menu
閉じる
  1. アトピーでまぶたの腫れ・かゆみ&赤みに悩んだら
  2. アトピーで陰部がかゆい場合の対処法
  3. 乳児のアトピー性皮膚炎!原因や対策は?
  4. アトピー改善に必要な栄養素とそのサプリメントまとめ【保存版】
  5. 首アトピーのかゆみや色素沈着・しわの原因と対策
  6. 現時点で最短で最善のアトピー完治の具体的なステップ
  7. アトピーと食事の関係-食べていいもの悪いもの
  8. アトピーの肌荒れ対策【完全版】ー顔や体の治し方・改善策
  9. 【保存版】アトピー肌におすすめ!日常的なスキンケアの方法とは?
  10. 乳児の頃から保湿をするとアトピー発症率30%減!おすすめの保湿剤は?
閉じる
閉じる
  1. トラブル肌の色素沈着を消す方法まとめ【最新版】
  2. 現時点で最短で最善のアトピー完治の具体的なステップ
  3. アトピーの黒ずみ・色素沈着を消す最新の改善策
  4. 乳児の頃から保湿をするとアトピー発症率30%減!おすすめの保湿剤は?
  5. アトピーでまぶたの腫れ・かゆみ&赤みに悩んだら
  6. 大人の肌にも!ベビーローションのドルチボーレミルキーがおすすめの理由
  7. アトピー肌を上手にカバー・改善のためのメイク方法とは?
  8. 乾燥がひどくなる時期、アトピー肌のスキンケアは何が効果的?
  9. アトピーとニキビが併発!効果的な予防や対処法とは?
  10. 【決定版】アトピー肌に目立つ毛穴の正しいケア方法を知ろう!
閉じる

ハダノコト

赤ちゃん(乳児)・大人のアトピーによる耳切れ/湿疹/ただれ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
耳キレ

大人だけでなく赤ちゃんもアトピー症状によって耳切れが起きてしまうケースがあります。
生後数か月の乳児が、耳切れが痛くて泣いていたらママとして放っておけないですよね。
どうにかして赤ちゃんの病気を改善させたいと必死になるものです。
そんな気持ちを少しでも解消するために、ここでは赤ちゃんのアトピー性皮膚炎による耳切れ・湿疹・ただれの原因と対処方法をご紹介します。

アトピー症状でおなじみの耳切れは何故できる?

耳切れとは、耳の付け根の皮膚が薄くなって皮膚に炎症が起こって、かいたりすることで出血する状態です。
洋服を着た時にこすれたり、皮膚が動くたびにアトピーだと耳が軟らかくて切れやすくなるのです。
一度かさぶたが出来てしまうと、また切れやすくてなかなか治りにくいのです。
耳切れは、アトピー症状の代表的な状態としてよくいわれますが、決してアトピーだけでなるわけではありませんし、アトピーになれば必ず耳切れになるというわけでもありません。

でも、耳切れはどうして起こるのでしょうか?また、どうすれば、治るのでしょうか?
はじまりは、ちょっとした耳の痒みがきっかけとなります。
いつもお風呂でよく耳も洗っていないと痒みが出来たりしますし、また洗っても石鹸をよく洗い流さないと皮膚にダメージが出来やすくなります。
シャワーでよく洗い流す
また、アトピーの人ではさらに皮膚のかゆみが大きくなるため、ついついかいてしまうことがありますし、かき続けると耳の皮膚がますますかゆくなりますし、かいてしまうと、また皮膚が赤くなったり出血したりします。

まだ、かゆみがひどくなくて、炎症もひどくなっていないようなら、患部をよくあらって、保湿剤などを塗っておくことがいいでしょう。
また、すでに炎症が出来て皮膚が腫れ上がっていたり、出血があるような場合は専門医に診てもらいましょう。
アトピーの場合は、ステロイド剤を使って炎症を抑えることで、症状が改善することがありますが、皮膚が弱くなるため、肌が敏感な状態が続くことになります。
なるべく、皮膚を清潔にして、ステロイドの量を減らすなどの方法を考えましょう。
また、オロナインなどの軟膏やワセリンを塗って皮膚の乾燥を抑えるようにすることも有効です。
耳切れにならないように、日頃から、身体を清潔にしたり、チョットした痒みでボリボリかくようなことは控えて、きっかけを作らないようにとしましょう。

赤ちゃんの耳切れの治し方

耳切れになりやすい赤ちゃん

耳切れは赤ちゃんだけではなく、大人でも起こる症状ですが、特に赤ちゃんの耳切れはなかなか治りにくいので特にケアが大切です。
赤ちゃんの肌は敏感ですから、耳にいろいろな物がついていると、かぶれてしまったり、耳は赤くなってかゆみが生じることになります。
赤ちゃんは気になるところがあればすぐにかいたりしますし、かゆい時にがまんすることもありません。
大人と異なり皮膚のバリアがまだ弱い赤ちゃんでは、さらに炎症が進んで皮膚がさらに赤くはれ上がるのです。
また炎症を起こした場所を汚れた手で何度もさわるため、さらに炎症は進んでしまい、出血することになればチョットしたことで耳が切れてとても痛い思いをすることになります。
ですから赤ちゃんが自分でかき出さないように工夫が必要ですし、そのような状態にならないように事前に普段から気を付けることがもっと大切です。

清潔にすること

清潔なタオル、石鹸

どうすれば良いかということに対して、答えは簡単です。
つまり、いつも清潔にすれば良いのです。
赤ちゃんは代謝が良いため、多くのお汗をかきますし、遊んだりすれば汚れも来ますし、食べ物も手について耳についたりします。
また、涙やよだれが耳につくこともよくあります。特に、生後数か月は皮脂の分泌量が多いといわれていますので、脂肪分が皮膚につきやすいのです。
ですから、耳の周辺は想像以上に汚れているものなのです。でも、赤ちゃんの耳の周辺はお風呂に入っても耳の中に水が入ることを恐れて、意外にしっかり洗っていないことが多いのです。

だからこそ、最も大切なことは良く汚れを洗うことです。汚れは刺激になりますのでとにかくよく洗います。洗う時には、刺激の少ない石鹸やシャンプーを使うことがとても大切です。

洗いすぎると刺激になるとか、皮膚が弱くなるからと考えがちですが、とにかく汚れを落とすことが大切です。もっと、大切なことは石鹸で洗った後の処理です。石鹸で耳を洗ったら、よく石鹸を水で洗い流すことが大切なのです。石鹸が残っているとまた痒みのもとになるからです。

参考記事:赤ちゃんも使用OKのアトピー石鹸・ボディソープ紹介

次に、もう一つ大切なことがあります。それは、保湿剤を塗っておくということです。石鹸で汚れを取ると必要な水分も取り除かれてしまうのです。そのため、クリームなどを使って、赤ちゃんの耳にこまめに保湿をしてあげることが必要です。

赤ちゃん向けの保湿クリーム選びは特に慎重に行う必要があります。赤ちゃんでも使えるものを選ぶことが大切です。
また、赤ちゃんの耳切れ予防におすすめの保湿剤はファムズベビーです。赤ちゃんの肌トラブルを未然に防いでくれます。

 

『ファムズベビー』は単に皮膚の上に油膜を作るのではなく、成分が角質層に浸透して、バリアをつくり、保湿力が長時間保湿が持続します。全身に使うことができ、もちろんお母さんも使うことができます。大人でアトピーを持つ方にもおすすめです。

 

ファムズベビー

ファズムベビーの公式サイトはこちら

 

耳切れの治療

耳切れの治療をする医者

耳切れがなかなか治らなくて、厄介な場合もあります。また、気が付くのが遅くて対処が遅れると悪化することもあります。特に初めての場合では、どう対処していいかわからないですね。
そんな時は、皮膚科で相談をしてみましょう。赤ちゃんの時はステロイド剤をなるべく使いたくないですが、炎症を弱めるという意味ではとても効果的な場合があります。
ステロイド剤でも、弱いものがありますので弱いものから始めてみるといいですね。ただ、ステロイド剤は免疫作用を弱めて、炎症の発生を弱めるのですが、皮膚の機能自体が弱まりバリア機能が弱くなりますので、ある程度効果が出てきたら耳の洗浄と保湿剤を上手に使って、ステロイド剤の使用を減らしていくことが大事です。

基本的には、ステロイド剤などの薬剤に頼らずに治療することが大切ですので、なるべく症状が悪化する前に状態を見つけて早めて対処することが基本です。
悪化すればするほど、かゆくなったり症状が悪くなり痛い状態も発生することになるのです。
勿論このことは、大人の耳切れについても同じですし、免疫が関係している皮膚炎に関しては同じような考えで対処ができます。
ただ、個人差や様々な症状の違いなど、ケースバイケースで考えることが大切ですので、まずは専門医に相談をされることをおすすめします。

関連記事

  1. 体質改善

    アトピー克服のための体質改善【保存版】

  2. アトピーと象の肌

    アトピーで象の皮膚のようになってしまったら<完治へ向かう方法>

  3. アトピーの薄毛

    アトピーで薄毛・抜け毛がひどい場合の頭皮ケア

  4. サプリメント

    【徹底解説】アトピー性皮膚炎に効果がある治療薬とは?

  5. 大人の肌にも!ベビーローションのドルチボーレミルキーがおすすめの…

  6. アトピーで寝れない

    アトピーがかゆくてひどくて眠れない時の対処法

おすすめ記事

  1. トラブル肌の色素沈着を消す方法まとめ【最新版】
  2. 現時点で最短で最善のアトピー完治の具体的なステップ
  3. 乳児の頃から保湿をするとアトピー発症率30%減!おすすめの保湿剤は?
  4. アトピーでまぶたの腫れ・かゆみ&赤みに悩んだら
  5. 【保存版】アトピー肌におすすめ!日常的なスキンケアの方法とは?

専門家も認めたNo.1対策

ページ上部へ戻る