menu
閉じる
  1. 首アトピーのかゆみや色素沈着・しわの原因と対策
  2. アトピー治療に使われるステロイドとは?副作用があるって本当?
  3. 顔のアトピーってどんなもの?原因と症状・治し方
  4. アトピーがかゆくてひどくて眠れない時の対処法
  5. アトピーで脇がかゆい・臭い・黒ずみの対策として有効なのは?
  6. アトピーで陰部がかゆい場合の対処法
  7. 乳児の頃から保湿をするとアトピー発症率30%減!おすすめの保湿剤は?
  8. アトピーの肌荒れ対策【完全版】ー顔や体の治し方・改善策
  9. 【厳選】アトピー肌で使える保湿ボディクリームランキングTOP3!
  10. アトピーと食事の関係-食べていいもの悪いもの
閉じる
閉じる
  1. トラブル肌の色素沈着を消す方法まとめ【最新版】
  2. 現時点で最短で最善のアトピー完治の具体的なステップ
  3. アトピーの黒ずみ・色素沈着を消す最新の改善策
  4. 乳児の頃から保湿をするとアトピー発症率30%減!おすすめの保湿剤は?
  5. アトピーでまぶたの腫れ・かゆみ&赤みに悩んだら
  6. 大人の肌にも!ベビーローションのドルチボーレミルキーがおすすめの理由
  7. アトピー肌を上手にカバー・改善のためのメイク方法とは?
  8. 乾燥がひどくなる時期、アトピー肌のスキンケアは何が効果的?
  9. アトピーとニキビが併発!効果的な予防や対処法とは?
  10. 【決定版】アトピー肌に目立つ毛穴の正しいケア方法を知ろう!
閉じる

ハダノコト

【保存版】アトピー肌におすすめ!日常的なスキンケアの方法とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今では現代病とも言われているアトピー。年齢や性別にかかわらず、多くの人がアトピーに悩んでいたり、大人になってから急に出始めたという声も少なくありません。

アトピー肌を改善し、健やかな肌質へと変えていくため、ライフスタイルの中に取り入れたいスキンケア方法をわかりやすくご紹介します。

意外に知られていなかったアトピー肌の症状や原因対処法などもあわせてご紹介していきますので、早め早めの対策を心がけましょう。

 

アトピー肌ってどんな症状?その原因は?

はじめに、アトピー肌がどんな症状で、気になる原因はどのようなことなのか、単なる肌荒れだと思っていても、実はアトピーだったということもありますので、ぜひ参考にしてください。

乾燥した状態

アトピーが出始めの頃に良く見られる症状は軽いものが多く、乾燥が主な症状となり、一見肌荒れと同じように見えてしまうことがあります。

原因は、お肌に必要な水分や油分、栄養素が足りず、乾燥した状態になっているため。乾燥は、紫外線を受けたり、毎日のスキンケアが疎かになっていることで発し、お肌のバリア機能が不安定になることでアトピーをできやすくしてしまいます。

乾燥と赤みがある

アトピーの軽度に見られる症状です。肌荒れとは違い、赤みと乾燥が長引いた状態のアトピーで、皮膚がささくれのようになっていたり、ときに白い粉が見える症状となっています。

原因は、乾燥したままのお肌状態が長く続き、早めに保湿や基本的なスキンケアをしていないことなどがあります。

皮膚の腫れが固まりになっている状態

アトピーの症状が中度になると、乾燥から皮膚が赤みを増し、ささくれや粉ふきによって皮膚が炎症してしまいます。

すると腫れている部分が固まりになって皮膚に定着し、強いかゆみを伴なうことから掻くことでお肌に傷跡が目立つこともあります。

原因は、寝具の汚れやホコリ、空気中にある雑菌がお肌に住み着いてしまい、ケアをしても効果の出方が遅くなってしまっていることにあります。

皮膚がボコボコした状態

アトピーが重度の症状に見られ、赤みを帯びた皮膚があちこちで盛り上がり、内出血のように肌内部にも赤みが見られ、表面へ透けて見えることがあります。

アトピーの症状が広範囲にわたって出ているため、皮がむけたり皮膚の粉ふきが頻繁になることで症状が悪化してしまいます。

原因はさまざまですが、間違ったスキンケア方法を行っていたり、自身の肌質に合っていない薬やケア商品を使い続けたことなどが考えられます。

アトピー症状の予防と対処法をしっかりとマスターしよう!

アトピーの症状はたとえ軽度であっても、放置したりケアをしっかりと行っていないと、あっという間に症状が悪化し、カラダやお肌などの広範囲に広がってしまうことがあります。

アトピーの症状をこれ以上悪化させないため、ここでは予防と対処法をしっかりと身につけていきましょう。

原因別の対処法を知ろう!

アトピー肌の症状を抑えるためには、どんなきっかけがあったのかを見極めてみることも大切です。
日頃の乾燥対策が十分でなかった場合は、保湿ケアを徹底することが最初のステップ。

また、ライフスタイルを送る中で、アトピーに刺激を与えるようなことをしていないかどうか、もう一度振り返り、見直してみましょう。

アトピーは乾燥による原因がもっとも多くなっているため、アトピー専用で保湿効果の高いスキンケア商品を取り入れ、継続的に使用することを心がけましょう。

アレルギーの抑制に目を向けてみよう

アトピーはアレルゲンという原因物質によって引き起こされる性質を持っています。

アレルゲンでアトピーができてしまうのは、室内やいつも使っている寝具にイエダニハウスダストが繁殖しているためです。

室内の掃除を徹底したり、清潔な寝具をいつも使うこと、お部屋の換気をマメに行うことで、アトピーの原因物質であるアレルゲンを最小限におさえることができます。

過ごす場所や触れる部分をいつも清潔な状態にすることが、アトピー改善と予防の基本的なステップとなります。

アトピー肌に効果的!予防もできる日常的なスキンケアとは?

アトピー肌を改善するための対策はいろいろなことがありますが、ここでは、日常的なスキンケアの正しい方法にフォーカスを当て、詳細をまとめていきたいと思います。

今までのスキンケアを見直し、アトピー肌を早めに改善できるよう、ぜひ取り入れてみてください。

角質層へアプローチしたスキンケア法

アトピー肌をスピーディーに改善し、繰り返しできてしまうことを予防するためには、表面的なスキンケアにプラスして、角質層にまで有効成分が届くケア方法が大切なステップとなります。

アトピー肌の根本的な改善になる角質層へアプローチしたスキンケアは、アミノ酸という成分が適しているため、商品選びの際は成分にも注目してみましょう。

アミノ酸が角質層に浸透されることでお肌内部から丈夫な肌質となり、アトピーの原因物質を跳ね返す健やかさへと導きます。

セラミドに注目!

一般的な化粧品にも多く配合されているセラミドは、アトピー肌にも安心・安全な成分として知られています。
アトピー肌の乾燥を防ぐため、角質層の隙間にまでセラミドが浸透し、細胞同士をうるおいで密着させます。
すると、お肌内部と表面がうるおいで満たされるため、カサカサやかゆみなどのアトピーに見られがちな症状を緩和できるのです。

入浴と保湿が肝心!

アトピー肌の日常的なスキンケアの基本は、お肌を清潔に保つことと保湿です。
シャワーだけではアトピーの原因菌が清浄されないこともあるため、バスタブに浸かる習慣を持ちましょう。

また、入浴後にはボディクリームなどでしっかりと保湿することも、アトピー肌のスキンケアには大切です。

おわりに

アトピーの症状や原因、日常的なスキンケアの方法、意外にカンタンであることがわかり、すぐに実践できそうですね。

ご紹介した対策を継続して行うことで、肌質が丈夫になり、徐々にアトピーの改善が見られていくので、決して焦らず、前向きな気持ちを持って治していくことを心がけてください。

参考記事:【厳選】アトピー肌でも使える保湿クリームランキングTOP3!

アトピー肌の冬のスキンケアはどうしたら効果的?

参考リンク

公益社団法人日本皮膚科学会
日本美容皮膚科学会
日本形成外科学会
日本レーザー医学会
日本レーザー治療学会
日本抗加齢医学会
日本臨床皮膚科医会
日本東洋医学会
日本医師会

関連記事

  1. アトピーの薄毛

    アトピーで薄毛・抜け毛がひどい場合の頭皮ケア

  2. アトピーの膿

    アトピーによる乾燥肌を治すおすすめ方法【保存版】

  3. 大人の肌にも!ベビーローションのドルチボーレミルキーがおすすめの…

  4. サプリメント

    【徹底解説】アトピー性皮膚炎に効果がある治療薬とは?

  5. 体質改善

    アトピー克服のための体質改善【保存版】

  6. 咳がなかなか止まらない!アトピーと喘息の関係性とは?

おすすめ記事

  1. トラブル肌の色素沈着を消す方法まとめ【最新版】
  2. 現時点で最短で最善のアトピー完治の具体的なステップ
  3. 乳児の頃から保湿をするとアトピー発症率30%減!おすすめの保湿剤は?
  4. アトピーでまぶたの腫れ・かゆみ&赤みに悩んだら
  5. 【保存版】アトピー肌におすすめ!日常的なスキンケアの方法とは?

専門家も認めたNo.1対策

ページ上部へ戻る