menu
閉じる
  1. アトピー治療に使われるステロイドとは?副作用があるって本当?
  2. アトピーで陰部がかゆい場合の対処法
  3. アトピーでまぶたの腫れ・かゆみ&赤みに悩んだら
  4. アトピーがかゆくてひどくて眠れない時の対処法
  5. アトピーの肌荒れ対策【完全版】ー顔や体の治し方・改善策
  6. 【厳選】アトピー肌で使える保湿ボディクリームランキングTOP3!
  7. 首アトピーのかゆみや色素沈着・しわの原因と対策
  8. 顔のアトピーってどんなもの?原因と症状・治し方
  9. 乳児のアトピー性皮膚炎!原因や対策は?
  10. アトピー肌の美容液選びの際に注意すること3点
閉じる
閉じる
  1. トラブル肌の色素沈着を消す方法まとめ【最新版】
  2. 現時点で最短で最善のアトピー完治の具体的なステップ
  3. アトピーの黒ずみ・色素沈着を消す最新の改善策
  4. 乳児の頃から保湿をするとアトピー発症率30%減!おすすめの保湿剤は?
  5. アトピーでまぶたの腫れ・かゆみ&赤みに悩んだら
  6. 大人の肌にも!ベビーローションのドルチボーレミルキーがおすすめの理由
  7. アトピー肌を上手にカバー・改善のためのメイク方法とは?
  8. 乾燥がひどくなる時期、アトピー肌のスキンケアは何が効果的?
  9. アトピーとニキビが併発!効果的な予防や対処法とは?
  10. 【決定版】アトピー肌に目立つ毛穴の正しいケア方法を知ろう!
閉じる

ハダノコト

医者だけに依存せず、自己治癒力を高めたい全ての方へ。

今では現代病とも言われているアトピー。年齢や性別にかかわらず、多くの人がアトピーに悩んでいたり、大人になってから急に出始めたという声も少なくありません。アトピー肌を改善し、健やかな肌質へと変えていくため、ライフスタイルの中に取り入れ…

この記事の執筆責任者当サイト総合運営責任者 藤田 美智子 慶応大学医学部卒業後、某有名医学部附属病院にて研修。 その後、大学病院・関連病院にて研鑽を積む。 東京、神奈川の皮膚科を経営する傍ら、アトピー改善のための…

ステロイドはアトピー治療やその他の皮膚炎症の症状を抑えるために処方される薬です。基本的にはローションや軟膏などの外用薬が多いですが、重症化すると点滴で直接的に血液に流し込むこともあります。ステロイド薬は即効性に長けた抗炎症薬なので、アト…

アトピーの皮膚は刺激に弱いので、使用する洗剤や石鹸によっては皮膚炎症を起こしてしまうこともあります。特に、乳児の皮膚は大人の半分ほどの薄さなので、些細なことでアトピー症状が悪化してしまうほど繊細です。保湿剤や抗炎症薬は病院で処方され…

アトピー肌の方は肌に潤いがなく、すぐに乾燥してしまいがちです。これらを対処するために効果的なのが「セラミド」です。そもそも、アトピー肌の乾燥原因は、このセラミド成分が不足しているためと言われています。セラミドは、保湿剤や化粧水などでもよ…

アトピー性皮膚炎では、様々な症状が出ますが、中でも色素沈着に悩まされている方は多いのではないでしょうか。肌のかゆみを我慢できず、かきむしっているうちに肌が黒ずんでしまった・・・という声はアトピー患者からよく聞きます。アトピーについて…

乳児アトピーの赤ちゃんや両親に食物アレルギーがある場合は、離乳食をきっかけにアトピーが悪化したり、発症する可能性があるので注意して進める必要があります。しかし、いつまでも母乳やミルクだけで栄養を摂るわけにはいかないので、アトピー症状を誘発し…

患者数の増加に比例して、アトピー治療に効果がある薬や療法も年々増えています。アトピーの治療には、主に皮膚炎症を抑制する外用薬と保湿剤が使用されますが、必要に応じて内服薬も同時に処方されることがあります。それぞれに役割があり使用方法や気を…

赤ちゃんは皮膚の機能が未熟で薄いので、乳児湿疹や汗疹、オムツかぶれなど、さまざまな皮膚トラブルに悩まされます。症状の出る位置によって、ある程度は原因を特定できますが、赤ちゃんの肌はデリケートで些細な刺激によって炎症が起こるので、原因…

アトピーの方は日頃から、かゆみや湿疹、肌の色素沈着などさまざまな悩みがありますよね。そんな中で、新たに別の症状が出てしまった・・・という方や、別の病気にかかってしまった・・・といったことで悩んでいる方も多いのではないでしょうか?アトピー…

さらに記事を表示する

当サイトが一番おすすめするアトピークリーム

ページ上部へ戻る