menu
閉じる
  1. アトピー肌の美容液選びの際に注意すること3点
  2. アトピーで陰部がかゆい場合の対処法
  3. 乳児のアトピー性皮膚炎!原因や対策は?
  4. 現時点で最短で最善のアトピー完治の具体的なステップ
  5. トラブル肌の色素沈着を消す方法まとめ【最新版】
  6. アトピーで脇がかゆい・臭い・黒ずみの対策として有効なのは?
  7. アトピー治療に使われるステロイドとは?副作用があるって本当?
  8. 乳児の頃から保湿をするとアトピー発症率30%減!おすすめの保湿剤は?
  9. 首アトピーのかゆみや色素沈着・しわの原因と対策
  10. アトピーと食事の関係-食べていいもの悪いもの
閉じる
閉じる
  1. トラブル肌の色素沈着を消す方法まとめ【最新版】
  2. 現時点で最短で最善のアトピー完治の具体的なステップ
  3. アトピーの黒ずみ・色素沈着を消す最新の改善策
  4. 乳児の頃から保湿をするとアトピー発症率30%減!おすすめの保湿剤は?
  5. アトピーでまぶたの腫れ・かゆみ&赤みに悩んだら
  6. 大人の肌にも!ベビーローションのドルチボーレミルキーがおすすめの理由
  7. アトピー肌を上手にカバー・改善のためのメイク方法とは?
  8. 乾燥がひどくなる時期、アトピー肌のスキンケアは何が効果的?
  9. アトピーとニキビが併発!効果的な予防や対処法とは?
  10. 【決定版】アトピー肌に目立つ毛穴の正しいケア方法を知ろう!
閉じる

ハダノコト

アトピー改善に必要な栄養素とそのサプリメントまとめ【保存版】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アトピーとサプリ

アトピー性皮膚炎の改善のためには、腸内環境の改善がとても大切だというのはよく言われていることです。
アトピーに必要かつ効果的な栄養素は複数存在します。
乳酸菌については、アトピーの改善に役立つと近年の研究でも注目されています。
亜鉛も皮膚の炎症を改善してくれますし、腸内環境を整える善玉菌を増やす菌成分には乳酸菌オリゴ糖があります。
あなたのアレルギー体質の原因を解消するためには、サプリメントを摂取することが大切です。

そこでこのページでは「一つ一つ成分を調べるのはメンドクサイ」を解決するため、アトピー完治に必要な栄養素を徹底調査してきました!

アトピーの原因には腸内環境が関係している?

臭いに悩む女性

アトピーの原因は、はっきりと断定できるものは解明されていないのが現状ですが、腸内細菌が原因の一つとも言われています。
食文化が和食中心の生活から欧米化してきたことにより、腸内の善玉菌と悪玉菌のバランスが崩れ、免疫機能を低下させたのではないかと言われています。
アトピーと腸は密接な関係にあります。

参考記事:アトピーは腸内環境を整えることで改善する

 

不足しがちな栄養素はサプリメントで補おう!

サプリメントで摂ればいいと気づく女性

アトピー治療のため、食事制限をしなければならないという方も多いと思いますが、そうすると、どうしても栄養がかたよってしまいがちになります。

特に、ビタミンやミネラルは、不足すると体調にも影響しやすく、そうなるとアトピーも悪化しやすいのです。
また、アトピー肌にとって必要な栄養素や、体の中からのアトピー対策になるようなものもあります。

医師から処方してもらうステロイド剤だけではなく、サプリメントも上手に使い、体質を改善し免疫力を上げて体の中からもケアしていくことをおすすめします。

アトピー改善に効果のあるサプリ栄養素一覧

サプリメント

アトピー性皮膚炎を早く治すためには、症状の元となる体の中の部分、つまり、体内の免疫力をアップするための体質の改善が必要となってきます。ですから、ステロイドだけに頼らず、必要な栄養素をとることが大事です。

ただ、食事だけではなかなかまかないきれない場合があります。そんな時は、サプリメントを上手に使い、体の中からもケアしていくことが重要です。

最近の研究では、アトピー性皮膚炎などのアレルギーに効果のある成分が発見され、サプリメントにも取り入れられるようになってきました。ただし、サプリメントの効果には個人差があり、誰にでも同じような効果が現れるとは限りませんのでご注意ください。ここでは、アトピーに良いという栄養素をご紹介します。

乳酸菌

メリットが多く、副作用もない乳酸菌は、現在、一番注目が集まっている成分です。
アトピーになると腸の壁がもろくなり、そこからアレルゲンが侵入してきます。
乳酸菌は、腸内の善玉菌を増やすことにより腸の壁を修復させ、免疫力を高めてくれる働きがあります。
腸内環境を向上させる働きにより、白血球の一種である、「マクロファージ」を活性化させ、消化吸収が促進されます。
また、病原菌の侵入を防いだり、アレルギーの発症に関わるとされている、ヘルパー細胞のバランスを整えたりします。

参考記事:なぜ乳酸菌がアトピー改善に一役買うのか?

マルチビタミン&ミネラル

さまざまなビタミンやミネラルをバランスよく配合しているので、アトピー治療のために食事制限をしている方や、カロリー制限をしている方などにはとても便利です。

ビタミンB群

体内改善のサプリ

・ビタミンB12
アトピーによる炎症を悪化させる原因となる、一酸化窒素を除去してくれるビタミンです。
厚生労働省が定めているビタミンB12の1日の栄養所要量は、2.4μg(マイクログラム)ですが、アトピーの治療には、1000μg程度は摂取しないと効果が出ないという医師もいます。
このビタミンは、ほかのビタミンB群とともに摂取すると、より効率よく働きますが、ビタミンCを3グラム以上一度にとるときは、ビタミンCによってビタミンB12が破壊される恐れがあるので、3時間以上間隔をあけてとるようにしてください。

・ビタミンB1
このビタミンは、副腎の働きを促し、アレルギー治療に使う薬、ステロイド剤に含まれている、副腎皮質ホルモンと同様のホルモンを作る働きを活発にしてくれます。
自分の体で副腎皮質ホルモンを作るわけですから、薬を使うよりもずっと安心ですね。
ビタミンCといっしょにサプリメントで摂れば相乗効果が期待できます。

・ビタミンB5
ビタミンB1と同じ働きもしますが、体にとって最も大切な代謝反応に必要な成分でもあるので、十分に補う必要があり、1日に必要な摂取量は50mgといわれています。
また、体内の有害物質の解毒の効果もあり、アトピーによく併発するヘルペスに対しても効果的です。

・ビタミンB2

甲状腺にも大切なビタミンで、ビタミンB2が不足すると、皮膚炎や舌炎を起こします。
また、アトピーの方に多い、赤ら顔を改善する働きがあります。
1日の摂取量は、50mgですが、水溶性ですから、大量にサプリメントで摂っても心配ありません。
ビタミンB2やビタミンB1は、特に豚肉やモツに多く含まれているのですが、アトピーの人は、このような肉類をひかえなければいけないことが多いので、積極的にサプリメントから補うことをおすすめします。

・ビタミンB6

肌や髪にうるおいをもたらす、セラミドの生成や、シミを取り除き、美白効果のあるアミノ酸、システインの生成に必要なビタミンです。
また、ビタミンB2と同様、赤ら顔を改善する働きがあります。

しかし、母乳をつくるためのホルモンの分泌を抑制するため、授乳期の女性が1日に25mg以上摂ると、母乳の出が悪くなることがあります。

ビタミンC

保湿成分で潤う肌

とても強い抗酸化作用のあるビタミンで、皮膚のバリア機能を低下させる活性酸素を取り除いてくれると言われています。
また、副腎が副腎皮質ホルモン(ステロイド)をつくりだすのも手助けしてくれます。

肌の表面にある角質層のさらに奥には、皮膚を下から持ち上げて支える役割を果たす真皮層があります。
その真皮層には、肌の弾力を保つためのコラーゲンが多く含まれていますが、加齢や乾燥などの刺激によりコラーゲンの量が減少して肌にハリがなくなってしまいます。
乾燥していたり、炎症を起こしているアトピー性皮膚炎の肌の場合も、ステロイド剤で新たな皮膚細胞を作り出す力を抑制されてしまうこともあって、コラーゲンの量が減り、皮膚が薄くなっています。

 

ビタミンCは、美肌に効果的だということでよく知られていますが、これはビタミンCが真皮層内で不足しているコラーゲンを作り出す働きを助ける作用があるといわれているからです。
そして、コラーゲンは、肌の新陳代謝(ターンオーバー)を活性化する働きがあるのです。
なので、サプリメントを摂るならビタミンCがおすすめです。
肌の最も真皮に近い層で作られた新しい細胞が、少しずつ肌の表面に向かって押し上げられていき、やがて、平べったい角質となります。
これは角質層と呼ばれ、肌の表面で身体を守るバリアーとして働きます。
この時、古い細胞ははがれ落ち、肌の細胞が生まれ変わります。
このような肌の正常なターンオーバーが促されることで、色素沈着して黒ずんだ肌細胞から白く美しい肌細胞へと生まれ変わり、美白や美肌が実現するのです。

 

新陳代謝で綺麗な肌

さらに、ビタミンCには炎症を鎮める作用があり、特に赤みの強い肌に効果が高いと言われています。
このように、ビタミンCは、美白や肌のハリを取り戻したい方だけではなく、アトピー性皮膚炎などの皮膚疾患で悩む人にも効果的な肌のためのサプリメントとして有能なのです。
しかし、ビタミンCは、私たちの体内ではつくることができません。
ですから、ビタミンCを効果的にサプリメントとして摂り入れることで、肌が本来持っている「健康な状態にしようとする力」を引き出すことが大切です。

この副腎皮質ホルモンは、自分自身の体内で作られる物質ですから、当然、塗り薬や飲み薬を使用したときのような副作用はありません。

またビタミンCは副腎の機能もサポートします。アトピー性皮膚炎の患者さんによく処方されるステロイド剤は、体内の副腎で作られる、副腎皮質ホルモンと同じような働きを持つ薬です。

炎症を鎮める即効薬であるステロイド剤ですが、浸透力が強く、皮膚深部にも入り込み、血液の中に混じって全身に入り込みます。
すると、体内でステロイドを作っている副腎が、ステロイドを生産するのを止めてしまいます。

そして、ステロイド剤の使用を止めても、なかなか副腎が再稼動してくれないのです。
すると、皮膚の炎症を鎮める手立てがなくなってしまい、前よりも酷い症状に悩まされるということになってしまいます。
ですから、炎症を鎮めるには、副腎がステロイドを安定的に十分に出せるようにしなければなりません。

 

実は副腎は、人間の体の中で最もビタミンCを使う器官だと言われており、副腎が正常な機能を果たすためにはビタミンCをたくさん摂取することが有効となるのです。
ステロイド剤を使わずにアトピー性皮膚炎を治療する方針のクリニックの中には、ビタミンCを高濃度で配合した点滴薬を使って副腎機能をアップさせ、皮膚炎を抑える方法をとっているところもあります。

ビタミンCで癒される男性
心理的ストレスがかかると、副腎の副腎皮質ホルモン(通称ステロイドホルモン)が分泌され、ストレスに体が対応できるように、血糖値を上げたり、血管を拡張して 血液を送る能力を高めたりして、何とかして強いストレスに対抗しようと作用します。
普段からストレスの多い生活をしていると、ステロイドホルモンがたくさん必要となるわけですが、ステロイドホルモンの材料となるビタミンCやビタミンEなどが不足すると、満足にホルモンを分泌できず、皮膚炎が悪化する恐れがあります。
テスト前や受験期、環境が変化した時期など、強いストレスを感じた時にアトピーの症状がひどくなる人が多いのはそのためです。
ビタミンCは、アトピー性皮膚炎の症状を悪化させないようにするためには欠かせないビタミンなのでサプリメントで摂ることをおすすめします。

ビタミンD3

汗をかく夏

動物性食品からコレステロールとして体内に取り込まれたビタミンDが、体に日光を浴びることにより、ビタミンD3に変わります。
ビタミンD3は、骨粗鬆症やがん予防、不眠症やアトピーの改善に深く関わっているといわれており、1日の摂取量の目安は、1000~2000IUだそうです。

現代人はビタミンDが不足しがちだそうですが、食事制限をしていたり、あまり外出しないアトピーの方は、特に不足している傾向が強いそうです。

亜鉛(銅入り)

便秘とアトピー

亜鉛は、300種類の酵素を体の中で作り出すために必要な、大切なミネラルです。
皮膚のコラーゲン生成にも重要な役割を果たすので、アトピーで痛んだ皮膚を新しい皮膚に修復するのに役立ちます。

また、アトピーの人は、ヘルペスや水イボなどのウイルス性の皮膚病にかかりやすのですが、 亜鉛はこのようなウイルスに対する免疫力を強化してくれます。
1日の摂取目安量は、15~30mgです。

また、銅と亜鉛は構造がよく似ているため、亜鉛をたくさん摂ると、銅の相対的不足が起こることがあるので、亜鉛のサプリメントを服用する際は、同時に銅を摂るようにしてください。

亜鉛と銅の摂取比率は、亜鉛15に対し、銅1の割合が理想です。
亜鉛は、長期間摂取し続けると、副作用が現れることがあるので、慎重に摂取してください。

参考記事:亜鉛についてもっと詳しく

カルシウム

カルシウム

アトピーで悩む方は、肉や乳製品、魚などを食べることができない方も多く、そうすると、特にカルシウムが不足してしまいます。
そのため、サプリメントで補うことが必要となってくるのです。
ちなみに、牛乳をいくら飲んでも、含まれているカルシウムを体内に取り込むことはできません。

牛乳を飲んでいるからと安心してしまうからか、逆にカルシウム不足を起こすといわれており、骨粗鬆症のリスクが高くなるということもわかっています。
また、サプリメントに頼るのは、アトピーが治ったら、サプリメントに頼るのはやめ、できるだけ食事から栄養素を摂るようにしましょう。

ビオチン

炎症を防ぎ、かゆみのもとになる化学物質の生成を阻害する働きがあります。
また、ビオチンのサプリメントを飲めば皮膚の基底細胞の下にある毛細血管を丈夫にして血流を増やし、新しい皮膚の生成を促してくれます。

参考記事:腸内環境を改善してくれるビオチン療法とは

セラミド

皮膚の一番表面の角質細胞にある脂質の一種で、水分保有能力が非常に高く、皮膚の保湿のために大切な物質です。
しかし、アトピー患者さんの皮膚は、このセラミドの量が少なく、その代わりに、水分保有能力の低い脂質でいっぱいになっています。
そうなると、角層が固くなるので、簡単な刺激で傷がつきバリア機能が失われてしまうのです。

プラセンタ(胎盤エキス)

プラセンタ

プラセンタには、免疫抑制物質が含まれています。また、炎症を抑える作用や抗アレルギー作用、自律神経調節作用、細胞活性化作用、血行促進作用もあります。
これらの作用が白血球の働きを正常にし、白血球が異常なリンパ球を排除する手助けをします。そして、炎症を促進させる活性酸素を取り除き、症状を改善します。
さらに、健康な皮膚を保つために必要なコラーゲンやヒアルロン酸などを作り出す手助けをしたり、皮膚表面の細胞を増やすことで、健康な皮膚を再生します。

参考記事:プラセンタ成分についてもっと詳しく知る

ルイボス

活性酸素を分解する強力な力があり、これによって、過酸化脂質が減少し、炎症が抑えられます。
また、亜鉛も含まれているので、皮膚の新陳代謝を正常にし、修復する効果もあります。

DHA・EPA

アレルギー症状を引き起こす物質が作られるのを抑制する働きがあるほか、炎症を抑える働きをするビオチンの効果も高めるので、相乗効果により、アトピー性皮膚炎の症状が改善されます。

また、EPAには皮膚を厚く丈夫にする効果があるので、皮膚表面からのアレルギー物質の進入を防いでくれます。

近年、アトピー改善に注目されているのは乳酸菌サプリ!

水素水に喜ぶ女性
アトピーにいいと言われている成分について、いろいろとご紹介をしてきました。しかし、実際その中からどの成分を補ったらいいか、迷ってしまいますよね。自分にはどれがいいのかわからないという方や、迷ってしまったという方については、まずは乳酸菌から取り入れてみることをおすすめします。

 

乳酸菌は近年の研究において、アトピーに効果があると注目されています。
なぜ乳酸菌が注目され始めているかと言うと、腸内環境を整え、免疫力を高める働きがあるということがわかってきたからです。
乳酸菌の働きによって腸内の善玉菌を増やし、腸の調子を整えることで、肌の調子が改善されていきます。

 

腸内改善については、すぐに結果が出るものではありません。まずは2週間〜1ヶ月間ほど試してみて、腸のお通じの様子や肌の調子を観察してみましょう。自分の腸や肌に合ったものを長期的に取り入れていくことが大切です。

 

アトピー向けに作られている乳酸菌の人気のサプリメントをご紹介します。

 

アトピーにおすすめのサプリランキング

rank1_a

乳酸菌サプリ【アレルナイトプラス】

point1
植物由来の乳酸菌サプリ!ビオチン・ビタミン群などの嬉しい美容成分も♪
line2

アレルナイトプラスは、乳酸菌に加えて、美肌に良いと言われているビオチン・ビタミン群などの美容成分も配合されています。これらの成分は先ほどご紹介したように、アトピー改善にもいいと言われている成分です。効率的にさまざまな成分を摂取できるおすすめのサプリメントです。

point2
アトピー・アレルギーの方に圧倒的人気!TVや雑誌でも紹介されています
line2

アレルナイトプラスは、アレルギー特定原材料27品目不使用、ステロイド不使用、そして無添加、日本製、栄養機能食品という側面を持っており、アレルギーのある方やアトピーの方に圧倒的に支持されているサプリメントです。多くの有名雑誌やサイト、新聞などで数多く取り上げられている実績もあります。


button_002

 

rank2_a

善玉元気
zen
point1
圧倒的信頼&効果のしるし!
line2
善玉元気は乳酸菌発酵エキスを配合した補助サプリメントです。サプリと言いますかゼリー状のモノになっています。
乳酸菌は腸を整えるのですが、腸内環境の改善が内側からアトピーを改善していくのに一番の近道だといわれており、実際に腸内環境を整えてアトピーが改善していった人は非常に多いです。

善玉元気は、厚労省GMPの認定工場であり特許も持っていたりと、商品の信頼が非常に高いです。

point2
ポリフェノールも入り、無添加処方!
line2
ポリフェノールなど、エイジングケアエキスも入っており、肌の若返りを実現します。乳酸菌発酵エキスと抗酸化ポリフェノールの効果で腸内環境を整え肌も整えるWアプローチを行います。


button_002

rank3_a

生命の乳酸菌

seimei

point1
ダイエットとアトピーが改善が両立?
line2

アトピーは腸内環境を整えることで改善していくことがわかっていますが、そのためには悪玉菌を減らし善玉菌を多くすることが大切です。
悪玉菌が増えるとすっきりしなかったり、美容面の不調が出てきたり、もちろんアトピー肌がひどくなったり、そして太りやすくなります。

point2
腸まで確実に届く乳酸菌
line2

乳酸菌はただ取ればいいというものではなく、乳酸菌は熱と胃酸に弱いのです。そのため、腸に届くまでに溶かされることがあります。
その点生命の乳酸菌は熱に強い7種類の乳酸菌を配合しているサプリですので、きちんと腸まで届けます。


button_002

自然治癒力を高める、内側からアトピー改善サプリメントランキング

参考リンク

この記事の編集チーム→詳しくはこちら

公益社団法人日本皮膚科学会
日本美容皮膚科学会
日本形成外科学会
日本レーザー医学会
日本レーザー治療学会
日本抗加齢医学会
日本臨床皮膚科医会
日本東洋医学会
日本医師会

関連記事

  1. アトピー完治ランキング

    アトピーの人が選ぶ水素水効果ランキング【ベスト3】

  2. アトピー完治ランキング

    アトピーの人が”スグにでも”飲むべきサプリランキング【ベスト3】…

  3. アトピー完治ランキング

    アトピー美容液・化粧水口コミランキング【最新版】

  4. 保湿成分で潤う肌

    【厳選】アトピー肌で使える保湿ボディクリームランキングTOP3!…

  5. アトピー肌におすすめの日焼け止めTOP3!選び方のポイント

  6. アトピーと石鹸

    赤ちゃんも使用OKのアトピー石鹸・ボディソープ紹介

おすすめ記事

  1. トラブル肌の色素沈着を消す方法まとめ【最新版】
  2. 現時点で最短で最善のアトピー完治の具体的なステップ
  3. 乳児の頃から保湿をするとアトピー発症率30%減!おすすめの保湿剤は?
  4. アトピーでまぶたの腫れ・かゆみ&赤みに悩んだら
  5. 【保存版】アトピー肌におすすめ!日常的なスキンケアの方法とは?

専門家も認めたNo.1対策

ページ上部へ戻る