menu
閉じる
  1. アトピーと食事の関係-食べていいもの悪いもの
  2. 顔のアトピーってどんなもの?原因と症状・治し方
  3. アトピーの肌荒れ対策【完全版】ー顔や体の治し方・改善策
  4. アトピーで陰部がかゆい場合の対処法
  5. アトピーがかゆくてひどくて眠れない時の対処法
  6. 乳児の頃から保湿をするとアトピー発症率30%減!おすすめの保湿剤は?
  7. アトピーでまぶたの腫れ・かゆみ&赤みに悩んだら
  8. 【保存版】アトピー肌におすすめ!日常的なスキンケアの方法とは?
  9. 首アトピーのかゆみや色素沈着・しわの原因と対策
  10. 【厳選】アトピー肌で使える保湿ボディクリームランキングTOP3!
閉じる
閉じる
  1. トラブル肌の色素沈着を消す方法まとめ【最新版】
  2. 現時点で最短で最善のアトピー完治の具体的なステップ
  3. アトピーの黒ずみ・色素沈着を消す最新の改善策
  4. 乳児の頃から保湿をするとアトピー発症率30%減!おすすめの保湿剤は?
  5. アトピーでまぶたの腫れ・かゆみ&赤みに悩んだら
  6. 大人の肌にも!ベビーローションのドルチボーレミルキーがおすすめの理由
  7. アトピー肌を上手にカバー・改善のためのメイク方法とは?
  8. 乾燥がひどくなる時期、アトピー肌のスキンケアは何が効果的?
  9. アトピーとニキビが併発!効果的な予防や対処法とは?
  10. 【決定版】アトピー肌に目立つ毛穴の正しいケア方法を知ろう!
閉じる

ハダノコト

アトピー美容液・化粧水口コミランキング【最新版】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アトピー完治ランキング

アトピー肌の女性は肌が敏感であることから、化粧品を選ぶ事にも慎重になる方が多いかもしれません。ここではアトピーの方に効果のある美容液成分についてお話していきましょう。

アトピーに効果のある美容液成分

コラーゲンの効果

美容液によく使われている成分の一つに、コラーゲンがあります。
アトピー肌の方は皮膚のバリア機能が弱まっている方が多く、コラーゲンは肌に潤いやハリをもたらし、皮脂膜を作ってくれる効果があります。これによって皮膚のバリア機能の改善が期待できますので、アトピー肌の方にも効果があると言えるでしょう。

プラセンタの効果

次に美容液に良く使われる成分として挙げられるのが、プラセンタです。
最近よく目にするプラセンタですが、プラセンタは哺乳類が胎児を育てる際に子宮内で出来る組織のことで、医療の分野ではプラセンタに含まれる「細胞増殖因子」によって、老化や病気の治療に効果的という研究結果があり、治療にも役立つと注目されています。

老化=肌も老化しますので、肌をみずみずしく美しく保つために使用する事に、プラセンタも注目されているのです。プラセンタはヒトにも存在するわけですから、いわば天然の成分です。プラセンタはアレルギー症状を緩和したり、肌のターンオーバーを助けてくれる効果などがありますので、アトピー肌の方にも効果が期待できると言えます。

 

アトピーの方が避けたい美容液成分:ビタミンC誘導体

まぶたの痒みに悩む女性

美容液成分に良く含まれる成分として、もう一つ挙げられるのがビタミンC誘導体です。ビタミンと名の付くものなので、効果的なのではと思われるかもしれませんが、ビタミンCとビタミンC誘導体という成分は全くの別物です。
ビタミンCは安定性が低く、酸化しやすいため、肌に浸透していかない成分です。いかにビタミンを肌に浸透させるかで開発されたのビタミンC誘導体です。

つまり人の手によって開発されたものなので、天然のものではないですが、厚労省が認可した医薬部外品の有効成分です。ならば安全に使う事が出来そうですが、このビタミンC誘導体は浸透力が高いので、アトピー肌の方には刺激となる可能性があるのです。全てのアトピー肌の方に当てはまるわけではありませんが、できれば避けたい成分です。

 

アトピーに効果的な美容液の使い方・スキンケアの順番

アトピーの方は基本的に「肌が弱い」です。そして美容液というのは、化粧水や乳液よりも美容効果の高いものであり、その分配合されている成分も強いものが多いのです。美容液を使う際は化粧水、乳液の他に美容液を使うべきかを考える必要があります。
それでも美容効果を高めるために、美容液を使いたい!という方に効果的な使い方とスキンケアの順番についてお話していきましょう。

有効な成分を浸透させるためにスキンケアの順番は、洗顔→化粧水→美容液→乳液の順に行います。乳液は化粧水などの成分を浸透させるための「蓋」のような役割があります。蓋をしてしまうと、せっかくの美容液の成分も浸透しません。
そのため、乳液の前に美容液を使い、肌に成分を浸透させるように使います。

 

保湿成分で潤う肌一度に大量に塗るのではなく、2~3回に分けて塗るようにしましょう。
一度にたくさんの美容液を塗ることが、かえってアトピーの方には刺激なる事もあります。できれば2~3回に分けて、優しくなじませるようにしましょう。

 

使うものはなるべく同じメーカーのものを使用します。化粧水と美容液は別メーカーのものではなく、なるべく同じメーカーのものを使う方が肌トラブルが少ないでしょう。同じメーカーのものは化粧水、美容液などどのタイミングでどのように効果があるかをきちんと研究して作られています。なるべくそれに沿った使い方の方が安心して使う事が出来ますね。

 

美容液を使うタイミングは夜がおすすめです。寝ている間は成長ホルモンが多く分泌され、肌のターンオーバーが積極的に行われています。美容液の効果を高めるためにも夜の使用が良いでしょう。

 

アトピー対策美容液・化粧水ランキング

rank1_a
みんなの肌潤ろーしょん


point1
着色料、合成香料不使用の優しいローション
line2

82%の方が良さを実感しているみんなの肌潤ろーしょん。潤い成分であるセラミドを配合し、肌を守るバリア機能を高めます。
セラミドと言ってもいくつか種類があり、天然セラミド、人型セラミド、合成セラミドなどなどあります。
その中で肌に優しく保湿効果の一番高い、こんにゃくセラミドを使用しています。

point2
セラミド以外にもこんなに配合♪
line2

セラミド以外にもリピジュアというヒアルロン酸の2倍の保湿力を持ち、人間の細胞膜と似た構造で肌に優しい成分、シュガースクワランという、ガサガサゴワゴワ肌でも負担にならず素早く浸透する成分が入っています。


button_002

rank2_a

オージュンヌ
オージュンヌ

point1
医学博士が監修!アトピー肌の化粧水
line2

オージェンヌは医学博士監修のもと、完全無添加、パラベンなどの防腐剤、香料、乳化剤、界面活性剤を使用していません。
化粧水の主成分は水です。しかし水は放っておくと腐るので、防腐剤が入っている場合が多いのです。
オージェンヌでは水を腐らせず、かつ皮膚を清潔に保つために「銀イオン」を使用。肌をいわたることにこだわっています。

point2
アトピーの方も安心のうるおいパワー
line2

オージェンヌのうるおいパワーはほかのアトピー用の化粧水に比べて群を抜いています。
昔から肌の悩みによいといわれている「シソエキス」、肌に優しい「アロエエキス」を配合し、美肌作りの追求しています。
天然成分がもたらす力をオージェンヌは存分に使っています。

button_002

rank3_a
整菌スキンケア【ヒューマンフローラ】



point1
テレビでも紹介された人気のスキンケア商品!
line2

テレビ番組でも取り上げられた、敏感肌の方向けのスキンケアアイテムです。
赤ちゃんからご高齢の方までお使いいただけます♪

point2
うるおい肌を作る整菌スキンケア!
line2

善玉菌のバランスがいいと、お肌が自ら保湿成分を作り、しっとりとした肌を保ってくれます。
善玉菌が雑菌や外部からの刺激から肌を守ってくれる働きもあるため、肌バリアが壊れているアトピー肌にはおすすめのアイテムです。

button_002

アトピーの美容液は選び方が大切

美容液

アトピーに効果的な美容液の成分はコラーゲンやプラセンタです。しかしながら美容液は他の化粧品よりも比較的、成分が高濃度で刺激が強いものも多くあります。アトピー肌の方が使用する際にはなるべく、パッチテストを行ってから使用し、肌の状態を確認しながら使用するように心がけましょう。

 

関連記事

  1. アトピーとシャンプー

    頭皮アトピーにはシャンプー選びが重要!?気をつけたい頭皮ケアのポ…

  2. アトピー完治ランキング

    アトピーの人が選ぶ水素水効果ランキング【ベスト3】

  3. アトピーとサプリ

    アトピー改善に必要な栄養素とそのサプリメントまとめ【保存版】

  4. 化粧品とアトピー

    【アトピー肌対応】の化粧品の選び方とおすすめ商品

  5. 保湿成分で潤う肌

    【厳選】アトピー肌で使える保湿ボディクリームランキングTOP3!…

  6. 【厳選】アトピー肌におすすめの入浴剤!乾燥対策もばっちり!

おすすめ記事

  1. トラブル肌の色素沈着を消す方法まとめ【最新版】
  2. 現時点で最短で最善のアトピー完治の具体的なステップ
  3. 乳児の頃から保湿をするとアトピー発症率30%減!おすすめの保湿剤は?
  4. アトピーでまぶたの腫れ・かゆみ&赤みに悩んだら
  5. 【保存版】アトピー肌におすすめ!日常的なスキンケアの方法とは?

専門家も認めたNo.1対策

ページ上部へ戻る