menu
閉じる
  1. 乳児のアトピー性皮膚炎!原因や対策は?
  2. アトピーの肌荒れ対策【完全版】ー顔や体の治し方・改善策
  3. トラブル肌の色素沈着を消す方法まとめ【最新版】
  4. 首アトピーのかゆみや色素沈着・しわの原因と対策
  5. 乳児の頃から保湿をするとアトピー発症率30%減!おすすめの保湿剤は?
  6. アトピー改善に必要な栄養素とそのサプリメントまとめ【保存版】
  7. アトピーと食事の関係-食べていいもの悪いもの
  8. アトピー肌の美容液選びの際に注意すること3点
  9. 【保存版】アトピー肌におすすめ!日常的なスキンケアの方法とは?
  10. 顔のアトピーってどんなもの?原因と症状・治し方
閉じる
閉じる
  1. トラブル肌の色素沈着を消す方法まとめ【最新版】
  2. 現時点で最短で最善のアトピー完治の具体的なステップ
  3. アトピーの黒ずみ・色素沈着を消す最新の改善策
  4. 乳児の頃から保湿をするとアトピー発症率30%減!おすすめの保湿剤は?
  5. アトピーでまぶたの腫れ・かゆみ&赤みに悩んだら
  6. 大人の肌にも!ベビーローションのドルチボーレミルキーがおすすめの理由
  7. アトピー肌を上手にカバー・改善のためのメイク方法とは?
  8. 乾燥がひどくなる時期、アトピー肌のスキンケアは何が効果的?
  9. アトピーとニキビが併発!効果的な予防や対処法とは?
  10. 【決定版】アトピー肌に目立つ毛穴の正しいケア方法を知ろう!
閉じる

ハダノコト

アトピーで頭皮がかゆい・フケが気になる方へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
頭皮とアトピー

アトピー性皮膚炎が原因で頭皮がかゆい・フケが気になってしまう声はよく聞きます。
もしかしてシャンプーの成分によって頭皮が炎症を起こしているかもしれません。
すぐに対策やケアをしないと、湿疹になったり脂漏性皮膚炎という病気になったりします。
そこで、ここでは頭皮がかゆい・フケが気になる人のシャンプー選びと症状の改善策をご提案します。

頭皮のアトピーの症状と対策

頭皮にもアトピー症状が現れることがあります。
頭皮にアトピーが出来るとフケのように皮膚がむけたり、毛が抜けたりすることがありますので、とても厄介な場所です。
頭皮にアトピーが出来やすいのはさまざまなきっかけがあるからです。
夏場は汗をかきやすいので、帽子など汗を助長するものは避けて、日よけの傘など通気性を考えることが大切です。
また、枕などいつも頭皮がふれるものに反応することもあります。特に、枕は常に清潔にしておくことが必要です。
清潔にするべき枕
ダニやフケ、ほこりなどは蓄積しやすいものですから最大の注意が必要です。

さらに、毎日使うシャンプーに皮膚に合わない成分が含まれている場合など、かゆみのもとになる場合があります。
また、毛染め剤によってかぶれることもありますので、注意が必要です。
少なくとも、シャンプーはしっかり洗い流すことが大切ですし、コンディショナーには天然成分や保湿効果があるものを含むものがおすすめです。
以前使っていたから大丈夫というわけではありません。
アトピーになると体質が変わることがあるのです。
すこしでも、フケや頭皮がかゆいと感じたら、本当に大丈夫かどうかをしっかり確認しましょう。

フケの種類

kayu

自分のフケをよく見ると、自分のフケがどのようなタイプでどうしてフケが多いのか推測することができます。
まず、自分のフケを集めてよく眺めてみてください。
そのフケをよく見ると2つの種類に分けられます。
それは、「乾燥フケ」と「脂っぽいフケ」です。
シャンプーでの洗いすぎで、とにかく皮膚に脂成分が不足してカサカサしているような状態で、頭皮が荒れている状態で出来るフケが乾燥フケです。
逆に、頭皮に皮脂が過剰に分泌したり、皮脂がたまっていて頭皮が息が出来なくなっている状態ででるフケが脂っぽいフケです。

乾燥フケでは、頭の洗いすぎで皮膚が小さく剝がれてくることが特徴的です。
また、脂成分を含み大きな皮膚がはがれるようなケースでは、脂漏性皮膚炎といって、脂成分が過剰に分泌されている可能性があります。
アトピーの場合では、多くの場合、皮膚が乾燥することにより発生しますので、白く細かいフケになります。
つまり、頭皮を洗いすぎたりすると頭皮の脂肪分が減って、カサカサ状態になって、アトピー症状が起きやすいのです。
ですから、シャンプー後には必ず保湿成分を含む整髪料で仕上げをする必要があるのです。

頭皮アトピーによるフケの特徴

フケに悩まされる人

頭皮がアトピーになると、かゆくてついついかいてしまいますので、膨大なフケが出てきます。
精神的なストレスにもなりますから余計アトピーが悪化してしまいます。
古い頭皮がむけて剥がれてくるものがフケですが、アトピーでのフケも同じものでしょうか?
それとも、アトピーで頭皮の皮がむけるのはフケではないのでしょうか?

アトピーでは、通常の場合と異なることがいくつかあります。
一つは、アトピーでは皮膚が炎症を起こしてはがれやすくなっていたり、皮膚がすでにうすくなっていたりします。
また、アトピーでは激しいかゆみを伴う場合が多いため、頭皮をついついかいてしますのです。
頭皮をかいてしまうと皮膚がさらに炎症を持って余計にかゆくなってしまいます。
また、頭皮をかいているとかゆみから炎症がすすんで、最後に汁が出るようになります。
汁が出るようになると、かさぶたのようなものが出来ることになりますので、ひっかいた時にまたかさぶたのように大きく皮膚がはがれてきます。

医師に相談

ですから、アトピーでのフケは皮膚の炎症部分を掻いてしまい落ちるフケと、汁がもとでかさぶたのように大きな皮膚の塊になるフケの2種類があります。
フケが通常よりも多く出ていたり、大きな塊が出るようになったら、アトピーでの症状だと思って専門医に相談してみることが大切です。
そのままにしておくとどんどん皮膚が弱くなったり、厚くなったり症状が悪化してしまいます。
さらに症状が進むと、髪の毛が抜けて取り返しのつかないことになってしまいます。
さらにかきむしっていると、湿疹になって血が出ることもありますし、バイ菌が感染することになりますので、もっと大変な状況になるのです。

頭皮アトピーのフケの改善・対策

アトピーのフケも皮膚がはがれ落ちたものという意味で、フケの一種ですが、厳密には皮膚が老化してはがれ落ちたものではなく、皮膚が新生するとすぐにひっかくことではがれて落ちたものという言う意味で、全く別なものなのです。
ですから、頭皮の皮脂部分が丸ごとなくなっていますので、とても乾燥しやすく、とても敏感になっているのです。
アトピーのフケは皮膚のバリアが破たんしていますのでとにかくなるべく早く皮膚のバリアを元に戻すことが大事なのです。
そのためにも、保湿剤を補って、皮膚の脂分を補うのです。
そうしないと皮膚から水分が蒸発して、ますます乾燥します。
また、頭皮のバリアが破たんするとばい菌が感染しやすくなりさらにかゆみが増してきますので、抗生物質などで部分的に除菌をすることも必要になります。
抗生剤の処方には専門医による診断が必要となりますので、早めの専門クリニック訪問が大事です。

頭皮アトピーのためのシャンプーのポイント

senaka

頭皮にアトピーが現れる場合、多くの場合、シャンプーのトラブルが影響している場合があります。
つまり、頭皮に与えるシャンプーの影響は人によって全く違うため、自分に合わないシャンプーを使い続けることで、かゆみが増強したり、アトピーの症状が悪化したりするのです。
また、アトピーになったからと決めつけて、そのきっかけがシャンプーにあるということに気付かないようなケースもあるのです。
とにかく、アトピーで頭皮が以前よりかゆくなったとか、以前よりフケが増えたと思うような場合は、アトピーが頭皮に表れてきている可能性があります。

シャンプーの何が問題?

シャンプーは、頭皮の汚れを取って頭皮をきれいにすることが目的ですが、シャンプーの洗浄力が問題なのです。
シャンプーにはいわゆる頭皮の脂肪分を洗い落とすために洗剤成分が含まれているのです。
例えば泡立ちの良いシャンプーや、汚れの落ちやすいシャンプーなどさまざまあります。
脂成分を落としやすい、いわゆる洗浄力の高いシャンプーでは、髪の毛が乾燥した後パサパサになりやすいのです。

シャンプーの品質について

シャンプー
シャンプーの品質は、高いシャンプーが一概に良いシャンプーというわけではありませんが、安いシャンプーでは、泡立ちをよくするだけに主眼を置いているものもよくあります。
洗浄力が高まることは決して悪いことではありませんが、洗浄力が強いシャンプーを使うことで皮膚が大きなダメージを受けることが問題なのです。
年末の大掃除に洗剤の使い過ぎで、手が荒れることがありませんか?
それと同じことが頭皮で起こるのです。
ですから、自分に一番合っているシャンプーを見つけることが大切なのです。
しっかり洗浄出来て、皮膚がダメージを受けにくいものがよいシャンプーです。

また、洗った後の保湿成分の補充がとても大切です。
シャンプーの後のトリートメントで保湿をすることでも構いませんが、シャンプー自体に保湿成分を含むものがありますので成分をよく確認してみましょう。
特に、天然成分を多く含むものを使用するのが無難です。
皮膚に与えるダメージを抑えることがありますので、商品に記載されている成分をネットで検索してどんな効果があるのか確かめてみることが大切です。
また、人によっては含まれている成分にアレルギー反応を示すことがありますので注意が必要です。
使っているシャンプーが自分に合っているかどうかを確かめするには、しばらくシャンプーを変えて様子を見てみることがいいでしょう。
シャンプーを変えた時にかゆみが増す場合や、フケが増えるばあいなどどんなことでも構いませんから、いろいろと使う中で一番あるものを選ぶのです。
特に天然成分をなるべく多く使用するシャンプーでは、洗浄力が比較的マイルドですので、天然成分配合のものからはじめてみると良いでしょう。

シャンプーの方法についても参考にしてみてください。

頭皮アトピーに効果的な成分とは

腸内環境を整える意味を案内する女性

頭皮アトピーにおいては、肌が敏感な状態になっていますので、シャンプーに入っている成分にも気をつけたいものです。
まず、石油系の界面活性剤を使用していないシャンプーを選ぶようにしましょう。
ラウレス硫酸Na」もしくは「ラウリル硫酸Na」は、脱脂力・洗浄力が強い成分ですので、必要な皮脂までも落とされてしまいます。
硫酸系の界面活性剤は肌への刺激が強く、乾燥の原因となってしまいます。
かゆみがひどい場合はこれらのシャンプーの成分が原因の可能性があります。

逆にアトピー肌にとっていいのは、「アミノ酸系シャンプー」です。
アミノ酸系シャンプーは必要な皮脂を落としすぎることなく、毎日洗っても肌への負担があまりかかりません
また、保湿力が高いのも特徴で、洗い上がりに乾燥することもなく、お肌がしっとりとします。

 

具体的にどのシャンプーがいいの?

頭皮アトピーの場合のシャンプー選びについては、とにかく肌に刺激のないものを選ぶことが重要です。
洗浄力がしっかりとしたシャンプーは、洗ったときはスッキリとして気持ちいいのですが、洗浄力が強いためにしばらくすると皮膚にダメージを与えることがあります。

アトピー肌の場合は、とにかく肌に負担を与えず、乾燥を防げるシャンプーを使うことが大切ですので、アミノ酸系シャンプー天然成分のものを選ぶといいです。
頭皮アトピーでも使えるアミノ酸系シャンプーのおすすめはハーブガーデンのシャンプーです。

ハーブガーデンは、天然成分100%のノンシリコンシャンプーです。アレルギーの元になりやすい合成香料を使用していないのが特徴です。
ユズセラミド、ヒアルロン酸、ラフィローズなどの保湿成分が配合されていますので、洗い上がりも乾燥することなく、しっとりとした洗い上がりになります。


→詳しくは公式サイトへ

アトピー肌はとにかく低刺激性のものを選ぶことが重要です。
肌状態によって、低刺激のものでもかゆみが出たりする場合がありますので、その場合は自分の肌に合っていない可能性があります。
自分の肌状態に合ったシャンプーを選ぶようにしましょう。

 

予洗いとすすぎをしっかりと行う

85d281a560e2fec1e9522e34f1c75325_s

シャンプー前は予洗いをしっかりと行い、皮脂汚れを落とすようにしましょう。
また、シャンプーをした後は、洗い残しがないようにしっかりとすすぎ洗いを行うことが大切です。
どんなシャンプーでも皮膚を洗剤で洗うわけですから、少しでも残っていれば皮膚にダメージを与え続けるのです。
ですから、アトピー症状を持つ場合はしっかりとすすぎましょう。
シャンプーは意外に皮膚に残りやすいのです。また、トリートメントも同じです。
しっかり成分を洗い流さないと、かゆみのもとになってしましますので、予洗いとすすぎを行いましょう。

頭皮のお湯シャン

頭皮をやわらかくして頭皮の汚れを落とすためにはシャンプーが普通必要ですが、アトピー症がある場合はシャンプーの使用をなるべく少なくしたいものです。
そんな時に有効なのが、お湯で頭を洗うお湯シャンです。
水と違って、脂分も自然なお湯だけである程度落ちることになります。

chin

シャンプーで頻繁に頭を洗ったり、刺激の強いもので洗ったりすると皮膚が弱くなって乾燥肌になり、アトピーが悪化してしまうのです。
あまりに頭皮アトピーの症状がひどく、低刺激性のシャンプーでもかゆみがでる場合は、お湯シャンがおすすめです。
洗い上がりが物足りないと感じる方や、いきなりお湯シャンへの切り替えは抵抗があるという方は、3日に1回でもお湯シャンをしてみましょう。
また、仕事の無い休日を上手に利用することもいいですね。
とにかく時々、お湯だけでシャンプーをすることを試してみましょう。頭皮の状態がずっとよくなることがあります。

髪の毛がパサパサになっているようなことがあれば、シャンプーの使い過ぎが原因で、頭皮の脂成分がなくなっていることが原因です。
また、髪の毛が抜けやすくなっている時もシャンプーのし過ぎが原因になっていることがあります。
頭皮がいったん炎症を起こしてしまうと、元に戻るためにはしばらく時間がかかります。
湯シャンを本当はしばらく続けるくらいが良いのです。
アトピーで炎症があるときは、落としすぎた皮脂や保湿成分やセラミドを回復させてあげる事が大事なのです。
でも、最初は慣れない場合、シャンプーの合間に時々使うことがいいのです。
細胞は自分の組織を守るために、自然に保湿成分を自ら分泌したりしてバリア機能を持っています。
しかしシャンプーのし過ぎでこのバリア機能が破綻してしまうのです。
その結果、皮膚の天然保湿成分をとどめることが出来なくなって頭皮がどんどん乾燥してしまい、ガサガサしたり、フケが出たりかゆみがでるのです。

もともと日本人はきれい好きですから、いつでも清潔にしておかないと気が済まない人が多いため、頭がかゆくて毎日洗うのです。
アトピーの人は脂成分が足りなくなっていることをよく理解して、シャンプーの回数をとにかく減らしていきましょう。
もちろん、お湯シャンの後にはリンスをしっかりして保湿成分で頭皮を守ってあげることが大切です。
お湯シャンを続けたことで、頭皮のアトピーが改善することは多いのです。

頭皮ケアのまとめ

頭皮ケアまとめを案内する人

頭皮アトピーのためのシャンプー選び

シャンプーは基本的に洗剤能力を高めれば泡立ちが良くなったり、すっきり感がたかまったり、皮脂成分などが落ちやすいのです。
でも逆に、皮膚へのダメージは大きくなります。また、お湯を使って長時間洗った場合のダメージは大きくなります。
さらに、2度洗い、3度洗いのように繰り返し、シャンプーを使うことでさらに皮膚のダメージが大きくなります。
普通の人では、さほど皮膚へのダメージがなくてもアトピーの人では、皮膚が敏感になっていますので、全く別に考えることが必要です。
例えば、よく洗剤として利用されるラウレス硫酸Naについても、アトピーの人には強い成分ですが一般の人では特に問題になりません。
ですから、まずは自分に合ったシャンプーを見つけることが大切なのです。
洗浄力がある程度あってすっきり感もあり、使い続けてもかゆみが出てきたり皮膚の炎症が起こったりしないシャンプーを選ぶのです。

アトピーのシャンプーの仕方

シャンプーを選んだ際にも、しっかり頭皮を洗った後に洗剤が残らないようにすればよいのです。
必要以上に、くりかえしてシャンプーを洗い流しましょう。
シャンプーの成分は意外に数回洗っても残っていることが多いので、しっかり水洗いをしましょう。
また、洗浄力の高いシャンプーで頭皮を洗った場合に、洗剤が残りやすいので、その洗剤を洗い落とすために、洗浄力の弱いシャンプーで2度洗いするのです。
そうすれば、洗浄力の強いシャンプーで清潔になり、尚且つ、洗浄力の強いシャンプーは取り除くことが出来るのです。

頭皮の洗い方

頭皮を洗うシャワー

頭皮を清潔にすることがまず大切ですが、決して爪を立てて頭皮を洗ってはいけません。
頭皮に爪で傷がつくとばい菌が入ったり、ジュクジュクになったり、かゆみが増したりします。
指の腹の部分でやさしく皮膚をマッサージするように頭皮にシャンプーするのです。

トリートメント方法

シャンプーを取り除いた後は皮脂成分が頭皮からなくなっていますので、髪の毛を乾かした後は、皮膚がパサパサになります。
頭皮の乾燥を防ぐためには、保湿剤を含むトリートメントが必要なのです。
トリートメントにも様々なものが販売されていますので、自分に合ったものを選びましょう。
シャンプーのように皮膚にダメージを与えるものは少ないと思いますが、汗腺を詰まらせるようなものはおすすめ出来ません。

おまけ「夏場の汗」

夏場は頭皮に汗をかいてしまいますが、帽子などで蒸れないようにすることも大切です。
帽子をかぶるなら、通気性の良い物を選びましょう。
冬場は、空気が乾燥していますのでかゆみの増すシーズンです。
冬は夏場以上に保湿効果を高めることに気を付けましょう。

関連記事

  1. 妊娠中にアトピー症状が悪化!その原因と対策は?

  2. 便秘とアトピー

    便秘とアトピーの関係は?便秘解消しアトピー完治へ

  3. アトピーの黒ずみ

    アトピーの黒ずみ・色素沈着を消す最新の改善策

  4. ワキガとアトピー

    アトピーだとワキガ(腋臭)になりやすい!?≪原因と対策≫

  5. アトピーとニキビが併発!効果的な予防や対処法とは?

  6. まぶたの痒みに悩む女性

    脂漏性皮膚炎とは?アトピーと併発しやすい理由、症状の違いと治療法…

おすすめ記事

  1. トラブル肌の色素沈着を消す方法まとめ【最新版】
  2. 現時点で最短で最善のアトピー完治の具体的なステップ
  3. 乳児の頃から保湿をするとアトピー発症率30%減!おすすめの保湿剤は?
  4. アトピーでまぶたの腫れ・かゆみ&赤みに悩んだら
  5. 【保存版】アトピー肌におすすめ!日常的なスキンケアの方法とは?

専門家も認めたNo.1対策

ページ上部へ戻る