menu
閉じる
  1. 【厳選】アトピー肌で使える保湿ボディクリームランキングTOP3!
  2. 首アトピーのかゆみや色素沈着・しわの原因と対策
  3. 乳児の頃から保湿をするとアトピー発症率30%減!おすすめの保湿剤は?
  4. アトピーと食事の関係-食べていいもの悪いもの
  5. 乳児のアトピー性皮膚炎!原因や対策は?
  6. アトピーの肌荒れ対策【完全版】ー顔や体の治し方・改善策
  7. アトピー治療に使われるステロイドとは?副作用があるって本当?
  8. 顔のアトピーってどんなもの?原因と症状・治し方
  9. アトピーで陰部がかゆい場合の対処法
  10. 【保存版】アトピー肌におすすめ!日常的なスキンケアの方法とは?
閉じる
閉じる
  1. トラブル肌の色素沈着を消す方法まとめ【最新版】
  2. 現時点で最短で最善のアトピー完治の具体的なステップ
  3. アトピーの黒ずみ・色素沈着を消す最新の改善策
  4. 乳児の頃から保湿をするとアトピー発症率30%減!おすすめの保湿剤は?
  5. アトピーでまぶたの腫れ・かゆみ&赤みに悩んだら
  6. 大人の肌にも!ベビーローションのドルチボーレミルキーがおすすめの理由
  7. アトピー肌を上手にカバー・改善のためのメイク方法とは?
  8. 乾燥がひどくなる時期、アトピー肌のスキンケアは何が効果的?
  9. アトピーとニキビが併発!効果的な予防や対処法とは?
  10. 【決定版】アトピー肌に目立つ毛穴の正しいケア方法を知ろう!
閉じる

ハダノコト

乳児の頃から保湿をするとアトピー発症率30%減!おすすめの保湿剤は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アトピーは一度発症すると完治するまでに時間が掛かります。乳児アトピーの場合は、赤ちゃんが自分の肌を掻いて傷つけてしまったり、傷つかないようにミトンを付けてもストレスを感じてしまいます。最近では、アトピー治療方法も進歩し、治らない病気ではなくなりつつありますが、できることなら最初からアトピーにならないよう対策を取りたいですよね。

 

この記事の執筆責任者
hito3当サイト総合運営責任者 藤田 美智子
慶応大学医学部卒業後、某有名医学部附属病院にて研修。
その後、大学病院・関連病院にて研鑽を積む。
東京、神奈川の皮膚科を経営する傍ら、アトピー改善のための講演を全国で行っている。

 

実は、乳児の頃から保湿をしておくと、アトピーの発症率を防げると言われています。つまり、赤ちゃんにとって、保湿をしてあげることはとても大切です。ここでは、効果的に保湿を行うためのポイントや、赤ちゃんでも使えるおすすめの保湿剤についてご紹介していきます。

乳児の頃から保湿をするとアトピーが発症しない?

赤ちゃんの頃から全身の保湿を続けていると、乳児アトピーの発症率が30%も下がるというデータを、2014年に国立成育医療研究センター生体防御系内科部アレルギー科医長が発表しています。

昔から、アトピーを予防する方法として、妊娠中に牛乳や卵を飲まないなど、根拠のない噂は多数存在していましたが、データとして発表されたため、信頼性があります。

 

アトピーを発症する理由は様々ですが、両親や兄弟にアトピー患者がいた場合は、高確率で遺伝する可能性があります。

アトピーとは肌のバリア機能が低下し、身体に害のない些細な刺激に対してもアレルギー反応を起こしてしまう体質のことなので、花粉症や食物アレルギーも、症状の現れ方が異なるだけで同じアレルギー体質なのです。

 

アトピー肌の赤ちゃんは、皮膚が薄いだけでなく、肌のバリア機能が非常に低く、炎症を起こしやすい状態です。

その繊細な肌からダニや食物などのアレルギー物質が入り込むことによって、免疫反応が過剰に反応しアレルギー反応を引き起こすのです。このようにバリア機能の低下した肌にアレルギー物質が入り込み、アトピー症状を引き起こすことを経皮感作と呼びます。

経皮感作を防ぐために、低下した肌のバリア機能を補う必要があります。赤ちゃんの肌が乾燥する前に保湿剤を塗って保護すると、アレルギー物質が直接肌に触れることがないので、経皮感作が起こらないのです。

保湿剤は病院から処方されたものが価格面でも効果面でも最適ですが、市販されている赤ちゃん用の保湿剤でも問題はありません。

 

実験では、家族にアトピー患者のいる118人の新生児を、乾燥した部分にだけワセリンを塗るグループと、毎日1回以上全身に保湿剤を塗るグループに分けて半年間経過を見ました。

結果、毎日全身に保湿を行ったグループの赤ちゃんの方が、アトピー症状の発症率が30%も低いことが分かったのです。

 

さらに、赤ちゃんの頃から毎日保湿を行っていると、赤ちゃん自身も身体に保湿剤を塗られることに慣れるので、成長してからも抵抗なく続けられます。

ただでさえ忙しい育児に、作業が一つ加わるのは大変ですが、乳児アトピーではない赤ちゃんの肌も保湿は大切なので、実践する価値がありますよ。

乳児への効果的な保湿のポイント

乳児アトピーの赤ちゃんには毎日こまめな保湿が必要ですが、赤ちゃんが成長するにつれて、保湿作業も大変になってきますよね。アトピー症状がしばらく出なくなると保湿を卒業しても良いのではないかと思いますが、何歳まで保湿をする必要があるのでしょうか。

また、成長して保湿を嫌がる赤ちゃんには、どのような対策をすればよいのでしょうか。

何歳まで保湿が必要?

産まれて1年以内の赤ちゃんの肌は乾燥しやすく、アトピー症状も現れやすい状態なので、毎日の保湿はもちろん乾燥しやすい季節や、体調を崩したときはこまめな保湿が大切です。

アトピー症状が一定期間治まっていても肌のバリア機能はまだまだ低いので、保湿を辞めると皮膚炎症が現れる可能性があります。

 

乳児アトピーの赤ちゃんは腸の発達が未熟なので、離乳食の開始は8カ月ごろからが理想的ですが、離乳食が始まると食物アレルギーなどによってアトピー症状が現れる可能性があります。

母乳やミルク以外の食事が安定し、腸も正常に機能し出すには、早くても2歳ごろまで掛かるので保湿も継続する必要があります。

 

3歳になると肌のバリア機能や腸の発達も大人に近づいてくるので、少しずつ保湿を卒業することもできます。しかし、肌や腸の状態には大きな個人差があるので、子供の様子を観察しながら少しでも乾燥や炎症が見られたら保湿できるよう保湿剤を用意しておいてください。

保湿はいつまで続けていても問題はないので、負担にならなければ成長しても継続した方が安心です。親と子の触れ合いにもなりますし、大きくなれば自分でも保湿できるようになります。

保湿を嫌がる赤ちゃん

栄養不足の赤ちゃん半年を過ぎると赤ちゃんにも自分の意志がしっかりと現れるので、保湿作業を暴れて嫌がるようになる子もいます。保湿を嫌がるからと言って辞めてしまうとアトピー症状を引き起こす原因になるので諦めず行いましょう。

赤ちゃんを抑えつけると抵抗が激しくなるので、お気に入りのおもちゃで気をそらしたり、赤ちゃんをくすぐったり、歌を歌って保湿作業が楽しい時間だという印象を持たせると効果的です。

 

2〜3歳頃になるとコミュニケーションもスムーズに取れるようになるので、保湿剤の塗り方を教えてあげると自分でも保湿作業をしてくれるようになります。

注意をすると嫌になってしまうので、保湿剤を多く取り過ぎたり髪の毛に塗ったりしても褒めてあげるように心掛けてください。

 

夏場の汗を掻きやすい時期にも冬と同じクリームタイプの保湿剤を塗ると、ベタベタした使用感を嫌がる可能性があります。夏場はローションやジェルタイプの保湿剤を使用し、乾燥しやすい時期になったらクリームタイプに切り替えるなど保湿剤の使い分けをしてください。

保湿剤の成分

乳児アトピーの赤ちゃんに使用する洋服の繊維や洗剤の成分は、詳しく調べてから選びますが、肌に直接塗りこむ保湿剤こそ皮膚への影響力が強いので効果のある成分を知っておきたいものです。バリア機能の低い肌を保護するために塗る保湿剤には、有効成分がいくつも含まれていますが、皮膚の水分量を保つための成分には何があるのでしょうか。

 

セラミド

セラミドは肌のバリア機能である細胞間脂質の主成分であり、肌自体の水分を保つ役割を担っています。アトピー肌はセラミドが少ないので、肌のバリア機能が低下し、刺激に過剰に反応するようになります。そのため、セラミドを含んだ保湿剤を使用し補うことで、皮膚の水分量を一定に保つ必要があるのです。

 

肌に元々ある成分なので皮膚を刺激することもなく、使用感もサラッとしているので、保湿剤に使用されている成分の中でも使いやすいのがセラミドです。アトピー肌には元々少ない成分ですが、加齢と共にさらに減少していくので、アンチエイジングに効果的な保湿成分として注目を集めています。

参考記事:アトピー肌の乾燥の原因はセラミド不足だった!

グリセリン

グリセリン肌の水分を保つ役割だけでなく、皮膚を柔らかくする効果もある成分です。アトピー肌は、乾燥や炎症によって硬化しやすいので保湿剤が浸透しにくいですが、グリセリンを含んだ保湿剤を使用すれば肌が柔らかくなるので浸透率が上がるのです。さらに、吸水性もあるので空気中の水分を肌に取り込む効果も期待できる優れた保湿成分です。

 

また保湿剤は気温が低いと硬く伸びにくくなるので塗るのが困難ですが、グリセリンは低い温度でも固まりにくい性質があるので、冬場でも伸びの良い状態を保つことができます。

様々な成分と混ぜ合わせることができるので、セラミドと同じく大人の化粧水にも頻繁に使用されています。

 

ヒアルロン酸

肌内部の真皮層という部分にはコラーゲンエラスチンなど、肌を正常に機能させる成分がありその成分と成分の間に水分を蓄えて皮膚の内部までしっかりと潤わせてくれるのがヒアルロン酸です。

肌表面の保湿だけをしていても内部のヒアルロン酸が不足していては乾燥肌を改善することはできません。

 

保湿剤には、ヒアルロン酸を含んだ製品を選ぶべきですが、表皮から肌内部まで浸透させるだけでは成分が届きにくいのが難点です。

あまりにも乾燥が著しい場合には皮膚に塗るのではなく、ヒアルロン酸を含んだサプリメントで体内からヒアルロン酸を取り入れることもあります。

赤ちゃんでも使える保湿剤の選び方

赤ちゃんの場合は、皮膚がとても薄いので、その分刺激にも敏感です。そのため、大人よりもさらに保湿剤の選び方には注意しなければいけません。

アトピーに効果がある保湿成分について紹介をしてきましたが、一番大切なことはアトピー肌にとって刺激のない成分の保湿剤を選ぶことが大切です。

 

多くの市販化粧品には、合成界面活性剤などの成分が含まれていることが多くあります。この合成界面活性剤や、着色料香料などはアトピーにとって負担となりやすい成分です。肌がかぶれたりかゆみが出る原因となりますので、これらの成分が入っていないものを選ぶようにしましょう。

 

赤ちゃんでも使える保湿剤として圧倒的に人気なのは、【アトピスマイル クリーム】img border=”0″ width=”1″ height=”1″ src=”https://www15.a8.net/0.gif?a8mat=2HWRMQ+587S8Y+2YJ0+6DZBM” alt=””>です。
アトピスマイルクリームは無香料・無着色で、もちろんステロイドは使用していません。

しかし、アトピーによるかゆみに悩まされていた生後数ヶ月の赤ちゃんに試したところ、薬では一時的にしか抑えられなかったかゆみが改善されてきたという保護者からの声が多く寄せられました。

アトピスマイルクリームは、従来の保湿剤のように肌表面を潤すのではなく、肌の基底層に浸透させることで、肌そのものが水分を保てるように改善していきます。アトピーの方に圧倒的支持があり、赤ちゃんでも使える保湿剤の中でも大変信頼されています。

※報道ステーションで紹介されました※

 

アトピスマイルクリーム公式サイトで詳しく>>

大人でも、肌に合う化粧品などがあるように、赤ちゃんもそれぞれの肌に合った保湿剤があります。新しい保湿剤を試す前に、必ず腕の内側パッチテストを行い、肌に合っているかどうかや、保湿効果が高いかどうかを確かめるようにしましょう。

 

参考記事:アトピーにおすすめの保湿クリームランキング

 

乳児アトピーへの保湿の大切さ

保湿は、実験でも明確な結果が出ているアトピー予防策の一つです。バリア機能の低いアトピー肌からアレルギー原因物質が入り込み皮膚炎症を起こす経皮感作を、保湿剤を塗り、肌のバリア機能を補うことで防ぐことができるのです。家族の誰かにアトピー患者がいる場合は遺伝する可能性があるので、赤ちゃんの頃から保湿を1日1回以上行うと効果的です。

 

自分の意志が現れる月齢になると、保湿作業を嫌がる赤ちゃんも多いですが、絵本や遊びなどで誤魔化しつつ楽しい雰囲気を心掛けると比較的スムーズに行えます。皮膚と腸のがある程度成長する3歳頃までは毎日1回以上保湿を行い、それ以降も体調を崩したり肌が乾燥した時はすぐに保湿できる準備をしておくと安心です。

保湿剤の成分には肌表面の水分を保つセラミドや肌内部の潤いを蓄えるヒアルロン酸、アトピーの硬化した肌を柔らかくし、低い温度でも保湿剤を固まらせないグリセリンなどが含まれています。

赤ちゃんに使用する保湿剤を選ぶときには含まれている成分と効果を調べ、余計な添加物が含まれていないか確認してから購入しましょう。

 

参考記事:乳児アトピーの原因と完治のための対策とは?

関連記事

  1. 乳児アトピーの離乳食、アレルギーを起こしやすい食品は?

  2. 耳切れになりやすい赤ちゃん

    乳児のアトピー性皮膚炎!原因や対策は?

  3. 乳児アトピーの赤ちゃんのための石けん・ボディソープ選び

おすすめ記事

  1. トラブル肌の色素沈着を消す方法まとめ【最新版】
  2. 現時点で最短で最善のアトピー完治の具体的なステップ
  3. 乳児の頃から保湿をするとアトピー発症率30%減!おすすめの保湿剤は?
  4. アトピーでまぶたの腫れ・かゆみ&赤みに悩んだら
  5. 【保存版】アトピー肌におすすめ!日常的なスキンケアの方法とは?

専門家も認めたNo.1対策

ページ上部へ戻る