑えるためには、大量に発生した活性酸素をとりのぞかなければなりません。

水素の役割

活性酸素を浄化した水

水素の分子は非常に小さく、血液やリンパ液などの体液中はもちろん、細胞の内部、ミトコンドリアや核の内部にまで入り込むことができます。

体内のさまざまなところに入り込んだ水素は、活性酸素と結合し、人体にとって害のない水となって体の外に排出されます。

このように、アトピーに対する水素の役割は、直接、症状を改善するというものではありませんが、体質を変えるといったことに近い、もっと根本的な治療になります。

参考記事:水素水がアトピーに効果がある理由とおすすめ水素水

他の治療法との比較

アトピーの治療として代表的なものは、ステロイド剤や消炎鎮痛剤などの薬を使う方法です。
しかし、これらの薬は、かゆみを抑えるなどの効果が高く、その点では即効性がありますが、副作用もあるので、長期間の使用や、大量に使用することは控えなければなりません。

それに対し、水素による治療では、炎症の元凶となる活性酸素を除去した水素は、害のない単なる「水」になるので、基本的に副作用はありません。

また、最近の研究では、軽い炎症が肌の老化だけではなく、脳梗塞などの重い病気を引き起こすとも言われており、注目されています。

水素水による治療の注意点

水素水の注意点

水素水による治療は、体内に取り込んだ水素が活性酸素をしっかり除去してくれなければ、効果は見込めません。
水に溶かし込んだ水素を飲むわけですから、当然、水素の濃度が高い水素水のほうが、効率よく体内に取り込むことができます。

多くのメーカーから、様々な水素水が発売されていますが、水素の濃度が低いものもありますから、しっかり調べてから購入しましょう。

また、水素の分子は非常に小さいため、ペットボトルや厚さの薄い容器などでは、水素は抜け出してしまいます。
水素水による治療を開始する前に、正しい保存方法や水素水の選び方、摂取方法などを理解しておきましょう。

また、水素水による治療を行う際には、今まで使用していた薬を自己判断で中止したりせず、医師にしっかり相談しながら進めていきましょう。
アトピーの治療においては、生活習慣や食生活も非常に重要です。環境も含め、総合的な治療をしていきましょう。

参考記事:アトピー肌の方に支持されている水素水の紹介

安心安全なウォーターサーバーランキング

rank1_a
天然水ウォーターサーバー【クリクラミオ】

point1
ミネラル「バナジウム」がたっぷりで飲みなれた天然水!
line2
日本人が飲みなれた、富士山の天然水のウォーターサーバーです。
軟水なので飲みやすく、そのままはもちろん、料理にも赤ちゃんミルクにも安心!

point2
業界最安値圏の価格設定で、自由度の高い配送が嬉しい。
line2
サーバーレンタル料や送料などはもちろん無料でご提供。配送スケジュールを自由に選択出来るから、一人暮らしでも安心。
またボトルは使い捨てタイプだから安いけど、衛生面も安心なんです。


button_002

rank2_a
フレシャス

point1
富士山標高1,000mで採水しました!
line2
バナジウム入りのナチュラルミネラルウォーターが嬉しい低価格で手にはいります。
おいしく飲んでも、快適に料理に使ってもOKだから嬉しいですね。
今だけウォーターサーバーレンタル無料です♪

point2
こだわりのデザイン♪
line2
グッドデザイン賞受賞!スリムなデザインと好みのカラーが選べておしゃれ。
業界最軽量だからお水の交換も楽々で、女性や高齢者の方は安心ですね♪
使用後は小さくたたんでゴミ箱にポイ!衛生面も安全安心。


button_002

rank3_a
コスモウォーター

point1
選べる3つの天然水で毎日美味しい!
line2

お水の美味しさにこだわったから、鮮度を維持したお水が毎日手軽に飲めます。
3種類の天然水から選べるからお得♪バナジウム含有天然水や有機ゲルマニウム含有の天然水もありますよ♪

point2
選べるウォーターサーバー!
line2

水と同様用途やライフスタイルに合わせて、ウォーターサーバーが3種類からえらべます。
更にカラーも選べるから、ご自身のおうちやオフィスの雰囲気に合わせることが可能です♪
足元でボトル交換ができるタイプから卓上設置タイプなど様々です。


button_002



ネイフィールウォーター
point1
4種類の天然水から自由に選べる!
line2
各種お水は特徴があり、血糖値を下げるものからゲルマニウム入りや赤ちゃんのミルク作りにぴったりのお水など様々。これは嬉しいですね!

point2
料金はお水代のみだから安心♪
line2
ウォーターサーバーレンタル代やメンテナンス代などは全て無料。かかるのは、お水の料金だけだから毎月安心ですよね♪
今ならお水が2本無料でプレゼント♪


button_002

 

参考リンク

この記事の編集チーム→詳しくはこちら

公益社団法人日本皮膚科学会
日本美容皮膚科学会
日本形成外科学会
日本レーザー医学会
日本レーザー治療学会
日本抗加齢医学会
日本臨床皮膚科医会
日本東洋医学会
日本医師会

関連記事

  1. アトピーにアロマは効果あり?おすすめの精油5選と使い方のポイント…

  2. 酵素とアトピー

    アトピーは酵素で良くなる!効果大のおすすめ法

  3. アトピーと乳酸菌

    なぜ乳酸菌がアトピー改善に一役買うのか?

  4. プラセンタ成分はアトピー肌の保湿に効果的なのか

  5. 温泉に浸かってアトピー体質を改善!効果的な成分とは?

  6. アトピーにはホホバオイルが有効?保湿効果やメリットがたくさん!

おすすめ記事

  1. トラブル肌の色素沈着を消す方法まとめ【最新版】
  2. 現時点で最短で最善のアトピー完治の具体的なステップ
  3. 乳児の頃から保湿をするとアトピー発症率30%減!おすすめの保湿剤は?
  4. アトピーでまぶたの腫れ・かゆみ&赤みに悩んだら
  5. 【保存版】アトピー肌におすすめ!日常的なスキンケアの方法とは?

専門家も認めたNo.1対策

ページ上部へ戻る