menu
閉じる
  1. 【保存版】アトピー肌におすすめ!日常的なスキンケアの方法とは?
  2. 乳児の頃から保湿をするとアトピー発症率30%減!おすすめの保湿剤は?
  3. アトピーの肌荒れ対策【完全版】ー顔や体の治し方・改善策
  4. アトピーがかゆくてひどくて眠れない時の対処法
  5. アトピーと食事の関係-食べていいもの悪いもの
  6. アトピーで陰部がかゆい場合の対処法
  7. 顔のアトピーってどんなもの?原因と症状・治し方
  8. アトピーで脇がかゆい・臭い・黒ずみの対策として有効なのは?
  9. トラブル肌の色素沈着を消す方法まとめ【最新版】
  10. アトピー治療に使われるステロイドとは?副作用があるって本当?
閉じる
閉じる
  1. トラブル肌の色素沈着を消す方法まとめ【最新版】
  2. 現時点で最短で最善のアトピー完治の具体的なステップ
  3. アトピーの黒ずみ・色素沈着を消す最新の改善策
  4. 乳児の頃から保湿をするとアトピー発症率30%減!おすすめの保湿剤は?
  5. アトピーでまぶたの腫れ・かゆみ&赤みに悩んだら
  6. 大人の肌にも!ベビーローションのドルチボーレミルキーがおすすめの理由
  7. アトピー肌を上手にカバー・改善のためのメイク方法とは?
  8. 乾燥がひどくなる時期、アトピー肌のスキンケアは何が効果的?
  9. アトピーとニキビが併発!効果的な予防や対処法とは?
  10. 【決定版】アトピー肌に目立つ毛穴の正しいケア方法を知ろう!
閉じる

ハダノコト

アトピーの黄色・白い膿が出てきた時

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アトピーの膿

皮膚が痒くて掻いたときに出る黄色・白い汁の正体がこのページで判明します。
「掻いちゃったけどヤバイ・・・膿なんじゃないのコレ」
と一度は思ったことがあるでしょうが、この汁は膿ではなく滲出なのです。
アトピー性皮膚炎の炎症により乾燥すると痒くて掻いてしまいますが、症状が悪化して湿疹になる場合もあります。
ステロイドを止めた後なんかは地獄のような苦しみですよね。
掻かないのがベストですが、滲出液は膿とは違い傷口を守ろうとして出てきた汁ですので悪影響はありません。
そんな浸出液と膿の違いを探るとともに、2015年4月に日経新聞にも取り上げられた黄色ブドウ球菌と黄色い膿の関係性についても言及しています。

アトピー性皮膚炎の滲出液(浸出液)

アトピーの皮膚

アトピー性皮膚炎の炎症が悪化している部位や搔き壊した傷のところなどから、ジュクジュクと黄色っぽい膿のような汁が染み出てくることがあります。
ちまたでは、体内からの毒素を出しているから膿のようなものを止めようとせずに出し切るべきだという説も流れているようですが、これは毒素でも膿でもなく血管から染み出てきた血漿という血液成分なのです。
炎症が起きている部位では毛細血管が拡張し、血管壁から血液成分が漏れやすい状態になります。
通常では血管外には出てこない、グロブリンやアルブミン、フィブリノーゲンのようなタンパク質のような血液成分が染み出てきてしまうのです。

この膿のような滲出液は、弱いながらも抗菌作用があるので傷の化膿を防ぐ働きをします。
しかし、皮膚の炎症を抑える力は無いので、アトピー性皮膚炎自体を治す作用はないのです。
人の自己治癒力によって炎症は自然に治まり、やがて滲出液は止まるのですが、アトピー性皮膚炎の場合は長引きぶり返すことも多いのです。
膿のような滲出液をそのまま放置していると、ガビガビに固まったり、洋服に付いてしまったり、不潔な状態にもなったりととてもやっかいです。
放置すべきものではなく、早めに対処することをおすすめします。

滲出液の処置

アトピー治療で包帯を巻いた腕

膿のような滲出液の処置には、一般的に亜鉛華軟膏を使います。
亜鉛華軟膏とは、酸化亜鉛が含有された白い練り物のような軟膏です。
酸化亜鉛はアトピーで傷ついた肌の炎症を緩和する働きをして治療します。
また、滲出液を吸い取って乾かしてくれる効果もあるため、膿のように湿っている肌を改善してくれます。
刺激は弱く、副作用もほとんどないため長期間にわたって使用できる安全な軟膏です。

亜鉛華軟膏のイメージ

亜鉛華軟膏を塗る前にまず、症状に応じたステロイド外用剤を塗ります。
その上に、亜鉛華軟膏を重ね塗りしますが、その際に亜鉛華軟膏をリント布などにヘラで塗っておき、それを貼付けると使い勝手がよくなります。
最後に、リント布の上から包帯などで覆っておきます。
ここで注意しておきたいのが、リント布などで炎症部位を覆ってしまうとステロイドの吸収がよくなってしまうことです。
薬の効果が高まるのはいいことですが、副作用も出やすくなるので、きちんと皮膚科を受診しながら治療していくことが大切です。
だいたい1週間から10日で滲出液は治まるでしょう。
治まれば、亜鉛華軟膏での治療は速やかに終わりにします。
亜鉛華軟膏中の酸化亜鉛は皮膚を乾燥させる効果があるので、不必要な乾燥は避けるためです。
これで膿のような浸出液を解消することができます。

黄色ブドウ球菌と浸出液の関係は?

英字新聞
2015年4月22日の日本経済新聞の記事に、アトピーの原因は黄色ブドウ球菌なのではないか?という論とマウスを使った実証実験の報告がされて話題になりました。
本文は以下の通りです。

米国立衛生研究所(NIH)の永尾圭介主任研究員は慶応義塾大と共同で、アトピー性皮膚炎の症状は皮膚で一部の細菌が増えて、細菌の種類が偏ると起きることをマウスの実験で突き止めた。研究グループは発症のメカニズム解明や治療法の開発に役立つとしている。

成果は米科学誌イミュニティー(電子版)に22日、掲載される。

研究グループは遺伝子操作によってアトピー性皮膚炎を発症するマウスをつくり、実験に使った。

炎症を起こした皮膚には、「黄色ブドウ球菌」と「C・bovis」という2種類の細菌だけが目立った。健康な皮膚には、様々な種類の細菌がいる。特定の菌に偏ることによって、アトピー性皮膚炎を発症している可能性があるという。

2種類の細菌に効く抗生物質を投与すると、皮膚に炎症が起きないことも分かった。

アトピー性皮膚炎の患者の皮膚には、黄色ブドウ球菌が多く見つかることが以前から知られていた。ただ、動物実験などを通じた検証が十分に進んでいなかった。

http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG21H9P_R20C15A4CR8000/より引用

今までアトピーの原因は解明されておらず、遺伝が主な理由ではないかと言われてきただけでした。
しかし、この実験で黄色ブドウ球菌という存在が浮かび上がってきました。
「黄色ってついているくらいだから、痒くて掻いたときに出てくる膿みたいな汁と関係あるのかな・・・」
と思うかもしれませんが、黄色ブドウ球菌と黄色い浸出液はイコールではありません。

黄色ブドウ球菌って何?

疑問に思う女性

そもそも黄色ブドウ球菌とは、顕微鏡で覗くとブドウの房状になっているブドウ球菌の一種で、人の体(主に皮膚の表面、鼻腔といった毛孔内)にいる常在菌です。
健康な人もアトピーの人も体に黄色ブドウ球菌をくっつけています。
黄色ブドウ球菌が毛孔や傷口から体の内部に侵入すると、皮膚感染症や肺炎、食中毒になる可能性があり最悪死に至る場合もあります。
と言うと恐ろしい菌だと思うでしょうが、健康な人である限り病気になるリスクは限りなく0に近いでしょう。
健康体であれば皮膚上で黄色ブドウ球菌が過剰に増殖することはないのです。

しかし、最新の研究だとアトピーの人だと話が違ってきます。
アトピー性皮膚炎により皮膚上の細菌が少なくなった後、皮膚上の細菌のうち半分以上が黄色ブドウ球菌に占領されていたというのです。
そしてマウスの実験で分かったことは、アトピーを発症するマウスに治療を施さなかった場合、黄色ブドウ球菌が増殖しひどい炎症を起こしたということです。
つまり、アトピーの人の免疫力の弱さと黄色ブドウ球菌による炎症は繋がっていると考えられるのです。

関係ないのバツ
このようにアトピーと黄色ブドウ球菌は深い関係がありそうですが、肌を掻いたときに出てくる黄色い膿みたいな浸出液とは直接の関係はありません。
ですので、例えば「膿のような黄色い浸出液が皮膚を掻いたことで広がってしまったら大変なの・・・?」
といった心配はいりません。
ただ、あくまで例え話ですので痒くても掻かないようにしてくださいね!

関連記事

  1. 【決定版】アトピー肌に目立つ毛穴の正しいケア方法を知ろう!

  2. 咳がなかなか止まらない!アトピーと喘息の関係性とは?

  3. アトピーと色素

    トラブル肌の色素沈着を消す方法まとめ【最新版】

  4. 大人の肌にも!ベビーローションのドルチボーレミルキーがおすすめの…

  5. アトピーの膿

    アトピーによる乾燥肌を治すおすすめ方法【保存版】

  6. 現時点で最短で最善のアトピー完治の具体的なステップ

おすすめ記事

  1. トラブル肌の色素沈着を消す方法まとめ【最新版】
  2. 現時点で最短で最善のアトピー完治の具体的なステップ
  3. 乳児の頃から保湿をするとアトピー発症率30%減!おすすめの保湿剤は?
  4. アトピーでまぶたの腫れ・かゆみ&赤みに悩んだら
  5. 【保存版】アトピー肌におすすめ!日常的なスキンケアの方法とは?

専門家も認めたNo.1対策

ページ上部へ戻る