menu
閉じる
  1. 乳児のアトピー性皮膚炎!原因や対策は?
  2. 【厳選】アトピー肌で使える保湿ボディクリームランキングTOP3!
  3. 首アトピーのかゆみや色素沈着・しわの原因と対策
  4. アトピー改善に必要な栄養素とそのサプリメントまとめ【保存版】
  5. 【保存版】アトピー肌におすすめ!日常的なスキンケアの方法とは?
  6. 顔のアトピーってどんなもの?原因と症状・治し方
  7. アトピーで脇がかゆい・臭い・黒ずみの対策として有効なのは?
  8. アトピーでまぶたの腫れ・かゆみ&赤みに悩んだら
  9. 乳児の頃から保湿をするとアトピー発症率30%減!おすすめの保湿剤は?
  10. トラブル肌の色素沈着を消す方法まとめ【最新版】
閉じる
閉じる
  1. トラブル肌の色素沈着を消す方法まとめ【最新版】
  2. 現時点で最短で最善のアトピー完治の具体的なステップ
  3. アトピーの黒ずみ・色素沈着を消す最新の改善策
  4. 乳児の頃から保湿をするとアトピー発症率30%減!おすすめの保湿剤は?
  5. アトピーでまぶたの腫れ・かゆみ&赤みに悩んだら
  6. 大人の肌にも!ベビーローションのドルチボーレミルキーがおすすめの理由
  7. アトピー肌を上手にカバー・改善のためのメイク方法とは?
  8. 乾燥がひどくなる時期、アトピー肌のスキンケアは何が効果的?
  9. アトピーとニキビが併発!効果的な予防や対処法とは?
  10. 【決定版】アトピー肌に目立つ毛穴の正しいケア方法を知ろう!
閉じる

ハダノコト

アトピーが原因のむくみを解消するには?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アトピーとむくみは関係ないと思っていませんか?
実は、2つの症状は大いに関係しているのです。
特に足に水分がたまってしまい、それが原因で太く見えたら恥ずかしいですよね。
どちらか片方を重点的に改善するよりも、アトピー性皮膚炎とむくみ両方に効果のあるカンタンな方法をご紹介します。

アトピーとむくみ

あまり知られていませんが、アトピーになると身体全体がむくみがちになります。
アトピーでのむくみの理由はいろいろ考えられていますが、血管が炎症で拡張すると細胞のあいだに水分が蓄積されて組織全体に水分が一杯になり、むくみの状態になるのです。
アトピーで足の血管が拡張すると、特に負担の大きい足に水分が滞留しやすくて、むくみと同じ状態が発生するのです。
アトピー症状では皮膚がかゆくなるため、掻いてしまうと炎症が起きて皮膚がどんどん赤くなります。
皮膚が赤くなっているということは、血管が拡張しているということなのです。

むくみの対処

chiryo

むくみを抑えるには、なんといっても、かゆいからといって、かきすぎないように我慢することが大事です。
少しでもかきはじめるとますますかゆくなってしまうからです。
どうしてもかゆみが我慢できない時は、たたいて気を紛らすようにするとか、炎症をおさえるために冷たくして痒みを抑えることが有効です。
最初は、なかなかかくのが止められなくても、少しずつかく回数を減らすようにする習慣をつけることで、ずいぶん症状が改善されてきます。
アトピーでのむくみは、むくみを治すというよりも、むしろアトピーを治すことに意識を移しましょう。
また、冬場の乾燥期にはとくに皮膚がカサカサしますので、アトピー症状が悪化します。
肌が乾燥しやすい季節には、クリームやオイルをこまめに塗るなどして、乾燥を防ぐことが大切です。
もし、まだ自分にあった保湿クリームを見つけていない方は、アトピーの方が選ぶ人気の保湿クリームを使ってみることをおすすめします。
このように、アトピーが原因でむくみがある場合には、まずはアトピーを抑えることで自然にむくみもとれるのです。

身の回りの清掃

清掃アイテム

アトピーの状態では免疫反応が過剰になっていて、身のまわりにあるさまざまなものに身体が反応してかゆみ物質を出してしまいます。
人によって反応するものは異なりますが、ハウスダストや髪の毛、じゅうたんなどさまざまなものに反応するのです。
ですから、部屋の中の掃除は入念にすることが効果的ですし、ベットや布団マットレスの掃除も大切です。
また、じゅうたんなどにはダニが繁殖しやすいため、なるべく使用は控えた方が良いかもしれません。

生活習慣の管理

また、生活習慣の乱れも要注意です。
特に、規則正しい生活が大切で、夜更かしや、睡眠不足は良くありません。
ストレスがたまると、ホルモンのバランスが乱れ、免疫調節もうまくいかなくなるのです。
ですから、早寝早起きを基本にして睡眠はしっかりとることがむくみ改善に大切です。

腸内環境の管理

naizou

便秘になると代謝が落ちて、水分の吸収も不足しがちになり、アトピーには良くありません。
野菜、根菜、海藻、豆類など食物繊維をたくさん摂って便秘にならないように気を付けましょう。
便秘になるのは大腸の機能が正常に機能していないからです。大腸の機能低下はアトピーとの関係しており、非常に大切です。大腸を元気にするサプリメントをまず飲み、結果的にアトピーも改善していきましょう。
また、簡単な体操やストレッチ、速足歩きなどお腹に刺激が伝わるようなことがむくみに効果的ですから積極的に摂り入れましょう。

食品での改善

むくみに効果のある納豆
アトピーの改善のために最も有効なことは、お腹の中の健康を保つことです。
お腹の中の乳酸菌やビフィズス菌が増えるとアトピーが抑えられやすいことが報告されています。
乳酸菌が腸の中の免疫細胞に作用して、行き過ぎた免疫反応を抑えるのです。
乳酸菌やビフィズス菌を増やすためには、オリゴ糖や食物繊維をたくさん食べることが必要です。
大豆、ごぼうなどの根菜類、ねばねばした食品、野菜などです。
食物繊維がどのような食品に含まれるかは、調べればすぐにわかりますが、不足している成分の一つですから、むくみ解消のため積極的にとりましょう。

乳酸菌や善玉菌を増やすサプリメントはこちら

また、ヨーグルトなどを積極的に摂ることでも乳酸菌を増やすことも出来ます。
積極的にヨーグルトをとる習慣をつけたいですね。
ヨーグルトでは商品ごとに、使われている乳酸菌が違いますので、いろいろ試してみましょう。
自分に合った乳酸菌があるようでしたら、しばらく継続して使ってみることが大事です。
さらに、むくみ体質では水分をためやすい体質になっていますので、塩辛いものを食べたり、お酒を飲みすぎたりすると体に水分が必要になって、水分をためやすくなりますので、なるべく控え目にすることが大切です。

顔の水ぶくれ解消

アトピーで血管拡張になると、あらゆる体の部分が水膨れを起しがちです。
たとえば、顔がなんとなくむくみがちということがあります。
特に、立って過ごしている昼の時間には気にならなくても、夜からだを横にして休んでいると、立っている時には身体の上には上がりにくい水分が身体全体にいきわたることになりますので、朝起きた時にむくみが目立っていることが多いのです。

hair

ですから、朝起きたら、身体がなんとなくむくみがちとか、顔にむくみができていることがあるのです。
水ぶくれは、水分が細胞に滞留しているために起こりますから、たまっている水分を流すことで解消できます。
そのためには、マッサージで体の中心に向かって水分を少しずつ前に送るように心がけましょう。
リンパマッサージをするような要領で、頭皮から、顔に、ほほの上から首にという要領で水分を身体の中心やリンパ節に向かって押し流しましょう。
足の場合であれば、つま先から、ふくらはぎへ、ふくらはぎから太ももへという要領で、身体の周囲から中心へマッサージを送るのです。
首の部分はマッサージしづらいですから、首の運動が効果的です。
首を右に向けたり、左に向けたり、また、右に傾けたり、左に傾けたり、あるいは、右に回転させたり、左に回転させたりというように軽い首の体操をしてみましょう。

マッサージでむくみ解消

また、全身の体操も効果的です。立った姿勢で背伸びをしたり、手をのばしたり、深呼吸をしたり、少しずつ身体の動きを高めるのです。
もし、時間があるようでしたら、首筋のマッサージも効果的ですからやってみましょう。
耳の後ろ側から首筋にかけて水分を先に送り出すようにマッサージをしていきます。
例え、1分だけマッサージするだけでもかなりむくみが解消されます。
マッサージをして少し顔の輪郭がすっきりしてきたら、次に目元のむくみを取るようにしましょう。
まず、目頭と目尻のツボを軽く数回押します。これも時間があれば繰り返すと良いでしょう。

お酒を飲んだ時の対処

夜お酒を飲んだ日は、身体の中にお酒が高濃度で蓄積していますので、寝る前にはたっぷりのお水を摂ることを心がけましょう。
お酒は身体には有害な物質ですから、生体反応としてお酒をなるべく薄めようとして水分を細胞に滞留させるのです。
つまりお酒を飲むと、むくみやすくなるのです。
ですから、寝る前にたっぷり水を飲むことで、お酒を薄めて身体の外に排出することが出来ますので、寝る前になるべく多くの水を摂ることが大切なのです。

水

また、お酒と同じように塩分を多く摂ると、むくみの原因となります。
体の中の塩分濃度が高くなると、塩分を中和しようとして、身体は水分を蓄えて、身体全体の塩分濃度を下げようとするのです。
ですから、多くの水をとって早く余分な塩分を身体の外に出すようにしましょう。
もちろん、塩分をなるべく控えることは血圧を抑える意味でもさらに大切なことです。
一方、塩分のもとであるナトリウムはカリウムと拮抗するといわれ、カリウムを多く摂ると、ナトリウムの吸収が抑えられるのです。
カリウムはいろいろな食品に含まれますが、特に、バナナ、リンゴ、ほうれん草などの緑色野菜に多く含まれていますので積極的に摂るようにしましょう。

関連記事

  1. アトピーとニキビが併発!効果的な予防や対処法とは?

  2. まぶたの痒みに悩む女性

    赤い湿疹!これってアトピー?接触性皮膚炎?見分け方と対処法

  3. ワキガとアトピー

    アトピーだとワキガ(腋臭)になりやすい!?≪原因と対策≫

  4. 咳がなかなか止まらない!アトピーと喘息の関係性とは?

  5. 便秘とアトピー

    便秘とアトピーの関係は?便秘解消しアトピー完治へ

  6. まぶたの痒みに悩む女性

    脂漏性皮膚炎とは?アトピーと併発しやすい理由、症状の違いと治療法…

おすすめ記事

  1. トラブル肌の色素沈着を消す方法まとめ【最新版】
  2. 現時点で最短で最善のアトピー完治の具体的なステップ
  3. 乳児の頃から保湿をするとアトピー発症率30%減!おすすめの保湿剤は?
  4. アトピーでまぶたの腫れ・かゆみ&赤みに悩んだら
  5. 【保存版】アトピー肌におすすめ!日常的なスキンケアの方法とは?

専門家も認めたNo.1対策

ページ上部へ戻る