menu
閉じる
  1. 現時点で最短で最善のアトピー完治の具体的なステップ
  2. アトピー肌の美容液選びの際に注意すること3点
  3. アトピーで陰部がかゆい場合の対処法
  4. アトピー改善に必要な栄養素とそのサプリメントまとめ【保存版】
  5. トラブル肌の色素沈着を消す方法まとめ【最新版】
  6. アトピーで脇がかゆい・臭い・黒ずみの対策として有効なのは?
  7. 【保存版】アトピー肌におすすめ!日常的なスキンケアの方法とは?
  8. 首アトピーのかゆみや色素沈着・しわの原因と対策
  9. アトピーと食事の関係-食べていいもの悪いもの
  10. アトピーがかゆくてひどくて眠れない時の対処法
閉じる
閉じる
  1. トラブル肌の色素沈着を消す方法まとめ【最新版】
  2. 現時点で最短で最善のアトピー完治の具体的なステップ
  3. アトピーの黒ずみ・色素沈着を消す最新の改善策
  4. 乳児の頃から保湿をするとアトピー発症率30%減!おすすめの保湿剤は?
  5. アトピーでまぶたの腫れ・かゆみ&赤みに悩んだら
  6. 大人の肌にも!ベビーローションのドルチボーレミルキーがおすすめの理由
  7. アトピー肌を上手にカバー・改善のためのメイク方法とは?
  8. 乾燥がひどくなる時期、アトピー肌のスキンケアは何が効果的?
  9. アトピーとニキビが併発!効果的な予防や対処法とは?
  10. 【決定版】アトピー肌に目立つ毛穴の正しいケア方法を知ろう!
閉じる

ハダノコト

アトピーは栄養不足だとひどくなる?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
栄養とアトピー

栄養不足に陥るとそれが原因で根本からアトピー性皮膚炎の症状が悪化します。
体の健康がアトピーに直結しているからです。

ただ、日々摂取する食事にアレルギーを持つ方もいるので注意する必要があります。
ビタミン、ミネラル、タンパク質や亜鉛といった栄養素は様々ですが、これらを摂取せず栄養不足になると体内で作られるステロイドに悪影響が出ます。

いかに栄養不足を避けるべきかをお伝えいたします。

アトピー性皮膚炎と栄養不足

アトピー性皮膚炎に悩んでいる人の数は年々増加傾向にあり、最近では子どものうちからアトピー性皮膚炎と診断されることも決してめずらしくありません。

アトピー性皮膚炎が起こる原因は単なる遺伝やアレルギー反応が原因ではなく、多くの場合たんぱく質やビタミン、ミネラルなどの栄養不足が原因で皮膚炎や湿疹が起こることが引き金となっていると考えられています。

赤ちゃんの栄養不足によるアトピー

栄養不足の赤ちゃん

赤ちゃんにできる乳児湿疹の原因も、飲んでいる母乳やミルクに亜鉛が不足しているために起こることが分かっており、その他にもビタミンB6やパントテン酸、ビオチンといったビタミンB群が少なく栄養不足となることでも皮膚炎や湿疹ができやすくなることがわかっています。

また妊娠中お母さんの体が鉄分や亜鉛不足の状態に陥っていると、生まれたくる赤ちゃんの皮膚も弱くなることも指摘されています。
つまり、まずは栄養不足解消し皮膚細胞を正常に分化することがアトピーや乳児湿疹などの皮膚疾患を改善するうえではとても重要だと言えます。

このことは、アトピー性皮膚炎のザラザラとした肌の原因はビタミンAが正常に分化していないことにあると言われていることからも明らかでしょう。

栄養不足とステロイドの関係

体内

通常私たちの身体は、健康であれば副腎から副腎皮質ホルモン、いわゆるステロイドという物質が絶え間なく作り出されており、それにより体の中には常に一定の副腎皮質ホルモンが存在しています。

副腎皮質ホルモンは私たちの体の中で起こる様々な免疫反応を抑えてくれる、つまりはアレルギー反応を抑えてくれるという重要な働きを持っています。

副腎皮質ホルモンを作り出すためにはビタミンCやコレステロール、パントテン酸、ビタミンEなどの栄養素が必要なのですが、これらが栄養不足となることで当然副腎皮質ホルモンの生産量も少なくなってしまいます。

特にストレスに晒されることの多い現代社会では副腎皮質ホルモンの分泌が活性化されるため、より多くの副腎皮質ホルモンが必要となることが多く、余計にこれらの栄養をしっかり摂取する必要があるのです。

ストレスを感じる人

受験や就職などストレスを強く感じる時にアトピー性皮膚炎の皮膚症状が悪化することが多いのもそのためです。
過剰なストレスにより体内の副腎皮質ホルモンが栄養不足となり、足りなくなっているのです。

このような場合、受験や就職活動が終わってストレスのかからない状態になると皮膚症状も落ち着いてくることが多いはずです。

肌の新陳代謝を促す成分

新陳代謝で綺麗な肌

私たちの体の細胞は日々新しく生まれ変わっており、その働きは私たちが生きている間、片時も休むことなく続けられます。

なかなかピンと来ないかもしれませんが、お風呂に入って体を洗った時に垢が出ることを思い出してみてください。

垢は古くなって死んだ肌細胞であり、これは肌の細胞が毎日新しく生まれ変わっていることを意味しているのです。

このように、細胞が生まれ変わる一連のサイクルのことを「新陳代謝」と言います。
不健康な肌というのは新陳代謝が活発でない証拠であり、それは新しい細胞がなかなか作られず古い細胞が残ってしまっているからです。

亜鉛の効果

肌が活発に新陳代謝をするためには亜鉛というミネラルが特に必要となります。

たとえば「腸性肢端皮膚炎」という皮膚炎がありますが、これは体内に亜鉛が不足することで肌の新陳代謝がうまくいかないことが原因で起こる病気ですが、アトピー性皮膚炎にも亜鉛不足は大きく関係しています。

つまり亜鉛と皮膚炎は切っても切れない関係であると言えるでしょう。
また亜鉛不足は肌の新陳代謝を低下させる以外にも問題を起こします。

美容成分として有名なコラーゲンを作り出すうえでも亜鉛はなくてはならないものです。
その他マグネシウムも新陳代謝を活発にするためにとても大切なミネラルだと言われています。

亜鉛不足がアトピーに影響する詳しい理由へ→

αリノレン酸

αリノレン酸を含む油
肌の細胞はアミノ酸と脂肪酸(油)を材料にして作られています。
「油なんて体に悪いのでは?」という印象を持っている人もたくさんいると思いますが、油は皮脂膜の原料であり適度な油がなければ乾燥肌を引き起こし重症化すればアトピー性皮膚炎になることもあります。

ただし植物油であればいくらでも摂取してよいというわけではなく、摂り過ぎとバランスに気をつけることはとても重要です。
特に不足しがちだと言われるのがαリノレン酸です。

αリノレン酸はオメガ3脂肪酸のほか血流改善や動脈硬化の予防に有効な成分であるDHA、EPAの元になる脂肪酸であり、エゴマなどに豊富に含まれています。

αリノレン酸は体内では合成できない必須アミノ酸の一つであり、食事から取り込むしか補う方法はありません。
厚生労働省によって不足が指摘されるほど深刻状態であり、意識して栄養不足解消のため積極的に摂取する必要があると言えます。
αリノレン酸を多く含む食品は以下の通りです。

100g当たりのαリノレン酸含有量
えごま(乾) 24,000mg
くるみ 9,000mg
菜種油 7,500mg
調合油 6,800mg
大豆油 6,100mg
マヨネーズ 5,100mg
あさ 4,600mg

えごまが圧倒的にαリノレン酸を含んでいることがわかりますね。
えごまはエゴマ油として1990年代後半から日本で普及し始めたシソ科の一年草で、東南アジアが原産と言われています。
しそ
食べると十年長生きすると言われるくらい重要な栄養素を含んでいるんですよ。

上記以外にも、こちらにある栄養素も摂取する必要があります。

 

本来は上記の食材を毎日食べるのが理想ですが、もし難しいようでしたら何かの方法で代替するのもありです。

関連記事

  1. 乾燥がひどくなる時期、アトピー肌のスキンケアは何が効果的?

  2. アトピーで陰部がかゆい場合の対処法

  3. ふくらはぎのアトピー

    ふくらはぎのアトピーを克服し健康を手に入れる秘策

  4. 顔のアトピー

    顔のアトピーってどんなもの?原因と症状・治し方

  5. 耳の後ろ

    耳の後ろの腫れや痛みはアトピーのせい?

  6. アトピーの唇

    唇のアトピー対策は?乾燥・荒れ・シミ・色素沈着

おすすめ記事

  1. トラブル肌の色素沈着を消す方法まとめ【最新版】
  2. 現時点で最短で最善のアトピー完治の具体的なステップ
  3. 乳児の頃から保湿をするとアトピー発症率30%減!おすすめの保湿剤は?
  4. アトピーでまぶたの腫れ・かゆみ&赤みに悩んだら
  5. 【保存版】アトピー肌におすすめ!日常的なスキンケアの方法とは?

専門家も認めたNo.1対策

ページ上部へ戻る