menu
閉じる
  1. トラブル肌の色素沈着を消す方法まとめ【最新版】
  2. アトピー改善に必要な栄養素とそのサプリメントまとめ【保存版】
  3. アトピーで陰部がかゆい場合の対処法
  4. 乳児の頃から保湿をするとアトピー発症率30%減!おすすめの保湿剤は?
  5. アトピーで脇がかゆい・臭い・黒ずみの対策として有効なのは?
  6. 顔のアトピーってどんなもの?原因と症状・治し方
  7. 現時点で最短で最善のアトピー完治の具体的なステップ
  8. アトピーと食事の関係-食べていいもの悪いもの
  9. アトピー肌の美容液選びの際に注意すること3点
  10. 【保存版】アトピー肌におすすめ!日常的なスキンケアの方法とは?
閉じる
閉じる
  1. トラブル肌の色素沈着を消す方法まとめ【最新版】
  2. 現時点で最短で最善のアトピー完治の具体的なステップ
  3. アトピーの黒ずみ・色素沈着を消す最新の改善策
  4. 乳児の頃から保湿をするとアトピー発症率30%減!おすすめの保湿剤は?
  5. アトピーでまぶたの腫れ・かゆみ&赤みに悩んだら
  6. 大人の肌にも!ベビーローションのドルチボーレミルキーがおすすめの理由
  7. アトピー肌を上手にカバー・改善のためのメイク方法とは?
  8. 乾燥がひどくなる時期、アトピー肌のスキンケアは何が効果的?
  9. アトピーとニキビが併発!効果的な予防や対処法とは?
  10. 【決定版】アトピー肌に目立つ毛穴の正しいケア方法を知ろう!
閉じる

ハダノコト

背中アトピーの原因とかゆみ対策ポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
背中のアトピー

背中は無理やり鏡で覗くしかない部位なので、湿疹や炎症が起きてても気づかずに掻いてしまい症状の悪化になりかねません。
また、背中アトピーだと乾燥肌が原因で服にこすれて苦痛ですし、仰向けで寝ることも耐えられません。
そこで、背中のアトピー性皮膚炎を改善する5つのポイントを簡単にまとめましたのでご紹介します。

背中アトピーの原因

アトピーは体のどの部分にもできるため、自分では気が付かないうちにアトピーを発症していることもあります。
例えば背中や頭皮というのは普段自分では目にすることがない部位であり、かゆいと思った時にはアトピーを発症してしまっていたというケースが多々あります。
目の届かない背中
中でも背中は手が届きにくいため掻きむしって悪化することは稀ですが、衣服や下着で擦れて皮膚がガサガサになってしまうこともあります。
また手が届きにくいこともあって保湿が十分にできず、乾燥してひび割れてしまうこともあります。

背中にアトピーが起きる原因としては、日常生活におけるいろいろな刺激が考えられます。
入浴する時以外は衣服に包まれているため、衣服と擦れることでそれが刺激となってかゆみを引き起こしたり肌がカサカサになったりします。
また蒸れやすいこともかゆみを増長させる要因になっています。
椅子の背もたれなどに長時間寄りかかっていることでも蒸れたりして刺激になり、かゆみを引き起こします。

背中アトピー5つの改善点

背中アトピーを改善した女性
背中は乾燥させすぎても蒸れてしまってもかゆみを引き起こす原因となるため、次の5つのポイントに注意するとよいでしょう。

背中アトピー改善点①服の素材

化学繊維は肌への刺激が強く通気性もあまりよくありません。
なるべく綿など天然素材のものを身につけることが大切です。
特に下着は綿100%のものが通気性がよく、安心して身につけることができます。

背中アトピー改善点②姿勢

長時間同じ姿勢でいると、自分では汗をかいていないつもりでも蒸れてしまいがちです。
こまめに姿勢を替え、背中が蒸れないようにすることが大切です。

背中アトピー改善点③背中チェック

初めは小さな傷でも放っておくことで悪化してしまうことも少なくありません。
初期症状を見逃さないよう、入浴時にはこまめに背中をチェックすることが大切です。

背中アトピー改善点④保湿

冬場は保湿をするものの、夏になると保湿はしないことが多いと思います。
しかし保湿は年間を通じてしっかり行うことが大切です。

背中アトピー改善点⑤清潔

洗いにくい場所ではあるものの、汚れが残っていると雑菌が繁殖しやすく皮膚のトラブルのもとになります。
入浴時にはきちんと洗って清潔にするとともに、シャンプーのすすぎ残しがないよう気をつける必要があります。

それでも背中にアトピーができてしまった場合は、とにかく背中に刺激を与えないことが大切です。
背もたれにもたれるのはもちろんですが、寝る時もなるべく横向きで寝るようにする、柔らかい寝具にするなどの工夫をしましょう。
アトピーの症状がひどくただれたりしているような場合には、面倒でもこまめに着替えて清潔に保つよう心掛けましょう。

保湿力を高めるカギ

保湿された背中

背中アトピーを改善させるためには肌のバリア機能を回復させることがカギとなります。
肌のバリア機能を回復させるうえで最も効果的なのは自分の体から分泌される皮脂だと言われています。
つまり保湿成分を肌にひたすら塗るのではなく、肌本来のもつ保湿力を高めてあげることがとても大切なのです。
肌の保湿力が高まればバリア機能も自然と回復し、刺激や乾燥にも耐えられる丈夫な肌に生まれ変わることができるのです。

こうした肌本来のもつ保湿力を高めるスキンケア製品として「みんなの肌潤糖」という製品があります。
みんなの肌潤糖は食物由来の成分でできているため、アトピー肌のような敏感肌にも安心して使用できます。
もちろん個人差はありますが、アトピー肌で悩んでいた人の中にはたったの8日使用しただけで、これまでの激しいかゆみが改善したという人もいるようです。
背中の辛いアトピーに悩んでいる人は一度試してみてはどうでしょうか。

関連記事

  1. アトピーの唇

    唇のアトピー対策は?乾燥・荒れ・シミ・色素沈着

  2. アトピーと食事

    アトピーと食事の関係-食べていいもの悪いもの

  3. 栄養とアトピー

    アトピーは栄養不足だとひどくなる?

  4. 腕のアトピー(赤み・ブツブツ・かゆみ)を撃退

  5. 耳の後ろ

    耳の後ろの腫れや痛みはアトピーのせい?

  6. アトピーとワキ

    アトピーで脇がかゆい・臭い・黒ずみの対策として有効なのは?

おすすめ記事

  1. トラブル肌の色素沈着を消す方法まとめ【最新版】
  2. 現時点で最短で最善のアトピー完治の具体的なステップ
  3. 乳児の頃から保湿をするとアトピー発症率30%減!おすすめの保湿剤は?
  4. アトピーでまぶたの腫れ・かゆみ&赤みに悩んだら
  5. 【保存版】アトピー肌におすすめ!日常的なスキンケアの方法とは?

専門家も認めたNo.1対策

ページ上部へ戻る