menu
閉じる
  1. 【保存版】アトピー肌におすすめ!日常的なスキンケアの方法とは?
  2. アトピー治療に使われるステロイドとは?副作用があるって本当?
  3. アトピー肌の美容液選びの際に注意すること3点
  4. アトピーでまぶたの腫れ・かゆみ&赤みに悩んだら
  5. トラブル肌の色素沈着を消す方法まとめ【最新版】
  6. 首アトピーのかゆみや色素沈着・しわの原因と対策
  7. アトピーで脇がかゆい・臭い・黒ずみの対策として有効なのは?
  8. アトピーの肌荒れ対策【完全版】ー顔や体の治し方・改善策
  9. 現時点で最短で最善のアトピー完治の具体的なステップ
  10. アトピーと食事の関係-食べていいもの悪いもの
閉じる
閉じる
  1. トラブル肌の色素沈着を消す方法まとめ【最新版】
  2. 現時点で最短で最善のアトピー完治の具体的なステップ
  3. アトピーの黒ずみ・色素沈着を消す最新の改善策
  4. 乳児の頃から保湿をするとアトピー発症率30%減!おすすめの保湿剤は?
  5. アトピーでまぶたの腫れ・かゆみ&赤みに悩んだら
  6. 大人の肌にも!ベビーローションのドルチボーレミルキーがおすすめの理由
  7. アトピー肌を上手にカバー・改善のためのメイク方法とは?
  8. 乾燥がひどくなる時期、アトピー肌のスキンケアは何が効果的?
  9. アトピーとニキビが併発!効果的な予防や対処法とは?
  10. 【決定版】アトピー肌に目立つ毛穴の正しいケア方法を知ろう!
閉じる

ハダノコト

L-92乳酸菌がアトピー改善に選ばれる?ほんとうの理由とは!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アトピー性皮膚炎などのアレルギーの原因は、遺伝や皮膚のバリア機能の乱れ、腸内環境の変化などさまざまな説があります。中でも腸内には免疫細胞を含め、おおよそ1000兆個もの腸内細菌(微生物)が存在し、これらの腸内細菌は、免疫機能を正常に保つ重要な働きしています。

一方で、アトピー性皮膚炎を持っている人の腸内は、細菌のバランスが崩れ悪玉菌が善玉菌より多いといいます。アトピー性皮膚炎を改善するためには、腸内環境を整えることが重要で、「L-92乳酸菌」がこの腸内細菌のバランスを整えアトピー性皮膚炎への効果が期待できると注目されています。

つらいアレルギー症状に悩んでいる人には、是非知ってほしい乳酸菌ですね。この記事では、なぜ乳酸菌がアトピーに効くと言われているのか?L-92乳酸菌についてまとめました。

L-92乳酸菌とは?!

L-92乳酸菌は、正式名称は「ラクトバチルス・アシドフィルスL-92株」といい、熱や胃酸にも強く加熱殺菌しても同様の効果が得られるという、他には見られない貴重な乳酸菌といわれています。カルピス社独自の人由来の乳酸菌で、生きて腸まで届き、他の乳酸菌とは異なる細長い形をしています。

L-92乳酸菌の抗アレルギー作用の効果や働きを明確にするために、さまざまな研究を重ね見出した貴重な乳酸菌とされ、厚い信頼を得ており「L-92乳酸菌」は、専門家からも注目されています。

ここで、日本国内におけるアトピー性皮膚炎人口についてお答え!

幼児期に発症したアトピー性皮膚炎が大人になると自然に消えていた昔に比べ、「現代のアトピー性皮膚炎は、皮膚の炎症が悪化➩改善➩悪化➩を繰り返しながら慢性化していき、大人になっても改善することがなく、さらに悪化する傾向にある」と専門家のお立場から警鐘を鳴らす医師もいらっしゃいます。

日本人のうち45万6000人がアトピー性皮膚炎患者であると、厚生労働省からも発表されています(平成28年)。そんな中、「L-92乳酸菌」のアトピー性皮膚炎に効果が期待できると熱い視線が注がれています。

L-92乳酸菌の最大の注目点

アシドフィルス・L-92株のもっとも重要な働きとされるのが、免疫機能に深くかかわっているヘルパーT細胞といわれる免疫細胞の、Th1とTh2のバランスを保つ働きにあります。

そのバランスがTh2側に傾く(優位)と、アレルギー症状を引き起こすとされるためアトピー性皮膚炎患者にとっては、このTh2側に傾くのを抑えることが重要になります。また、アシドフィルス・L-92株の特徴は、乳酸菌の中でも特に熱や胃酸に強く、酸素があっても無くても長く生きのびることが出来る強い乳酸菌です。

乳酸菌を摂っても胃酸に弱ければ、腸に届く前に死んでしまいます。その点、フィルス・L-92株は腸内に棲む常在菌の善玉菌を強くし、体の内側から免疫力を上げることが可能で、結果、アレルギーやアトピー性皮膚炎を改善することに繋がります。

L-92乳酸菌がアトピーやアレルギーになぜ効果があるのか?

アレルギーには種類があり、Ⅰ型からⅣ型に分類されています。よく知られている花粉症や蕁麻疹は、Ⅰ型アレルギーに分類されています。アトピー性皮膚炎はⅠ型とⅣ型の混合型とされています。

L-92株はカルピス社の抗アレルギー作用があるため、L-92株の効果として、Th1細胞を活性化する働きやTh1/Th2細胞のバランスを調節して、アレルギー症状の原因となるIgE抗体の産生を抑える効果も同時に期待できます。

L-92乳酸菌のアトピー効果についてカルピス社の研究を紹介

L-92乳酸菌効果の研究:その1
▪15歳以下のアトピー性皮膚炎患者、20名を対象。
▪L-92乳酸菌を8週間つづけて摂取する。
皮膚のかゆみなどの症状が改善されることを確認。

L-92乳酸菌効果の研究:その2
▪12歳以下のアトピー性皮膚炎患を対象におこなう。
▪8週間のL-92乳酸菌の摂取試験を行う。
ステロイド軟膏の使用量の減少。過剰な白血球数の低下。有効性を確認。

L-92乳酸菌効果の研究:その3
▪18歳以上54歳以下のアトピー性皮膚炎患者、約50名を対象。
▪L-92乳酸菌を8週間摂取してもらうという試験を行う。
皮膚炎スコアの低下。アレルギー性炎症によって増加。好酸球の減少、血中の数の低下も確認。

L-92乳酸菌効果の研究:その4
▪3歳未満の乳児を対象にした試験をおこなう。
同じようにアトピー症状の緩和。アトピー症状への有効性を確認。

ラクトバチルス アシドフィルスを調べてみました。

ラクトバチルス アシドフィルスはヒト由来の乳酸菌で、口、腸内、生殖器などさまざまな場所に棲んでいる常在菌の一つです。乳酸菌の中でも酸性や酸素に強いのが特徴で、腸管までしっかり届き、さまざまな効果が期待できる乳酸菌です。

同じアシドフィルス菌種の中にも多くの株があり、その中のひとつがL-92乳酸菌ということになります。
ラクトバチルス アシドフィルス菌は、1900年にオーストリアのグラーツ大学のモローが乳児の腸内から、乳酸菌を発見し名付けた乳酸菌で、後に人や動物の腸内や口腔内、膣内にも幅広く存在していることが明らかになりました。

プロバイオティクス効果が期待される商品には、L-92株乳酸菌の他にも、新ビオフェルミンS錠や、オハヨー乳業社のL-55株乳酸菌があります。

アレルケアという商品の概要

アレルケアと聞けば、L92乳酸菌をイメージする人が多いのではないでしょうか?粉末又は錠剤のアレルケアは「カルピス健康通販」でどちらか好きな方を購入できます。 この商品はL92乳酸菌を配合した中で、花粉症やアトピーといったアレルギーに強い乳酸菌のサプリメントとしてもっともよく知られている商品です。

「L-92乳酸菌」の力をギュッと閉じ込めた錠剤のアレルケア錠剤は、一日2粒を目安に、「L-92乳酸菌」が20.7mg含まれ、2.64kcalという低カロリです。花粉症やアトピーを何とかしたいと思っている人にはL1日70円というのが一番 嬉しいかもしれません。

引用元:http://kinkenkou.net/entry2.html

また、他メーカーでも沢山のアレルケア商品を出していますので、自分に合った乳酸菌を見つける手段として比較してみるとのもいいですね。

乳酸菌がアトピー改善に役立つといわれる理由

乳酸菌がアトピー性皮膚炎に良いといわれる理由には、次のようなことが挙げられます。

アトピー改善に役立つ理由:その1食物アレルギーにもオススメ

アトピー性皮膚炎を持っている人は同時に食物アレルギーである事が多い場合があります。免疫は腸内環境と密接な関係があるためで、悪玉菌の増殖は免腸内の免疫のバランスを崩し免疫力が下がると考えられているからです。

アトピー改善に役立つ理由:その2ステロイド薬の副作用

ステロイド薬の副作用は有名ですね。ステロイドは皮膚の強列なかゆみを鎮める力は利用しても、肌に長く使い続けるのはよくありません。人間の持つ自然治癒力を破壊してしまいます。

一時的に治ってもそれはかゆみや炎症を止めるだけに過ぎない薬だからです。この免疫バランが安定しない限りまた再発ししてしまいます。乳酸菌は体の内側から治していくのでオススメです。

アトピー改善に役立つ理由:その3肌の黄色ブドウ球菌対策

アトピー性皮膚炎の原因には、肌バリヤ機能の乱れも、大きな要因の一つとされています。2015年4月21日に慶應医学部とアメリカ国立衛生研究所によって、は、アトピー性皮膚炎の皮膚の表面に「黄色ブドウ球菌(常在菌の一つ)」が大量に発生しアレルゲンになっている事を解明しています。

黄色ブドウ球菌対策には細菌の増殖を抑える弱、中酸性のpH値の保湿クリームや、腸内細菌の黄金バランスを改善することをおすすめします。

アトピー改善に役立つ理由:その4優れた整腸作用

アシドフィルス菌の代表的な効果は優れた整腸作用に尽きますね。理由としては、アシドフィルス菌は酸性や酸素に強く生きたまま腸に到達するものが多いからです。アシドフィルス菌は乳酸を作り出し、腸内を酸性のpHを酸性にもっていく力がありますので、腸内環境を整えるこうかがあります。

例えば、腐敗菌であるウェルシュ菌などの酸性を嫌う悪玉菌の増殖をおさえる効果に優れています。

アトピーやアレルギー対策に選ぶならこちらの乳酸菌

L-92乳酸菌・KW乳酸菌・乳酸菌AF-27・BB536乳酸菌・L-55乳酸菌・K-2菌・LGG乳酸菌・クレモリス菌FC株・LKM512乳酸菌

まとめ

アトピー性皮膚炎は もともとアレルギーを持っている人や自己の免疫力が弱いなどが大きく関係していると考えられています。腸内には、常に、全体を10とした場合、善玉菌2:悪玉菌1:日和見菌(ひよりみきん)7の微生物が存在し、健康を維持するための理想の「黄金バランス」ともいわれています。

つまりこのバランスが崩れ悪玉菌が増えてしまうと、免疫力が衰え人によっては重篤な病気を引き起こすことにもなりかねません。薬とは違い体にも優しい乳酸菌は、どの年代層の人にもオススメですね。

関連記事

  1. アトピーと食事

    亜鉛不足でアトピーに影響が?効果&改善について

  2. 温泉に浸かってアトピー体質を改善!効果的な成分とは?

  3. アトピーに効果を発揮!?腸内環境を改善してくれるビオチン療法とは…

  4. アトピー肌の乾燥はセラミド不足が原因だった!効果的な補い方とは?…

  5. オリゴ

    オリゴ糖でアトピーを改善!意外な救世主現る

  6. アトピーとハーブ

    アトピー性皮膚炎・アレルギーに効くハーブティー

おすすめ記事

  1. トラブル肌の色素沈着を消す方法まとめ【最新版】
  2. 現時点で最短で最善のアトピー完治の具体的なステップ
  3. 乳児の頃から保湿をするとアトピー発症率30%減!おすすめの保湿剤は?
  4. アトピーでまぶたの腫れ・かゆみ&赤みに悩んだら
  5. 【保存版】アトピー肌におすすめ!日常的なスキンケアの方法とは?

専門家も認めたNo.1対策

ページ上部へ戻る