menu
閉じる
  1. 乳児の頃から保湿をするとアトピー発症率30%減!おすすめの保湿剤は?
  2. 現時点で最短で最善のアトピー完治の具体的なステップ
  3. 【厳選】アトピー肌で使える保湿ボディクリームランキングTOP3!
  4. アトピーがかゆくてひどくて眠れない時の対処法
  5. アトピーで陰部がかゆい場合の対処法
  6. 【保存版】アトピー肌におすすめ!日常的なスキンケアの方法とは?
  7. アトピーと食事の関係-食べていいもの悪いもの
  8. 顔のアトピーってどんなもの?原因と症状・治し方
  9. アトピーの肌荒れ対策【完全版】ー顔や体の治し方・改善策
  10. トラブル肌の色素沈着を消す方法まとめ【最新版】
閉じる
閉じる
  1. トラブル肌の色素沈着を消す方法まとめ【最新版】
  2. 現時点で最短で最善のアトピー完治の具体的なステップ
  3. アトピーの黒ずみ・色素沈着を消す最新の改善策
  4. 乳児の頃から保湿をするとアトピー発症率30%減!おすすめの保湿剤は?
  5. アトピーでまぶたの腫れ・かゆみ&赤みに悩んだら
  6. 大人の肌にも!ベビーローションのドルチボーレミルキーがおすすめの理由
  7. アトピー肌を上手にカバー・改善のためのメイク方法とは?
  8. 乾燥がひどくなる時期、アトピー肌のスキンケアは何が効果的?
  9. アトピーとニキビが併発!効果的な予防や対処法とは?
  10. 【決定版】アトピー肌に目立つ毛穴の正しいケア方法を知ろう!
閉じる

ハダノコト

アトピーの肌荒れ対策【完全版】ー顔や体の治し方・改善策

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アトピーの肌荒れ対策

あなたはアトピー性皮膚炎の肌荒れに、四季ごとの症状や治療法があることをご存知でしたか?
その時季その時季の肌荒れ対策を応急的に行うよりも、四季ごとの変化を知りあらかじめ予防することが大切です。
また、身の回りの環境は季節ごとに移り替わります。
そこで、身近に潜むアレルギーの元や病気の原因をご紹介しますので、取り除く方法を一緒にみていきましょう。

例えば、花粉症は春と秋に集中しますよね。花粉はアレルゲンの原因となりアトピー症状の悪化だけでなく、喘息や肌荒れを引き起こします。
また冬場は、乾燥して肌荒れした皮膚を保湿効果のあるクリームで念入りにケアしてあげる必要があります。
このように、四季ごとに異なる改善方法をご紹介していきます。
悩みの肌荒れを改善して気持ちよく過ごしましょう!

アトピーの特徴的な2つの症状

アトピーは皮膚病の一つで、生後数か月くらいの乳児期から痒みを伴い、からだのあらゆる場所に湿疹がでるものです。
慢性化すると数年続くこともありますし、大人になっても完治しないこともある厄介な病気です。
アトピーの症状は個人差があり人によってずいぶん異なりますが、いくつかの共通点があります。

特徴1:痒みがある

痒がる男性

アトピーに痒みがあることは、あなたも理解されていますね。
でもどんなかゆみがアトピーで、どんなかゆみはアトピーではないのでしょうか?
基本的な事ですが、意外にちゃんと理解されていないようです。
アトピーでのかゆみの特徴は、さまざまな外的要因などの些細なことがきっかけとなり、いったんかきはじめると、どんどんかゆみが増してかくことが止まらなくなって、更にどんどん掻いている肌荒れして悪化してしまうということが特徴です。
ですから、いったん良くなることがあっても、また何かのきっかけがあれば、すぐに元のように悪化が進んでしまい肌荒れとなるのです。
その、些細なきっかけとしてよくいわれるのは以下の3点があります。

冬場の乾燥

乾燥する冬

冬場の乾燥時はもちろんのこと、それ以外の季節でも空気が乾燥してくると皮膚の表面がガサガサして肌荒れになってきますので痒みがでてきます。
このかゆみは、あなたもよく経験されている通りです。
しかし、アトピーでは掻くことでかゆみがどんどん増すのです。

夏場の汗

汗をかく夏

夏場になると、皮膚の表面にたくさんの汗をかきますね。
汗をかくと皮膚の表面に老廃物がたくさんついて汗腺をふさいでしまったり、皮膚に刺激が伝わり痒くて掻いてしまいます。
このことがきっかけになって、また肌荒れとなりかゆみ症状がはじまるのです。
また、汗をかかなくても、お風呂に入ったり運動をしたりして体温があたたまると、アトピー症状での炎症反応が高まってかゆみを感じやすくなります。
お風呂上りに、身体がかゆくなったり、布団の中で体が温まるとかゆくなったりした経験はあなたもあるはずです。

アレルゲン

アトピーは、さまざまな条件が複合的に重なり発症しますが、身の回りにアレルゲンが多いと発症するリスクが高くなります。
例えば、ほこり、ダニ、髪の毛など様々なものが乾燥した肌に刺激を与えて肌荒れすることになるのです。

特徴2:段階的に悪化していく

アトピーで落ち込む女性
アトピーは普通のかゆみ症状の現れ方と違い、症状にある一定の規則を持った表れ方をします。

1)乾燥や汗などでの“きっかけ”が出来る
2)少しかくことでの皮膚の赤身が発生する
3)かゆみが増し、強くかき続けることで、ひっかき傷ができる
4)皮膚が炎症を起こしてジュクジュク体液が出る

このように、アトピーでは最初のチョットしたことがきっかけでドンドンかゆみが増していき、ますますひっかき行動が止めらなくなって皮膚の炎症が悪化して、肌荒れで血が出たり体液が出たりするのです。
まず、乾燥や汗かき、熱さなどが原因となりチョットしたひっかき行動が始まります。
地割れみたいな肌荒れ
乾燥肌は顕微鏡で拡大してみると、皮膚があちこちで荒れてめくれあがったりしていますので、洋服に触れているだけでもカサカサしてかゆみが出るのです。
夏場は逆に、汗腺からの老廃物が蓄積してかゆみのもとになるのです。
次に、アトピー症状では通常の湿疹などと異なりかきはじめることで炎症が増大して、さらにかゆみが増していき湿疹のように掻いた皮膚の一帯が赤くなって盛り上がったりします。
そして、さらにかゆみが止まらなくなるため増々そのかゆみを我慢できなくなって、強く掻き続けることになります。
最後に、皮膚がはがれたり傷口にバイ菌が付いたりして、さらに肌荒れの症状が悪化していきます。
ひどい場合ではかきむしりで血が出たり、体液がジクジクと出てきたり痛みを伴うような状態になります。

季節ごとのアトピー症状と対策

季節のイメージ「サクラ」

アトピー症状はなかなか完治しないため付き合うのが大変ですが、季節によってもその症状が変わることが指摘されています。
アトピーは季節変動においてどのように症状が変わるのでしょうか?
アトピーの症状が季節でどのように違うのかを理解することで、季節ごとのアトピーによる肌荒れの対処を理解しましょう。

春の症状

冬が終わって少しずつ暖かくなると、代謝が活発になって皮膚の免疫機能も活発になってきます。
汗もかくことがありますし、洋服も短いものになって肌が露出する機会が増えてきますので、肌への刺激が少しずつ増えるようになります。
様々なアレルゲンと接触する機会も増えてきます。
また、カビなども増える季節になると、アレルギーの原因にもなります。
冬物をかたずけて、部屋をきれいにするにはいいタイミングです。
こたつや冬物の毛布も片づけて洗っておくことが大切です。
また、紫外線の多い季節でもありますから肌荒れしないよう皮膚のケアには十分注意しましょう。

夏の症状

夏はとにかく汗をかくことが一番大きい環境の変化です。
汗をかくと汗腺に皮脂がたまり、かゆみのもとになります。
また、紫外線も多くなりますので肌を露出させないことと、汗をかかない事を一緒に考える必要があるため肌ケアは思ったより大変です。
汗をかいた時は、頻繁にふき取るかシャワーをなるべくしっかり浴びて汗をよく流しとることが大切です。
また、エアコンを使う機会も増えますから肌が乾燥することになり肌荒れのもとになりますので、アトピーには良くありません。
寒すぎる部屋では上着を準備して乾燥肌にならないように配慮しましょう。

秋の症状

秋になると、夏の暑さが和らいで汗の量も減り、比較的過ごしやすくなります。肌荒れの症状もよくなる季節です。
一方、乾燥が始まる季節ですので、クリームなど保湿剤の使用を上手に使って乾燥肌を防ぎましょう。
しかし、肌をきたえるという意味で、ただ過剰にクリームを使うよりも乾燥を抑える程度になるべくクリームの使用も制限して自然の治癒力を高めることも大切です。

冬の症状

冬は、何といっても乾燥が続きますので乾燥肌になりやすいため、ひっかき行動をとるきっかけになります。
秋に控えめに使っていたクリームは必須のアイテムとなります。
また、クリームだけでなくお風呂での石けんの使い方や、お風呂上りの肌の手入れにも入念に時間をかける必要があります。
石けんやシャンプーは良く洗い流し肌に優しい成分を含むものを使いましょう。
また、角質層に有効に働く成分を補強しているクリームの使用が有効です。
そして、部屋自体の乾燥を改善するために加湿器を上手に使ったり、肌荒れが進みやすい部分にはワセリンを含むクリームを多めに使用するなどの細かいケアが大切です。

保湿クリーム

このように、四季の環境に応じて薬や保湿クリームを上手に使い分けることが必要です。
しかし、ステロイドなどの治療薬では炎症を抑え込むことが出来るのですが、皮膚は角質層が非常に弱い状態で自力でアトピーが治っている状況にはなっていません。
もしステロイド剤をよく使っている場合は、少しずつステロイドの量を減らすかストロイドの弱いものに変えるなどして、自分の力でアトピーによる肌荒れを改善する努力が必要です。
専門医に相談してアトピーの克服のためのプロセスを季節ごとに見直してみることが大切です。

身の回りのアレルゲン

生活に潜むアレルゲン

アトピーを改善する上で、もっとも大事な事は生活環境を変えることです。
生活環境を考えるときに大事になるのは、アトピーを誘発するアレルゲンと考えられる要素をとにかく減らすことです。
実はアトピー性皮膚炎の原因については、まだ十分に解明されていないことが多いのですが、皮膚のバリア機能が低下した状態にダニやほこり、ストレスなどの外的要因が重なって発症するといわれているのです。
このアトピーになりやすい人としては、家族がアレルギー体質であることや、アレルギーの発症に関係が高いとされる免疫因子であるIgE抗体を作りやすい体質であるとされています。
ですから、たとえ、乾燥や夏場の汗など同じきっかけでもアトピーに至る人(アトピー体質の人)と、そうならない人が出てくるのです。
しかし、アトピー体質の人でも外的要因を取り除くことで症状がおさまりアトピーが治ることがありますので、まずは外的要因を取り除くことを考えることが大切です。

生活環境でのアレルゲン

部屋の中のアレルゲンとしては、ほこり、カビ、ダニ、ペットの毛、衣服、寝具、住居用の塗料、化学物質などです。
この、生活環境アレルゲンは掃除をこまめにすることで、かなり減らすことが出来ます。
じゅうたんなどを使っていると、いくら掃除をしても、じゅうたんのあいだにアレルゲンが増えてしまったり、たまってしまって症状が悪化してしまいます。
アレルゲンの元じゅうたん
例えば、ダニなどはじゅうたんや布団、ベット、枕、クッションなど様々なところで増殖してしまいます。
また、不潔にしているとごみやほこりの中でもダニが繁殖してしまいます。
皮膚や栄養素になるものが落ちているとダニが増えるので、常に清潔を保つことが大事です。
部屋の掃除をするには、常に部屋の上の部分から下に向けて掃除をするようにしましょう。

また、カビについては意外に知られていませんが、ペニシリウム、カンジダ、クラドスポリウム、アスペルギルスなど色々な種類のカビの影響が考えられます。
お風呂場など、水回りにはカビが発生しやすいのです。
また、北側の部屋もカビの発生を抑えるために常に換気を十分にすることが大切です。

「花粉」としては、すでによく知られていますが、スギ、ヒノキ、ブタクサ、ススキ、カナムグラ、など季節よって増えて身体について部屋の中に舞い込んできますので、混入を抑えることが大切です。
花粉
花粉やカビなどの大きな粒子は空気中を対流しますので、空気清浄機で取り除くことが出来ます。
最近は、性能のよい清浄機が開発されていますので上手に使いたいですね。
とにかく、アトピー症状を起こすきっかけは身の回りにあることが多いとされていますので徹底的になくすことを一度考えてみましょう。
例えば、なるべくじゅうたんやカーペットなどは使わないようにして、フローリングで過ごすことが効果的です。
また、空気中に飛散するものでなくてもアレルゲンになるものがあります。

接触性アレルゲン

接触性アレルゲンと呼ばれるものでは、身体が接触することがきっかけでかゆみが出来るような物質のことです。
家の中では、からだが接触しがちな家具、塗装剤、寝具、金属、ゴム、体に合わない衣服があります。
勿論、女性の場合は化粧品もアレルゲンとなる可能性があります。
また、シャンプー、リンスや石けんも肌に触れるものですから、あまり強いものは避けて自然素材をベースにしたものを使うことが肌荒れ改善のヒントになることがあります。
また、壁材からの化学物質でもアトピーが悪化することがあります。

食物性アレルゲン

たまごアレルギー

食物性アレルゲンとしては、牛乳、チーズ、肉類、卵、マヨネーズ、大豆製品、小麦、とうもろこしといった様々なものがあります。
身の回りにはあらゆるアレルゲンが存在しますので、自分がどんなアレルゲンに反応しているのか、反応しやすいのかを専門機関で一度調べてもらうといいでしょう。
マンション生活では通気性が悪いためカビの発生が多くなりますし、部屋が暖かいためにダニの繁殖も起きやすいため必要以上に換気が大切です。
日常生活でのちょっとした工夫も出来るだけしたいですね。

例えば、下着や洋服もポリエステルだと痒くなりやすいですから、なるべく綿といった自然素材のものを利用するといいですね。
また、夏場など汗をかきやすいときには、濡れたハンカチやタオルを持ち歩いてこまめに汗をおさえてふきとりましょう。
ごしごし拭くのではなく、そっとおさえて拭きとることが大事です。
また、寝ている間に無意識にかきむしったりしないように、手の爪を短くするとか、蒸れないような手袋などして寝ることも肌荒れ予防に有効ですよ。

アトピーによる肌荒れと新陳代謝の関係

アトピー肌のイメージ

アトピーは皮膚をひっかくことで、皮膚が炎症を起こしてボロボロになることが特徴です。
ひっかくことで角質層が壊れて、外部からの刺激が入りやすくなって肌荒れし炎症が進んでしまうのです。
血管が拡張して赤くはれ上がり、炎症が拡大するとかゆみ物質が放出されて、かゆみがさらに大きくなります。
角質層は外界との接触においてバリア機能を果たしますので、バリア機能がなくなってしますとさまざまな外部からの刺激が入り免疫機能を過剰にしてしまうのです。
例えば、ハウスダスト、ダニ、髪の毛、動物の毛など様々なものに反応してしまいます。
もちろん通常であればバリアが出来ているため刺激にはなりませんが、アトピーではそのバリア機能が壊れているため刺激になるのです。

しかし、皮膚が壊れて新しくなること自治は本来新しい皮膚を新生する意味で必要なことで、新陳代謝の意味で必要なことなのです。
つまり、自然に古い皮膚がはがれて新しい角質層が出来ることは自然なことなのです。
ただアトピーでは、必要以上にひっかくことで角質層が通常以上に壊れてしまってバリア機能が果たせなくなることが問題なのです。
またアトピーでは、角質層を新生するためのセラミドなどの構成成分の合成自体が低下していますので、皮膚がはがれるだけでなく、皮膚の新生がうまくいっていないのです。
結果として、皮膚のバリア機能は再生することなく壊れたままになっているのがアトピーなのです。

保湿剤

ですからまず、壊れているバリア機能を回復させるためには保湿剤を使うことが有効です。
保湿剤ではがれそうな角質にクリームを塗ることで抑えたり、外部からの侵入を抑えて刺激が過剰にならないようにすることができます。
また、アトピーでは水分が不足していて乾燥肌が進んでいますので、皮膚からの水分の蒸発を抑えて乾燥肌にならないようにすることでも保湿クリームはとても重要な働きをします。
アトピーでは、強いかゆみがありますのでそれを我慢することが出来ません。
かゆみを抑えるためにはステロイド剤が有効ですが、ステロイド剤を使っていると、角質層自体が弱くなってしまって、それを再生するための能力が低下してしまいます。
どうしても、我慢できないかゆみはステロイド剤を使い少しずつ使用量を減らしている方法や、弱いステロイド剤に変えていくなどの方法がありますが、最終的には自然の力で再生を考えるために上手に保湿クリームを使いましょう。

アトピーによる肌荒れQ&A

悩む男性
質問
私は21歳になりますが、小さい時からアトピー体質で、いまだになかなか治ることが無くて、とても悩んでいます。
とにかく皮膚が弱いようで、チョットしたことがきっかけですぐにかゆくなってくるので、かいているうちに、いつも皮膚が徐々に荒れてきて、いつになっても肌荒れが治らないのです。

例えば、お腹の調子が悪くなった時なんかでも、なぜか、皮膚の調子が悪くなって、肌荒れしてきますし、ニキビも出やすくなったりヘルペスもそんな時はすぐできてしまいます。
どうも、私は全体的に皮膚が弱いのかなあと思っています。

肌が弱いので、化粧品もなるべく自然の原料を使っているものとか、使い慣れたもの以外は使えない感じで、いろいろなことがとても不自由です。
いろいろ、気を使っているのですが、今まで治ることはありませんでした。

こういう状態はもう治ることが無いのでしょうか?
体質と、あきらめるしかないのでしょうか?

回答

アトピー体質で胃が弱い体質のようですね。
回答する看護師
アトピー体質は、通常子供のころには出やすい症状ですが、小学校に上がることには治ってしまうといわれていますが、まれに体質によって大人になっても良くならない場合があります。
アトピーは複合的に発症するとされていますので、症状を良くするには、体質の改善、環境の改善、食事の改善など、さまざまなことを見直すことで大幅に改善する可能性があります。
消化管には、免疫機能に関係する役割があり、消化管の機能を正常にすることでアトピー症状が出にくくなる可能性もあります。
子供のころは、消化管の機能がまだ十分発達していないために、アトピーが出やすいということが指摘されています。

大人になって消化管の免疫調節機能がアトピーにも影響して自然に治ることが多いのです。
免疫力を正常にするには食物繊維を多く摂って腸内細菌を整えることが大事です。
また、お部屋の環境をきれいにして刺激が過剰にならないように心がけましょう。
さらに、クリームを上手に使って保湿を整えることが大事です。皮膚のバリア機能を整えることで過剰な刺激を防ぐことが出来ます。
一度、近くの専門医にも相談されることをおすすめいたします。

乳酸菌といえばヨーグルト

まず、最初に食事のコントロールについて整理をしてみましょう。
最近の研究で、お腹の中の細菌がアレルギーの発症に影響しているということが話題になっています。
特に、最近の子供や若い人では、乳酸菌がお腹の中に少なく、アレルギーの発症に影響しているということが示されているのです。
その理由として、昔に比べて母乳ではなくて、人工調製乳で育つ赤ちゃんが多く母乳に特に含まれるオリゴ糖が調製乳には少ないために、ビフィズス菌や乳酸菌が増えにくくて、少ない子供が増えているということなのです。
ですから、なるべく乳酸菌やビフィズス菌を多く摂ったり、菌を含む食品を摂ることを考えるといいのです。
もちろん、代表的なものはヨーグルトですね。ヨーグルトに使用される乳酸菌の種類はまちまちですが、アトピーへの有効性が示されているものもありますのでなるべくデータがあるものを選ぶとよりいいですね。
食物繊維のある昆布
また、食物繊維を多く含む食品、例えば、豆類、根菜類、昆布、野菜などを摂ることでもともと自分のお腹の中に住んでいる乳酸菌やビフィズス菌を増やすことが出来ます。
乳酸菌が増えてくると、腸内菌のバランスが良くなって、腸の中の免疫細胞を刺激して腸管の免疫バランスがよくなるのです。
便秘が改善すると、腸のぜん動運動自体が良くなりますので、肌の保水性も改善することが示されていますのでかゆみのきっかけを減らす上ではとてもいいのです。

一方、脂肪分や甘いものの摂りすぎは注意が必要です。食事として食べた脂肪分や糖分は血液中に取り込まれて、一部は皮膚の汗腺から汗とともに分泌されますので、汗腺から分泌されたものは皮膚に老廃物として蓄積して、かゆみのもとになるのです。
また、老廃物はニキビのきっかけになりますので摂りすぎは大敵です。
極端な食事のコントロールは必要ありませんが、バランスの良い食事を心がけることが大切です。

関連記事

  1. まぶたの痒みに悩む女性

    赤い湿疹!これってアトピー?接触性皮膚炎?見分け方と対処法

  2. 妊娠中にアトピー症状が悪化!その原因と対策は?

  3. アトピーが原因のむくみを解消するには?

  4. まぶたの痒みに悩む女性

    脂漏性皮膚炎とは?アトピーと併発しやすい理由、症状の違いと治療法…

  5. アトピーの黒ずみ

    アトピーの黒ずみ・色素沈着を消す最新の改善策

  6. アトピーとニキビが併発!効果的な予防や対処法とは?

おすすめ記事

  1. トラブル肌の色素沈着を消す方法まとめ【最新版】
  2. 現時点で最短で最善のアトピー完治の具体的なステップ
  3. 乳児の頃から保湿をするとアトピー発症率30%減!おすすめの保湿剤は?
  4. アトピーでまぶたの腫れ・かゆみ&赤みに悩んだら
  5. 【保存版】アトピー肌におすすめ!日常的なスキンケアの方法とは?

専門家も認めたNo.1対策

ページ上部へ戻る