menu
閉じる
  1. アトピー治療に使われるステロイドとは?副作用があるって本当?
  2. アトピー改善に必要な栄養素とそのサプリメントまとめ【保存版】
  3. 乳児のアトピー性皮膚炎!原因や対策は?
  4. 首アトピーのかゆみや色素沈着・しわの原因と対策
  5. 【厳選】アトピー肌で使える保湿ボディクリームランキングTOP3!
  6. アトピー肌の美容液選びの際に注意すること3点
  7. 現時点で最短で最善のアトピー完治の具体的なステップ
  8. トラブル肌の色素沈着を消す方法まとめ【最新版】
  9. アトピーがかゆくてひどくて眠れない時の対処法
  10. アトピーで陰部がかゆい場合の対処法
閉じる
閉じる
  1. トラブル肌の色素沈着を消す方法まとめ【最新版】
  2. 現時点で最短で最善のアトピー完治の具体的なステップ
  3. アトピーの黒ずみ・色素沈着を消す最新の改善策
  4. 乳児の頃から保湿をするとアトピー発症率30%減!おすすめの保湿剤は?
  5. アトピーでまぶたの腫れ・かゆみ&赤みに悩んだら
  6. 大人の肌にも!ベビーローションのドルチボーレミルキーがおすすめの理由
  7. アトピー肌を上手にカバー・改善のためのメイク方法とは?
  8. 乾燥がひどくなる時期、アトピー肌のスキンケアは何が効果的?
  9. アトピーとニキビが併発!効果的な予防や対処法とは?
  10. 【決定版】アトピー肌に目立つ毛穴の正しいケア方法を知ろう!
閉じる

ハダノコト

頭皮アトピーにはシャンプー選びが重要!?気をつけたい頭皮ケアのポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アトピーとシャンプー

アトピー性皮膚炎の場合には、シャンプー選びはとても難しい課題です。
頭皮の皮膚が敏感になり弱っていますので、洗い終わった後も痒みが続いたり時間が経つとまた乾燥肌になって新たな痒みが襲ってきます。
症状の原因にはシャンプーの刺激成分や頭皮の皮脂が関わっていて、この状態を放置していると悪化してしまいます。
このページでは、頭皮ケアに最適のシャンプー選びの基準、そして頭皮を改善する驚きの対策をご紹介します。

シャンプーのポイント

アトピーのシャンプーシャンプーと一言でいっても、アトピーの人にとってはいくつか大事なポイントがあります。

1)頭皮にダメージを与えない

アトピー肌・敏感肌の人のシャンプーは、頭皮にダメージを与えないということが一番大事なポイントです。

もともと皮膚が弱く、角質が弱くなってバリア機能がなくなっていますので、洗浄機能よりも皮膚にダメージを残さないという点がもっとも大切です。
2)洗浄力の弱いシャンプーで洗う

界面活性剤の機能が強い場合は、泡立ちもよく気持ちがいいのですが、皮膚にダメージが入り水洗いもしにくいのです。

どうしてもスッキリ洗いたい場合は、なるべく簡単に素早く済ませて、次に洗浄力の弱いシャンプーで洗う、残っている最初のシャンプーを効率的に除くことが出来ます。

3)界面活性剤が弱いシャンプーを選ぶ

また、最初から界面活性剤が比較的弱いものを選ぶことも大切なポイントです。
例えば、よく洗剤として利用される、ラウレス硫酸Naについても、一般の人では特に問題になりませんが、アトピーの人には敏感なため強い成分で肌にダメージが入りやすいのです。
ですから、まずは自分に合ったシャンプーを見つけることが大切なのです。
洗浄力がある程度あってすっきり感もあり、使い続けても、かゆみが出てきたり皮膚の炎症が起こったりしないシャンプーを選ぶのです。
天然成分などを主成分にしたもので、満足がいくようであればしばらく使って自分の肌に合うかどうかを確認しましょう。

シャンプーの方法

シャンプーは直接肌につけないように、充分手の平で泡立ててから頭皮に付けることが大切です。
泡立てるのが大事
敏感な頭皮への刺激を最小限に抑えることが出来るからです。
また、頭皮を洗う時には爪を立てずに、指の腹で柔らかくマッサージするように洗うことが大切です。
ごしごし洗えば、角質がさらにめくれて壊れてしまいますから決して強く洗ってはいけません。
また、アトピーでは、肌が荒れているためにシャンプーが残りやすいですから、しっかり頭皮を洗った後に洗剤が残らないように繰り返しシャンプーをお湯で洗い流しましょう。
シャンプーの成分は数回洗っても残っていることが多いので、しっかり水洗いをしましょう。
そして、アトピーでは角質からシャンプーが染みて刺激が真皮に伝わる可能性がありますので手早く洗うことが大切です。

また、大事なのはシャンプーあとのトリートメントです。
トリートメント
髪の毛はもちろんですが、シャンプーで頭皮の脂肪分が少なくなっていますので、保湿成分を含んだトリートメントがとても大切です。
アトピー向けのトリートメントとしては、専用の保湿成分をいくつか含むものが開発されています。
例えば、保湿性を高めるためにグリセリンやその化合物が良く利用されます。
グリセリンは頭皮の表面をカバーして、異物の混入を抑えます。
もちろん、トリートメントの残りが無いように、温かめのお湯でトリートメントをよく流し着ることが大切です。

シャンプーを使わないという選択

シャンプーを使わないの?と驚く女性
アトピーの方や敏感肌の人が頭皮にダメージを負ってしまうのは、そもそもシャンプーが原因です。
だったらシャンプーを使わない、というのも選択の一つです。
「でも不潔になって髪がベタベタしたり臭うでしょ・・・」
と思っていませんか?
それは大きな誤解です。
むしろ、適切な方法でお湯だけの頭皮ケアをすることで3つのメリットを得られます。

・べたつかなくなる
・臭わなくなる
・頭皮が傷つかない

それでは、一石三鳥のお湯だけの頭皮ケアがなぜアトピー肌・敏感肌の人に効果的なのかを見ていきましょう。

ベタつきや臭いの原因とは?

臭いに悩む女性
毎日シャンプーでしっかり洗っているのに、頭皮がベタついたり臭いが取れないのには原因があります。
躍起になって増々ゴシゴシ洗ったりしたら逆効果になります。
頭皮のベタつきや臭いの原因は、頭皮から分泌される皮脂成分です。
シャンプーで頭皮の油分をごっそり洗い流したら頭皮は「潤いが足りていない!」と認識して皮脂を過剰に分泌するようになります。
そして、大量に出た皮脂を細菌が分解することによって、くさい香りが漂うようになるのです。
これがいくら洗っても頭皮ケアがうまくいかない理由です。
さらに、皮脂を分泌する皮脂腺は顔よりも頭皮の方が多く存在します。
よく枕が臭う・・・なんてことになる理由は頭皮に皮脂腺が多いせいだったのです。

お湯だけの頭皮ケア方法

アトピー・敏感肌の人は、お湯で頭を洗えばシャンプーの成分で頭皮が傷つくことはありません。
そして、洗いすぎによって余計な皮脂が分泌され臭いがすることもありません。
ただ、お湯で軽く洗い流すだけはNGです。
アトピー肌・敏感肌の人がお湯で頭皮ケアをするポイントは2つあります。

・お湯は35度~40度にする
・3分間洗う

この2つだけです。簡単ですよね。
簡単な頭皮ケアに喜ぶ女性
お湯の温度は、自分の肌に合う温度に調節しながら試してください。
また、3分間シャワーを頭皮にかけ続けるのではなく、桶といった容器にお湯を入れて頭皮にかけ流すイメージです。
その際、マッサージするように頭皮をなでるとより効果的です。
「シャンプーしないとスッキリしない・・・」
なんて人も、3分間バッチリ頭皮を洗い流せば気にならなくなりますよ。

関連記事

  1. アトピーとファンデーション

    アトピー肌のためのファンデーション選び

  2. アトピーと石鹸

    赤ちゃんも使用OKのアトピー石鹸・ボディソープ紹介

  3. アトピー完治ランキング

    アトピー美容液・化粧水口コミランキング【最新版】

  4. アトピー肌を上手にカバー・改善のためのメイク方法とは?

  5. アトピーの洗顔方法とおすすめ洗顔料《決定版》

  6. アトピー肌の美容液

    アトピー肌の美容液選びの際に注意すること3点

おすすめ記事

  1. トラブル肌の色素沈着を消す方法まとめ【最新版】
  2. 現時点で最短で最善のアトピー完治の具体的なステップ
  3. 乳児の頃から保湿をするとアトピー発症率30%減!おすすめの保湿剤は?
  4. アトピーでまぶたの腫れ・かゆみ&赤みに悩んだら
  5. 【保存版】アトピー肌におすすめ!日常的なスキンケアの方法とは?

専門家も認めたNo.1対策

ページ上部へ戻る