menu
閉じる
  1. 【保存版】アトピー肌におすすめ!日常的なスキンケアの方法とは?
  2. アトピーがかゆくてひどくて眠れない時の対処法
  3. アトピー肌の美容液選びの際に注意すること3点
  4. 現時点で最短で最善のアトピー完治の具体的なステップ
  5. トラブル肌の色素沈着を消す方法まとめ【最新版】
  6. アトピーの肌荒れ対策【完全版】ー顔や体の治し方・改善策
  7. 首アトピーのかゆみや色素沈着・しわの原因と対策
  8. 顔のアトピーってどんなもの?原因と症状・治し方
  9. アトピーと食事の関係-食べていいもの悪いもの
  10. 乳児の頃から保湿をするとアトピー発症率30%減!おすすめの保湿剤は?
閉じる
閉じる
  1. トラブル肌の色素沈着を消す方法まとめ【最新版】
  2. 現時点で最短で最善のアトピー完治の具体的なステップ
  3. アトピーの黒ずみ・色素沈着を消す最新の改善策
  4. 乳児の頃から保湿をするとアトピー発症率30%減!おすすめの保湿剤は?
  5. アトピーでまぶたの腫れ・かゆみ&赤みに悩んだら
  6. 大人の肌にも!ベビーローションのドルチボーレミルキーがおすすめの理由
  7. アトピー肌を上手にカバー・改善のためのメイク方法とは?
  8. 乾燥がひどくなる時期、アトピー肌のスキンケアは何が効果的?
  9. アトピーとニキビが併発!効果的な予防や対処法とは?
  10. 【決定版】アトピー肌に目立つ毛穴の正しいケア方法を知ろう!
閉じる

ハダノコト

アトピーで脇がかゆい・臭い・黒ずみの対策として有効なのは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アトピーとワキ

デリケートゾーンである脇のアトピー症状は痒いし痛いしあなたもいい思い出はないはずです。
しかも、アトピー皮膚炎のせいでワキに黒ずみができて診療してもらうのも躊躇します。
しかし、放っておくと皮膚湿疹や乾燥状態により悪化して病院に駆け込むことになりかねません。
そこでここでは、脇がかゆい・臭い・黒ずみが気になる悩みを解決する洗浄方法についてお話します。
原因を改善出来て刺激が少なく、かつ保湿も出来る方法ですので安心です。

辛い脇の下のアトピー性皮膚炎

元々子どもの時からアトピー性皮膚炎を抱えている人にとって、体がかゆくなることは日常茶飯事であり決して珍しい事ではありません。
しかしかゆみの程度やかゆみが起きる部分というのは人によって様々です。
また子どもの頃にはかゆみが起こらなかった部分でも、大人になったらかゆみが出るようになった、ということもあるようです。
特に脇の下のかゆみは、子どもの頃はなかったのに大人になってから急に起こるようになったという人も少なくないようです。

脇の下のアトピーはいつもムズムズとしたかゆみに悩まされ、つい我慢できずに掻いてしまうと角質が剥がれてフケのようなポロポロした皮膚になってしまう・・・という本当につらいものです。
また脇の下は大人になれば毛も生えてくるためムダ毛の処理が欠かせません。
脇の処理に使うカミソリ
そのため脇の下にアトピーの症状が出て皮膚がボロボロになっていても、カミソリなど手軽な道具を使ってムダ毛を処理しているひとはたくさんいます。
しかしアトピーで荒れてしまった脇にカミソリで刺激を与えることで、より一層脇の下の皮膚はダメージを受けて乾燥しやすい肌になってしまいます。

こうなってしまうとかゆみの辛さ以上に、汚くなってしまった脇を人に見られるのが恥ずかしく、大きなコンプレックスを抱えてしまうことにつながります。
このコンプレックスゆえに、手足や顔のアトピーならすぐに皮膚科を受診できても脇を診てもらうのは恥ずかしくなかなか受診できません。
かといって誰かに相談することもできず、脇の下のアトピー性皮膚炎に悩んでいる人は悶々と一人解決策を探しているということが少なくありません。

脇のかゆみ、原因は洗いすぎ

お風呂道具

かゆみを伴う炎症は、頭や顔、手足など私たちの体の様々な部分でよく起こる症状です。
かゆみはアトピー性皮膚炎や化粧かぶれなどの接触性皮膚炎などいろいろなことが原因となって起こりますが、時には我慢できないほどの激しいかゆみや痛みを伴うこともある非常に不快なものです。
中でも脇に起こるかゆみは「清潔にしていないから起こるのだ」と思い込んでしまうことが多く、懸命に石鹸で脇を洗っているけれどなかなか良くならない・・・ということもよくあります。
しかし脇のかゆみというのは実は洗いすぎることが原因で起こることもあります。

タモリ式

タモリさんが実践しているという「タモリ式入浴法」というものが最近注目を浴びています。
これは、入浴時に石鹸やボディーシャンプーを使わないという入浴方法のことです。
「石鹸を使わないと汚れが落ちないのでは?」と思う人もいるかもしれませんが、タモリさんによると「湯船にしっかり浸り皮膚をふやかせば、あとは体を撫でるだけで体についている汚れは十分落とすことができる」そうです。
むしろ必要以上に角質や油分を落としすぎないため、潤いを守り皮膚の健康を保つ上で非常に効果的な方法だとされています。

とはいえ特に夏場など汗をたくさんかく時期に石鹸を使わないでいると、やはり臭いが気になるという人も少なくないと思います。
特に脇の下は汗が多く蒸れやすい部分であるため、いくら石鹸を使わないことが肌に良いとはいえ臭いが強くなってしまっては意味がありません。
そのような場合には皮膚科で推奨されているようなドクターズコスメや赤ちゃん用の石鹸など、極力肌に負担が少ない石鹸やボディシャンプーを探してみるとよいでしょう。
低刺激の石鹸やボディシャンプーは、洗いすぎず肌に必要な成分は残してくれる優秀なものが多いですから、その中で自分に合ったものを見つけられるのではないでしょうか。

脇のかゆみに効果のある石鹸「もずの魔法石鹸」

石鹸のイメージ

脇のかゆみに悩んでいる人に人気があるのが「もずの魔法石鹸」という商品です。
この石鹸はひどい乾燥肌やアトピー性皮膚炎で悩んでいる方からも高く支持されている人気商品で、天然由来の成分でできているため大人だけでなくアトピーに悩む子どもにも安心して使うことができます。
使用した方からは
「毎晩無意識のうちに体を掻きむしっていたのに、もずの魔法石鹸を使うようになってから脇を掻きむしることがなくなりよく眠れるようになった」
「冬になると乾燥して服の摩擦がつらかったが、もずの魔法石鹸を使うようになってから脇が楽になった」
などの口コミも多く寄せられています。
価格が手ごろであるため「ちょっと試してみよう」という軽い気持ちで始められることも人気のある理由の一つと言えます。

保湿成分で潤う肌

また「フコダイン」という高保湿成分が配合されており、洗って汚れを落としながらも同時に保湿ができることも大きな魅力の一つです。
フコダインはワカメやモズクなどの海藻類に多く含まれるヌルヌル成分のことで、水分を蒸発しにくくする効果があります。
私たち人間の肌とも相性がよく、最高の保湿成分と言われています。
最近では高級化粧品にも配合されていることも少なくなく、まさに注目されている美容成分なのです。
さらにフコダインには「アニオン」と呼ばれるマイナス電子も含まれており、この電子が潤いは残しつつ肌の汚れを磁石のように吸いつけてくれるため肌を擦らなくても汚れをしっかりと落とすことができます。

このように「もずの魔法石鹸」は、脇への負担を極力少なくしながらもよごれはしっかりと落とし、さらには保湿もしてくれるという優れた商品だということが分かります。
「フコダイン」が含まれているものには同じような効果が期待できますから、フコダインが含まれているかどうかを重視しながら自分に合った商品を探してみると良いかもしれません。

界面活性剤を含まない

石鹸に含まれる界面活性剤という成分は、脂分を瞬時に落とすことができるほどの強い洗浄力を持った成分のことであり、私たちが普段使っている石鹸やボディーシャンプーなど多くのものに含まれています。
界面活性剤は汚れをあっという間に落とすことができる優れた性質を持つ反面、体にとって必要な脂分まで取り除いてしまうことも少なくありません。
特にアトピー性皮膚炎の人は肌が乾燥することでかゆみや炎症が悪化してしまいますから、界面活性剤を含んだ石鹸はボディーシャンプーは特にお勧めできません。
その他合成保存料(パラベン)もアトピー性皮膚炎を悪化させる原因と言われているため、アトピー性皮膚炎の人はパラベンフリーで無着色・無香料の石鹸を使うことが症状改善への第一歩となります。

「もずの魔法石鹸」は洗いすぎの原因とされる石油系の界面活性剤や保存料などを一切使っていない石鹸です。
洗った後もツッパリ感が全くなく逆に潤っているように感じる、というのが使用した人の感想として多く挙げられています。
洗った後も潤う人
濡れた肌にクリームを馴染ませた感じを思い出してみてください。
もずの魔法石鹸を使って洗うと、汚れはちゃんと落ちているのにそのような潤いが保たれているのです。
肌の状態が良くなることで、脇を初めとする全身の皮膚も乾燥がなくなりかゆみも治まってくるようです。
人によって効果の出方には違いがあるものの、1か月も使用すれば皮膚の変化を実感できたという人は多いようです。
もちろんどんな人にも合う万能の石鹸ではありませんが、アトピーの症状で脇のかゆみや黒ずみに悩んでいる人の場合症状の改善もかなり期待できるため、まずは一度試してみることをオススメします。

関連記事

  1. 背中のアトピー

    背中アトピーの原因とかゆみ対策ポイント

  2. アトピーと食事

    アトピーと食事の関係-食べていいもの悪いもの

  3. ふくらはぎのアトピー

    ふくらはぎのアトピーを克服し健康を手に入れる秘策

  4. 首のアトピー

    首アトピーのかゆみや色素沈着・しわの原因と対策

  5. アトピーで陰部がかゆい場合の対処法

  6. 乾燥がひどくなる時期、アトピー肌のスキンケアは何が効果的?

おすすめ記事

  1. トラブル肌の色素沈着を消す方法まとめ【最新版】
  2. 現時点で最短で最善のアトピー完治の具体的なステップ
  3. 乳児の頃から保湿をするとアトピー発症率30%減!おすすめの保湿剤は?
  4. アトピーでまぶたの腫れ・かゆみ&赤みに悩んだら
  5. 【保存版】アトピー肌におすすめ!日常的なスキンケアの方法とは?

専門家も認めたNo.1対策

ページ上部へ戻る