menu
閉じる
  1. トラブル肌の色素沈着を消す方法まとめ【最新版】
  2. 首アトピーのかゆみや色素沈着・しわの原因と対策
  3. 乳児の頃から保湿をするとアトピー発症率30%減!おすすめの保湿剤は?
  4. アトピーでまぶたの腫れ・かゆみ&赤みに悩んだら
  5. 【厳選】アトピー肌で使える保湿ボディクリームランキングTOP3!
  6. アトピー改善に必要な栄養素とそのサプリメントまとめ【保存版】
  7. アトピー治療に使われるステロイドとは?副作用があるって本当?
  8. 現時点で最短で最善のアトピー完治の具体的なステップ
  9. 顔のアトピーってどんなもの?原因と症状・治し方
  10. アトピー肌の美容液選びの際に注意すること3点
閉じる
閉じる
  1. トラブル肌の色素沈着を消す方法まとめ【最新版】
  2. 現時点で最短で最善のアトピー完治の具体的なステップ
  3. アトピーの黒ずみ・色素沈着を消す最新の改善策
  4. 乳児の頃から保湿をするとアトピー発症率30%減!おすすめの保湿剤は?
  5. アトピーでまぶたの腫れ・かゆみ&赤みに悩んだら
  6. 大人の肌にも!ベビーローションのドルチボーレミルキーがおすすめの理由
  7. アトピー肌を上手にカバー・改善のためのメイク方法とは?
  8. 乾燥がひどくなる時期、アトピー肌のスキンケアは何が効果的?
  9. アトピーとニキビが併発!効果的な予防や対処法とは?
  10. 【決定版】アトピー肌に目立つ毛穴の正しいケア方法を知ろう!
閉じる

ハダノコト

便秘とアトピーの関係は?便秘解消しアトピー完治へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
便秘とアトピー

便秘になった途端アトピーの症状が悪化してきている・・・と感じているあなたは、早急に腸内環境を改善する必要があります。

関係なさそうな便秘とアトピー性皮膚炎ですが、便秘が原因でアトピーが悪化してしまうのです。
それには、腸内細菌である善玉菌・悪玉菌や乳酸菌が関係しています。
そこで、便秘とアトピーの関係性と解消方法についてご紹介します。

便秘とは

便秘とは3日以上排便がない状態ですが、最近では特に若い女性に多いといわれています。
不規則な生活や偏った食事、運動不足、腹筋力の不足、トイレのがまんなど理由はいくつか考えられています。
女性に多い便秘の症状として、弛緩性便秘があげられます。

弛緩性便秘

便秘の人
女性に特に多い症状ですが、女性は、お腹の筋肉が弱く、ぜん動運動で、ウンチを前に送る力が少ないのです。
そんな時に偏ったダイエットなどすると、特に便秘がひどくなってしまいます。
水分をとろうとする意識も抑えがちですし、食物繊維も少なくなります。
さまざまな理由で便秘は起こりますが、便秘が起こるとアトピーにも影響を及ぼすのです。

 

ウンチを前に押し出す力を身につけるには、腹筋などをきたえて、大腸のぜん動運動を活発にするのです。
腸の周辺の筋肉が衰えることで弛緩性の便秘がおこるのです。
腸の動きを活発にするには歩いたり、ダンスをしたり、軽いジョギングなど体を動かすことがとても有効です。
もちろん腸のまわりの筋肉をつけることが大切なのですが、腸に刺激を与えて腸の動きを体に覚えさせることも大切なのです。

腸の動きを活性化するためのきっかけとして、食物繊維をたくさん摂ることが有効です。
食物繊維にはリンゴジュースなどの果汁にも多く含まれますが、リンゴそのものには水に溶けない繊維(不溶性食物繊維)も多く含まれるため、リンゴそのまま食べる方が効果も高まります。
これは、野菜や、根菜、豆類などもおなじです。

便秘の原因

食事の影響

栄養バランスのいい食事

食事に関して、便秘に最も影響するのは、肉食への偏食です。

また、野菜不足、食物繊維不足なども影響します。
バランスの取れた食事であれば特に気にすることはありませんが、コンビニ弁当やファーストフード、外食が続くとバランスは最悪です。

もっとも、よい影響を与えるのは、食物繊維です。食物繊維の平均的な摂取量は、男女とも不足しています。

充分足りている人もいますのが、女性の場合1日約20g位の食物繊維をとる必要あるところ、1日数g程度しかとっていない場合もあります。
食物繊維が不足すると、お腹の蠕動運動が活発になりません。

また、ビフィズス菌などの働きがよくなりませんから、食べたものがお腹を動くうちに水分を吸い取られてカチカチになるのです。ですから、うんちが前に動かないのです。

食物繊維を多く摂れば、ウンチが前にドンドン動きますので、便秘になることが少ないのです。
勿論偏ったダイエットも禁物です、便秘症になるばかりか体調が必ず悪くなります。

食物繊維は、ごぼうなど根菜類、野菜類、海藻類、豆類、一部の果汁などに多く含まれていますから、よく調べて積極的に摂れば、体質改善がはかれるはずです。

食物繊維の摂り方

食物繊維の取り方を理解する女性

食物繊維の摂取は便秘の解消には最も有効な方法ですが、食物繊維には2種類あることをご存知でしょうか?
食物繊維の種類によって働きがまったく異なりますので、違いを理解しておくことが大切です。

実は食物繊維には、不溶性食物繊維と水溶性食物繊維の2種類があるのです。

水溶性食物繊維

水溶性の食物繊維というのは、水に溶けることが出来る食物繊維という意味で、溶けている様子は目では確認できません。
例えば、野菜をジューサーにかけたとすると、水分として出てくる部分は、水溶性食物繊維と呼ばれる部分です。

水溶性ですから、基本的に食物繊維が水に溶けていますので、お腹の中の腸内細菌が分解して糖分として利用できます。
特に、ビフィズス菌などは溶けている食物繊維を利用してお腹の中で増えることが出来るのです。

不溶性食物繊維

ミキサー

不溶性食物繊維というのは、水に溶けない食物繊維のことです。
例えば、野菜をジューサーにかけた時に、ジューサーでしぼりとられた水分の後の残りのカスには、食物繊維がたっぷり含まれます。

不溶性食物繊維は水に溶けませんので腸内細菌の栄養になることはありませんが、食物繊維はいつまでも水に溶けないため腸管を直接刺激して、ぜん動運動を活発にするのです。

また、不溶性の食物繊維は水分を吸い込んでふくれますので、便が硬くなることを防いでくれるのです。
搾りたてのジュースもいいですが、野菜や果汁など食物繊維を上手に摂るには、しぼった方も、しぼられた方も、上手にどちらも食べることが大切です。

野菜などで皮を捨ててしまうことが良くありますが、調理の仕方で丸ごと食べられることもありますので、不溶性食物繊維も上手に摂りましょう。

便秘とアトピー

便秘とアトピー

食物繊維が不足すると、ビフィズス菌や乳酸菌が増えないため、アレルギーの抑制効果がないのです。

最近の報告で、ビフィズス菌や乳酸菌がアトピーに有効だということが実証されているのです。

ですから、便秘になると、アトピーのリスクは高まるのです。

さらに、お腹の動きが低下すると栄養素の吸収が極端に落ちますので、皮膚の保湿性など肌の状態が悪くなることも報告されているのです。
ですから、アトピーに便秘は良くありません。

オススメ記事:便秘を解消してアトピーを改善する助っ人紹介

アトピーから便秘

アトピーになるとイライラが募り、かゆみから精神的にまいってしまいます。
常にイライラを抱えてストレスを持ち続けると、ストレス性の下痢やストレス性の便秘になりやすいのです。
便秘と下痢は交互にどちらも起こるケースがあります。

ストレスがたまると通勤時にトイレに行きたくなるのと同じ原理です。
現代人にとても多くなっている病気で、アトピーもストレスの一因になるのです。
ですから、アトピーを改善しないとこの症状はなかなか改善しません。

そのためには、アトピーとどのようにリラックスして付き合うかということが大事な課題となります。

アトピーでのかゆみをなるべく抑えるような工夫がとても大切ですし、アトピーそのものを早く治すことがもっとも有効です。
また、かきすぎて皮膚がガサガサになったり皮膚が厚くなるようなことがあると、同じようにストレスが常にたまった状態になります。

アトピーでのストレスから便秘になることがあります。
また、腸内細菌のみだれを解消することで、アトピー症が改善されることがあります。
便秘は自然な食事や、運動、ストレス軽減、などで改善することが理想的ですが、どうしてもすぐに便秘を治したいということがあります。

オススメ記事:腸内を元気にするサプリメントランキング【最新版】

急にお腹が痛くなったり、ガスが少しずつ溜まってとてもつらい思いをすることがあります。そんな時はやはり一時的でも、便秘薬を使いたいですね。

アトピーでの水分不足

26e8524da89609670abcbbc37a343268_s

アトピーになると、ついつい皮膚をかいてしまいますので、炎症が増すと汁が出てきます。また、皮膚が厚くなってカサカサになっても、皮膚が割れて汁が出ることになります。
汁が全身からですと、意外に体内の水分が不足しがちです。

喉がすぐに乾くというわけではありませんが、水分が不足するのです。
水分が体内から不足すると、身体全体の水分が不足しますので、腸内から水分を吸収しようとして、便も硬くなってしまいます。
その結果、便がどんどん硬くなって前に動かなくなって、いわゆる便秘になすのです。

アトピー肌の方は、水の質によっても改善スピードが変わってきます。できれば水素水を定期的に飲むことで、肌の細胞の修復や活性化につながるので水素水をおすすめします。

アトピー肌の方におすすめの水素水はこちら

便秘とアトピーの悪循環

便秘症になって、腸の動きが落ちると、腸内細菌のバランスが崩れて、アトピー症状を悪化します。

また、便秘症になると、水分が不足して皮膚の保湿性が低下して、乾燥肌になります。また、アトピーでの皮膚からの汁が出ることで、便秘がまた起きやすくなるという悪循環が起きるのです。

便秘はアトピーを誘導しやすい

便秘の女性

一見して、アトピーと便秘は何の関係もなさそうですが、そうでもないのです。

実は、アトピー患者の中には、便秘気味の人が多いのです。何か便秘とアトピーに科学的な根拠があるのでしょうか?
実は、アトピーは免疫のバランスが崩れているために起こるのですが、そのバランスは、腸内の免疫機能によるところが大きいのです。

腸管には免疫機能に関係する働きがあり、お腹の中の細菌が作用することで、免疫機能が良くなったり、悪くなったりするのです。

アトピーの人では、乳酸菌やビフィズス菌が少ないことが原因の一つとして考えられているのです。ですから、お腹の中のこれらの菌を増やすことで、アトピーなどの免疫疾患を治療することかできるのです。
便秘症とはいわゆるお腹の中の菌のバランスがあまりよくない状態なのです。ですからアトピーにもなりやすい状態なのです。

参考記事:乳酸菌を摂取できるアトピーのことを考えたサプリメントランキング

アトピー便秘の改善

アトピーでは、水分が比較的不足しやすいことがわかっていますから、ドンドン水分を摂ることが大切です。
特に便秘気味な人では、必要に応じて水分の補給が大切です。

多い場合は、一日1~2リッター程度水を摂ることがおすすめです。
なにげない水分の補給は普段していても、意識的に多くの水分をとるようにしましょう。

適度なストレッチ

ストレッチする女性

水分を多めにとる以外に、簡単なこととして、お腹まわりの筋肉をとにかく動かすことが大切です。
立った姿勢でのツイスト運動とか、前後運動とか、座った姿勢での前屈運動などとても有効です。
特に女性は腹筋が弱いので、腸管を動かす能力が弱いのです。

ストレスの解放

例えば、アトピーを治せばもちろんよいのですが、時間がかかったり個人によって状態はそれぞれですから、対処方法も異なります。
そんな時にはゆっくりお風呂に入るとか、ゆったり音楽を聞いたり、好きな食事を楽しんだり、ゆったり自分の時間を過ごすようなことを心がけると良いでしょう。

薬のコントロール

アトピーであれば、ステロイド剤を使うことが多いのですが、ステロイド剤は免疫を抑制することがありますので、お腹の状態を変えることがあります。

また、抗生物質を日常的に飲んでいる場合は腸内細菌が大幅に変化して、良い菌もいなくなっている可能性がありますので、お腹の調子が変わるのです。
抗生物質を止めるだけで元のように調子が戻ることがあります。抗生物質は必要な時にだけ使うようにすることが大切です。

水酸化マグネシウム

便秘用の下剤には様々なものが市販されていますが、マイルドなものがおすすめです。
特に、通常の便通改善には緩下剤の水酸化マグネシウムがおすすめです。

色々な下剤に水酸化マグネシウムは含まれていますので、成分を確かめたり薬剤師に確認するなどすることが大切です。
便秘薬によっては効果が強いものがありますが、効果が強いと、早く苦痛から解放されるのですが、慢性化して、下剤がないと排便が出来なくなるのです。

ですから効果が強いものはなるべく使用することをさけましょう。
水酸化マグネシウムは比較的マイルドに作用しますので、使い方を間違わなければ、大きな問題はありません。

一般の便秘薬と異なり、マグネシウムイオンの働きで、水分吸収が比較的少なくできますので、腸内に水分をたくわえることができますので、ウンチが固くなりにくいのです。

ですから、排便が腸への負担がなくスムーズにできるのです。
ただ、便秘薬は、その効果は個人差が大きく、効果を得るためには使用する量もさまざまです。
水酸化マグネシウムの効果があまりないようなら、どの便秘薬を用いるかに関して、薬剤師に相談してみることが大切です。

腸内環境の整えかた

naizou腸内環境を整えるには、いくつかの方法があります。一つは、ヨーグルトなどで乳酸菌を多く摂るということがあります。しかし、どの乳酸菌でも良いというわけではありませんから、しばらく同じヨーグルトを継続的に食べてみて、自分に合うものを見つけることが大切です。

また、乳酸菌は菌株によって効果が全く異なりますので、効果があるものとそうでないものがありますので、そういう観点からも、良い乳酸菌を探すことが大切なのです。

自分に合った乳酸菌であれば、腸の免疫細胞に乳酸菌に作用することが期待できるのです。

アトピーの方が、腸内環境を整えるための商品ランキングはこちら

食物繊維とオリゴ糖

次に期待できるのが、食物繊維やオリゴ糖です。オリゴ糖とは食物繊維をもっと短くしたもので、成分はほとんど同じと考えてください。

食物繊維やオリゴ糖は食品に含まれているのですが、まんべんなく食品をいろいろ食べていないと不足しがちな成分なのです。
つまり、ごぼうや大豆など昔ながらの食事をしないで、柔らかいものばかり食べている人では大きく不足しているのです。
ごぼう
もし、充分に野菜や根菜などから食物繊維やオリゴ糖を摂ることが出来れば、自分のお腹の中にいる乳酸菌やビフィズス菌を増やすことが出来るのです。

ヨーグルトを食べなくても、もともと自分のお腹にいる乳酸菌を増やすことが一番効率的なのです。
食物繊維やオリゴ糖は、他の細菌には利用されないのですが、ビフィズス菌だけが特異的に利用するのです。

ですから、少なくなっていたビフィズス菌が食物繊維を食べることで増えることが出来るのです。

参考記事:乳酸菌を摂取できるアトピーのことを考えたサプリメントランキング

関連記事

  1. アトピーとニキビが併発!効果的な予防や対処法とは?

  2. 陰部のアトピーに悩む女性

    アトピーのリンパ液を止めるには?臭いも防ぎたい

  3. まぶたの痒みに悩む女性

    赤い湿疹!これってアトピー?接触性皮膚炎?見分け方と対処法

  4. 頭皮とアトピー

    アトピーで頭皮がかゆい・フケが気になる方へ

  5. まぶたの痒みに悩む女性

    脂漏性皮膚炎とは?アトピーと併発しやすい理由、症状の違いと治療法…

  6. まぶたとアトピー

    アトピーでまぶたの腫れ・かゆみ&赤みに悩んだら

おすすめ記事

  1. トラブル肌の色素沈着を消す方法まとめ【最新版】
  2. 現時点で最短で最善のアトピー完治の具体的なステップ
  3. 乳児の頃から保湿をするとアトピー発症率30%減!おすすめの保湿剤は?
  4. アトピーでまぶたの腫れ・かゆみ&赤みに悩んだら
  5. 【保存版】アトピー肌におすすめ!日常的なスキンケアの方法とは?

専門家も認めたNo.1対策

ページ上部へ戻る