menu
閉じる
  1. アトピー肌の美容液選びの際に注意すること3点
  2. 現時点で最短で最善のアトピー完治の具体的なステップ
  3. 乳児のアトピー性皮膚炎!原因や対策は?
  4. アトピーの肌荒れ対策【完全版】ー顔や体の治し方・改善策
  5. 【保存版】アトピー肌におすすめ!日常的なスキンケアの方法とは?
  6. アトピーで陰部がかゆい場合の対処法
  7. アトピー治療に使われるステロイドとは?副作用があるって本当?
  8. 【厳選】アトピー肌で使える保湿ボディクリームランキングTOP3!
  9. 乳児の頃から保湿をするとアトピー発症率30%減!おすすめの保湿剤は?
  10. トラブル肌の色素沈着を消す方法まとめ【最新版】
閉じる
閉じる
  1. トラブル肌の色素沈着を消す方法まとめ【最新版】
  2. 現時点で最短で最善のアトピー完治の具体的なステップ
  3. アトピーの黒ずみ・色素沈着を消す最新の改善策
  4. 乳児の頃から保湿をするとアトピー発症率30%減!おすすめの保湿剤は?
  5. アトピーでまぶたの腫れ・かゆみ&赤みに悩んだら
  6. 大人の肌にも!ベビーローションのドルチボーレミルキーがおすすめの理由
  7. アトピー肌を上手にカバー・改善のためのメイク方法とは?
  8. 乾燥がひどくなる時期、アトピー肌のスキンケアは何が効果的?
  9. アトピーとニキビが併発!効果的な予防や対処法とは?
  10. 【決定版】アトピー肌に目立つ毛穴の正しいケア方法を知ろう!
閉じる

ハダノコト

カテゴリー:改善方法

この記事の執筆責任者当サイト総合運営責任者 藤田 美智子 慶応大学医学部卒業後、某有名医学部附属病院にて研修。 その後、大学病院・関連病院にて研鑽を積む。 東京、神奈川の皮膚科を経営する傍ら、トラブル肌改善のため…

この記事の執筆責任者当サイト総合運営責任者 藤田 美智子 慶応大学医学部卒業後、某有名医学部附属病院にて研修。 その後、大学病院・関連病院にて研鑽を積む。 東京、神奈川の皮膚科を経営する傍ら、アトピー改善のための…

赤ちゃんの肌のために作られた保湿クリーム「ドルチボーレ ミルキーベビーローション」をご紹介します。元々かなりの乾燥肌&敏感肌で、刺激の強い化粧品や洗顔料などを使うと、ヒリヒリ痛み出したり、痒くなってしまう私。。。&n…

お顔やカラダにアトピーができていると、お肌表面に毛穴の目立ちが気になり、ケア方法がわからずに悩んでいる人も多いようです。アトピーができているお肌の毛穴が目立ってしまうのは、いつもよりも乾燥した状態にあり、うるおい不足でなめらかさが不…

今では現代病とも言われているアトピー。年齢や性別にかかわらず、多くの人がアトピーに悩んでいたり、大人になってから急に出始めたという声も少なくありません。アトピー肌を改善し、健やかな肌質へと変えていくため、ライフスタイルの中に取り入れ…

患者数の増加に比例して、アトピー治療に効果がある薬や療法も年々増えています。アトピーの治療には、主に皮膚炎症を抑制する外用薬と保湿剤が使用されますが、必要に応じて内服薬も同時に処方されることがあります。それぞれに役割があり使用方法や気を…

アトピー性皮膚炎の方は、はっきりとした原因がわかっていないため、日々いろいろな治療法を試しているという方も多いのではないでしょうか。ステロイドを使用した治療法が一般的ではありますが、副作用もあり、あくまで対症療法にしかすぎないので、完治…

アトピー性皮膚炎の方は、かゆみや炎症などアトピーの症状だけでも辛いのに、その他さまざまな合併症により苦しい思いをすることがありますよね。喘息も、アトピーの人が合併しやすい病気のひとつです。なぜ、アトピー性皮膚炎の方は喘息になりやすいので…

アトピーの症状が悪化すると、「象の皮膚」と呼ばれる状態になってしまいます。まさに象肌のようにゴワゴワと乾燥してしまい、皮膚の病気といえます。象の皮膚になってしまう原因の一つに、ステロイドの使用をやめる点があげられます。ここでは原…

大人だけでなく赤ちゃんもアトピー症状によって耳切れが起きてしまうケースがあります。生後数か月の乳児が、耳切れが痛くて泣いていたらママとして放っておけないですよね。どうにかして赤ちゃんの病気を改善させたいと必死になるものです。そん…

さらに記事を表示する
ページ上部へ戻る